クレジットカード

【最新】ANA VISAワイドゴールドカードの入会はこのポイントサイトが一番お得

ANA VISAワイドゴールドカード

ANA VISAワイドゴールドカードは、どのポイントサイト経由が一番お得かお探しでしょうか?

今回は、

  • ANA VISAワイドゴールドカードの報酬が一番高いポイントサイト
  • ANA VISAワイドゴールドカードの一番お得な申込み方法
  • ANA VISAワイドゴールドカードの裏技
  • ANA VISAワイドゴールドカードのメリットとデメリット
  • ANA VISAワイドゴールドカードのサービス内容
  • ANAワイドゴールドカード(VISA/マスターカード)とANA JCBワイドゴールドカードの違い
  • ANA VISAワイドゴールドカードの審査に通るコツ
  • ANA VISAワイドゴールドカードを申込んでみた

について、詳しく解説します。

これから、ANA VISAワイドゴールドカードを申込もうと思っている人は、必見です。

 

ANA VISAワイドゴールドカードの報酬が高いポイントサイトBEST5

ANA VISAワイドゴールドカードの案件を掲載しているポイントサイトは30サイトぐらいあります。

全てのポイントサイトに登録して報酬額を比較するのは大変なので、私が報酬が高いポイントサイトを調べてみました。

その上位5つが下記です。

モッピー1,500円
ハピタス1,400円
ポイントインカム1,300円
ちょびリッチ1,200円
ゲットマネー700円

ポイント獲得条件は、「カード発行」です。

ポイントサイトでは、「ANA VISAワイドゴールドカード」という案件名はなく、「ANA VISA
Suica/nimoca」という案件名でポイント対象になる券種としてANA VISAワイドゴールドカードがあるという感じです。

>>> モッピーの無料登録はこちら

>>> ハピタスの無料登録はこちら

>>> ポイントインカムの無料登録はこちら

 

ANA VISAワイドゴールドカードの一番お得な申込み方法

ANA VISAワイドゴールドカードは、公式サイトから直接申込むのはNGです。

しかし、このような情報を知らない人は、公式サイトから申込んでしまっているのです。

 

実は、マイ友プログラムに登録した後、ポイントサイト経由でカードを申込めば、両方の特典を2重で獲得できるのです。

つまり、ANA VISAワイドゴールドカードで一番得する申込み方法は、マイ友プログラム+ポイントサイトなのです。

 

マイ友プログラムは、ANAカードの紹介制度で既存のANAマイレージクラブ会員から紹介を受けてANA VISAワイドゴールドカードに申込むと、2,000マイルもらえます。

以下、手順を説明します。

 

まずは、マイ友プログラムに登録します。

先にマイ友プログラムに登録してから申込みをしないと、後からの紹介マイル付与はできないからです。

マイ友プログラムの入会は無料ですが、必ず既存会員からの紹介が必要となります。

「周りにANAマイレージクラブ会員がいない」「今すぐマイ友プログラムに入会したい」という方は、私の紹介で入会するとお得な特典がもらえます。

※紹介者には誰が申込んだのかなどの個人情報はわかりませんのでご安心ください。

>>>マイ友プログラムの無料登録はこちらから

 

上記の「登録用ページ」で、下記の情報を入力して下さい。

紹介者氏名:ナカガワ シンスケ
紹介者番号:00015881

紹介者情報と併せて申込者情報を入力して進むと登録完了です。

 

そのままANA VISAワイドゴールドカードの申込もできますが、申し込まずに一旦ページを閉じて下さい

マイ友プログラムに登録が完了した時の画面が下の画像です。

ここですぐANA VISAワイドゴールドカードに申し込みをしてはいけません。

マイ友プログラムに登録が完了したら、そのままポイントサイトへ移動して、ポイントサイト経由でANA VISAワイドゴールドカードを申し込みましょう

ポイントサイトのクレジットカード案件は獲得できるポイントが高額です。利用しない手はありません。

ポイントサイトで獲得したポイントはマイルに移行することができます。

 

ANA VISAワイドゴールドカードの裏技

年会費を安くする

ANA VISAワイドゴールドカードの年会費は、14,000円+消費税 です。

ところが、下記の裏技を使うことで年会費を 9,500円+消費税に抑えることができます。

それは、WEB明細登録とマイ・ペイすリボの設定です。WEB明細は、紙の利用明細書の代わりに、支払い金額をメールで送ってくるサービスです。

「マイ・ペイすリボ」とは、ショッピング1回払い利用分が自動的にリボ払いになる支払い方法です。

WEB明細登録とマイ・ペイすリボを利用することで

WEB明細登録(翌年度以降割引) → 1,000円割引
マイ・ペイすリボ(年1回以上利用) → 3,500円割引

合計 4,500円割引 になります。

14,000円-4,500円=9,500円+消費税

これで、ANAゴールドカードの中では最も年会費が安くなります

他のANAゴールドカードは年会費が10,000円を超えるものばかりなので、9,500円+消費税は破格と言えます。

 

