プロフィール

どうも、金持ちマイラー貧乏マイラーの管理人です。

ラーメンとスイーツが好きな陸マイラーです。

私がマイルを貯め始めたきっかけや、これまでの体験談をお話しようと思います。

初めはプライベートで、途中からは仕事で私は結構な頻度でドバイに行っていました。

世界でも有数なお金持ちが住む国ランキングで9位になっているアラブ首長国連邦(※Business Insider調べ)にある、あのドバイです。

直行便のエミレーツ航空なら関空からは約10時間半、成田空港からは約12時間でドバイ国際空港に到着します。

深夜に出発して早朝に到着するので、行きは時差ボケしません。

ところが、帰りはドバイを深夜に出発して夕方に日本に到着するので、到着直前まで機内で寝てしまうと帰国してからが寝らず時差ボケに苦しみます。

最初はマイルを貯めてドバイに行くという発想がなかったので、エコノミークラスの航空券を購入して行きました。

おそらく、最初の4.5回は航空券を購入して行っていたように思います。

ところが、ある時アメックスで貯めていたポイントをJALマイルに交換できることに気付いたのです。

今は、アメックスのポイントを直接JALマイルに交換するということはできなくなってしまいましたが、当時はできていました。

JALにはエミレーツ航空とのコードシェア便があってドバイへ行くことができます。

それほど意識してアメックスのポイントを貯めていたわけではありませんが、よく見てみるとJALのマイルに交換してドバイにビジネスクラスで往復できるだけのポイントが貯まっているではありませんか。

当時は”特典航空券”という言葉も知りませんでした。

これが人生初のビジネスクラス搭乗になりました。

時期にもよりますが、だいたい55万円~で高い時は90万円を超える時もあります。

特典航空券を使えば、これがタダなんです。

もちろん、別途で税金や燃油サーチャージはかかりますが。

今まではエコノミークラスで行っていたので、運良く空いている便だと横の席が空席で広々と少し横になるぐらいのことはできていました。

しかし、毎回横の席が空いているというわけでもなく、ずっと座りっぱなしで約10時間を超えるフライトは結構きつかったです。

それが、ビジネスクラスになるとシートはフルフラットにできるし、かなり広め。

座席に設置されているモニターもエコノミークラスよりは大きくて見やすいんです。

シャンパンも飲めます。

ビジネスクラスなら空港からホテルまでの送迎もついています。

残念ながら、現在は特典航空券での利用の場合は、送迎がなくなってしまったようです。

エコノミークラスとの違いをすごく感じたのは、ドバイ空港のビジネスラウンジです。

日本の空港ラウンジとは広さも違えば、豪華さも桁違いです。

食事や飲み物が食べ放題・飲み放題は当たり前。

一番感動したのは、ラウンジ内にシャワーがあることでした。

朝にホテルをチェックアウトするとドバイ発が深夜なので風呂に入る機会がありません。

日本のように空港周辺にスーパー銭湯があるというわけでもありませんので、帰国するまで風呂はおあずけです。

ドバイはかなり暑いので日中はかなり汗をかくんですよね。

やっぱりシャワーぐらいは浴びたいのですが、エコノミークラスだとプライオリティ・パスで入れる一部のラウンジにシャワーが設置されていますが有料なのです。

航空券を購入してまで高いビジネスクラスに乗りたいとは思いませんが、タダならありです。

ビジネスクラスにタダで乗れるのであれば、頑張ってマイルを貯めようとも思いました。

その後、ビジネスクラスでは飽き足らずファーストクラスにまで手を出すことになろうとは、、、

人間の欲は恐ろしいものです。

もちろん、ファーストクラスも特典航空券なのでタダです。

ファーストクラスは正規の運賃なら100万円を超える値段です。

 

そんなこんなで、ドバイに関しては初めてビジネスクラスに乗って以来、ビジネスクラスorファーストクラスしか乗っていないという贅沢な旅をしています。

私がこれまでに特典航空券で利用した分を通常の運賃に換算すると・・・

2,000万円は軽く超えているでしょう。

一般人であってもマイルを効率良く貯めればこのような体験をすることができるのです。

「いやぁ、マイルって本当にいいもんですね」

あなたも、一緒にマイラーデビューしてみませんか?

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める