ポイント還元率を上げる

ANA VISAワイドゴールドカードは1,000円ごとに1ポイントのワールドプレゼントが貯まり、普通にマイルへ移行すると1ポイント=10マイルになるのでマイル還元率は1%です。

そのままでも高い還元率ですが、さらに還元率を上げる方法があります

 

ポイント還元率を最大化させるには、

マイ・ペイすリボの登録

年間300万円以上決済する

この2つの条件をクリアする必要があります。

 

マイ・ペイすリボの登録

年会費割引になる条件としても上で紹介しましたが、マイ・ペイすリボに登録して決済するとポイントが2倍になります。

ただ少しややこしいのですが、マイ・ペイすリボ利用で付与されるポイントは「ボーナスポイント」だということ。
ボーナスポイントのマイルへの交換レートは1ポイント=3マイルなので、還元率は0.3%です。

よってマイ・ペイすリボ利用による還元率は1.3%となります。

 

年間300万円以上決済する

ANA VISAワイドゴールドカードは年間利用額に応じて「V1」「V2」「V3」というようにステージが決定し、ステージに応じたボーナスポイントが付与されます。

ステージ前年度利用金額ボーナスポイント還元率
V3300万円以上50万到達時150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント
1.65%
V2100万円以上300万円未満50万到達時75ポイント
以降10万円ごとに15ポイント
1.53%
V150万円以上100万円未満50万到達時50ポイント
以降10万円ごとに10ポイント
1.49%

上記の還元率はボーナスポイントをマイ・ペイすリボ利用とソラチカルートで還元率アップさせた場合の還元率です。

還元率が四捨五入されていますが、

それぞれ 1.648% 1.5265% 1.486% です。

以上の3つの条件を満たすことで最大1.648%までマイル還元率を上げることができるのです。

年間300万円以上の利用はなかなか厳しいかと思いますが、利用金額がそこまで多くなくてもコストパフォーマンスが良いANAカードとしては断トツです。

 

ANA VISAワイドゴールドカードのメリット・デメリット

メリット

ANA VISAワイドゴールドカードのメリットは、やはり高いポイント還元率とゴールドカードの中では年会費が安いことでしょう。

ANA VISAワイドゴールドカードよりもポイント還元率が良いカードもありますが、年会費が高くコストパフォーマンスという点で見るとやはり見劣りしてしまいます。

飛行機に乗ってマイルを貯めるのであれば、ANAアメックスゴールドの方がいいですが、飛ばずに貯める陸マイラーなら、日常生活の支払いでザクザクとポイントが貯まるANA VISAワイドゴールドカードが使いやすいはずです。

 

そして、マイル移行手数料が無料というのもいいですね。

マイル移行手数料無料

ANA VISAワイドカードと比較してもかなり割安感があります。

 

デメリットというか、ANA VISAワイドゴールドカードの最大ポイント還元率1.648%というのが色々な陸マイラーのサイトであまりにも強調されすぎている感があるので、それで期待して申込んでもガッカリする人がいるんじゃないかと思います。

還元率1.648%を満たす条件は、一般の人にはなかなか難しいので、その辺りのこともきちんと説明しているサイトは問題ありませんが、そこの部分の説明が全くないサイトもチラホラ見かけます。

年会費の割引に関しても、マイ・ペイすリボの設定や金額の調整が意外と面倒という声もあったり、リボ払いと聞いただけでやる気をなくす人もいますので。

ANA VISAワイドゴールドカードでただひたすら決済すれば良いというものでもなく、カードの価値を最大化するためにはやるべきことや知るべきことが他のカードよりも多い、というのをデメリットと感じる人もいるのではないでしょうか。

 

ANA VISAワイドゴールドカードのサービス内容

空港ラウンジサービス

ANA VISA ワイドゴールドカードは三井住友VISAが発行するクレジットカードですので、使える空港ラウンジは三井住友プラチナカード会員およびゴールドカード、プライムゴールドカード会員と同じです。

空港ラウンジ受付で、ANA VISAワイドゴールドカードと搭乗券を提示すれば利用することができます

同伴者は有料です。

 

空港ランジ一覧

北海道
新千歳空港 「スーパーラウンジ/ロイヤルラウンジ」
函館空港 「ビジネスラウンジ A Spring」

東北
青森空港 「エアポートラウンジ」
秋田空港 「ロイヤルスカイ」
仙台国際空港 「ビジネスラウンジEAST SIDE」

中部
新潟空港 「エアリウムラウンジ」
富山空港 「ラウンジ らいちょう」
小松空港 「スカイラウンジ白山」
中部国際空港 「プレミアムラウンジセントレア」
富士山静岡空港 「YOUR LOUNGE」

関東
成田国際空港第1ターミナル 「ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ)」
成田国際空港第2ターミナル 「T.E.Iラウンジ」
羽田空港第1ターミナル 「POWER LOUNGE CENTRAL」「POWER LOUNGE SOUTH」「POWER LOUNGE NORTH」
羽田空港第2旅客ターミナル 「エアポートラウンジ(南)」「POWER LOUNGE CENTRAL」「POWER LOUNGE NORTH」
羽田空港国際線旅客ターミナル 「SKY LOUNGE」「SKY LOUNGE ANNEX」

近畿
伊丹空港 「ラウンジオーサカ」
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「六甲」「金剛」「アネックス六甲」「比叡(出発手続き前)」
神戸空港 「ラウンジ神戸」

中国
岡山空港 「ラウンジマスカット」
広島空港 「ビジネスラウンジ もみじ」
米子空港 「ラウンジ DAISEN」
山口宇部空港 「ラウンジきらら」

四国
徳島空港 「エアポートラウンジ ヴォルティス」
高松空港 「ラウンジ讃岐」
松山空港 「ビジネスラウンジ」「スカイラウンジ」

九州
福岡空港 「くつろぎのラウンジTIME」「ラウンジTIME インターナショナル」
北九州空港 「ラウンジひまわり」
長崎空港 「ビジネスラウンジ アザレア」
大分空港 「ラウンジ くにさき」
熊本空港 「ラウンジ ASO」
鹿児島空港 「スカイラウンジ菜の花」

沖縄
那覇空港 「ラウンジ 華 ~hana~」

海外
ダニエル・K・イノウエ国際空港 「IASS HAWAII LOUNGE」

 

対応電子マネー

ANA VISAワイドゴールドカードが対応している電子マネーは、iD、楽天Edy、PiTaPaの3つです。

iDiDを利用するとワールドプレゼントポイントが貯まり、貯まったポイントはマイルに移行できます。
EdyEdyへチャージすると200円につき1マイルが自動的に貯まります。
PiTaPaPiTaPaを使って支払いをすると「ショップdeポイント」が貯まります。

500ショップdeポイント⇒20マイル

ただし、鉄道・バスでの支払いでは「ショップdeポイント」は貯まりません。
交通系なのに、鉄道やバスではポイントが貯まらないとは、、、

 

Apple Pay対応

ANA VISAワイドゴールドカードはApple Payにも対応しています。

Apple Pay

Apple Payに対応したデバイスは、

・iPhone7以降のiPhone

・Apple Watch Series2以降のAppleWatch

です。

設定のためには、Vpassアプリのインストールも必要です。

 

付帯保険

ANA VISAワイドゴールドカードに付帯する保険の補償内容は以下です。

海外旅行傷害保険(自動付帯)傷害 死亡・後遺障害 最高5,000万円
治療費用 150万円
疾病 治療費用 150万円
賠償責任 3,000万円
賠償責任 50万円
携行品損害 100万円
国内旅行傷害保険(自動付帯)死亡・後遺障害保険金額 最高5,000万円
入院保険金日額(フランチャイズ7日) 5,000円
通院保険金日額(フランチャイズ7日) 2,000円
手術保険金 最高20万円
国内航空便遅延保険(自動付帯)乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 1万円
手荷物遅延費用 1万円
手荷物紛失費用 2万円
国内航空傷害保険(自動付帯)死亡の場合 5,000万円
後遺障害の場合 200万円~5,000万円
※入院日額 10,000円
※通院日額 20,00円
※手術費用 入院中の手術:10万円
入院中以外の手術:5万円

 

その他の特典まとめ

海外Wi-Fiレンタル

海外モバイルWi-Fiルーターレンタルをお得な優待価格(海外でのモバイル通信料が25%OFF)で利用できます。

 

空港宅配

国際線フライトを利用の際、空港から自宅まで(復路のみ)、通常1個約2,500円の手荷物宅配を、1個目500円、2個目以降は通常料金より15%OFFで利用できます。

 

国際線クローク(一時預かり)

国際線を利用の際、空港で一時的に預けたい手荷物がある場合、優待価格(通常料金より15%OFF)で利用できます。

 

Kaligo

VisaゴールドKaligo専用ページからホテルを予約すると、Kaligo.comの通常サービスにて付与されるマイルやポイントが25%多く付与されます。

 

プレミアムカーレンタル

プレミアム輸入車のレンタルサービスの一般料金から15%OFFで利用できます。

 

ビジネスクラスカウンターでのチェックイン

ANA国際線搭乗時にエコノミークラス利用時でも、ビジネスクラスカウンターでANA VISAワイドゴールドカードを提示すれば、チェックインができます。

 

ANAワイドゴールドカード(VISA/マスターカード)とANA JCBワイドゴールドカードの違い

VISA MaterCard JCB

ANA VISAワイドゴールドカードは、カードブランドでマスターカードを選ぶこともできます。国際ブランドの違いだけで、カードのスペックなどは同じです。

ANA JCBワイドゴールドカードは、ANAワイドゴールドカード(VISA/マスターカード)とカードスペックや特典が違いますので、選ぶ際の参考に内容を比較してみます。

 

ANAワイドゴールドカード(VISA/マスターカード)とANA JCBワイドゴールドカードの比較表

ANA VISAワイドゴールドカードANAワイドゴールドカード
(VISA/マスターカード)
ANA JCBワイドゴールドカードANA JCBワイドゴールドカード
年会費14,000円(税別)
条件を満たせば最大4,500円割引
14,000円(税別)
ポイント還元率0.5%~(マイル還元率は1%~)0.5%~(マイル還元率は1%~)
発行期間最短3営業日約4週間
ポイント有効期限3年3年
キャンペーン内容入会ボーナス2,000マイルプレゼント新規入会で最大109,600マイル相当プレゼント

 

審査基準

審査

ANA VISAワイドゴールドカードは、名前の通りランク的にはゴールドカードに分類されるクレジットカードです。

審査基準も一般ランクのカードよりも高いということは容易に想像できます。

公式サイトでは、入会資格に関して”原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方”という記載があります。

ANA VISAワイドゴールドカードに関して明確な審査基準は公開されていませんが、クレジットカードの審査は一般的に申込者の

・属性(年齢、職業、年収など)
・クレジットヒストリー(過去の利用履歴)
・資産(担保になる不動産や財産など)

を総合的に判断して可否が決まると言われています。

 

もちろん、虚偽の申告はNGです。

各ステイタスを急に変えることはできませんが、審査に通過する確率を上げるためのテクニックは存在します。

ANA VISAワイドゴールドカードの申込みの際に、下記の項目に注意することで審査通過率が格段に上がります

固定電話があれば必ず入力

固定電話

キャッシングは設定しない

キャッシング

マイ・ペイすリボ(リボ払い)は設定しない

マイ・ペイすリボ

マイ・ペイすリボの設定は年会費を抑えるための重要な項目ですが、それはカードが発行された後に設定すれば大丈夫です。まだカードが発行されるかどうかわからない審査の段階でわざわざ難易度を上げる必要はありません。

取引を行う目的は「生計費決済」

クレジットカードはカードローンと違ってお金を借りることが目的ではないので、生計費決済を選択しましょう。

 

20代前半などで、ANA VISAワイドゴールドカードを持っている人もいますが、基本的にANA一般カードでそれまでクレジットヒストリーを積んでから申込んでいるパターンが多いようです。

どうしても審査に通過したいという場合は、まずANA一般カードで実績を作るほうが結果的に近道になる場合もあるのではないでしょうか?

今すぐANA VISAワイドゴールドカードを申込みたいという場合は、下記からどうぞ。

>>> マイ友プログラムの無料登録はこちらから

 

ANA VISAワイドゴールドカードを申込んでみた

申込みをした時点で、

「ANAカード」オンライン入会お手続き完了のお知らせ

とうメールが届きます。

メール

入会審査状況が確認できるURLが記載されています。

ここで、審査結果を自分で確認する必要があり、審査に通過しても落ちてもお知らせのメールは送られてきません。

日曜日に申込みをして火曜日には審査結果がサイトに表示されていました。

審査状況照会

 

今ならANAカード事前体験サービス付き

ANAカードの申込みをしたら、可否に関わらずANAカードサービスの1つである空港内店舗での割引サービスを、申し込みから1か月の間、体験できます。

メールに記載されているURLから「事前体験サービスカード」をダウンロードして、店舗で提示すると利用できます。

事前体験サービスカード

 

申込みから20日後にようやくカードが手元に届きました。

今回は申込時にオンラインでのカード利用代金の引き落とし口座の設定ができずに、書類が郵送で送られてきて、それに必要事項を記入して返送したというのがカード到着までに時間がかかった原因です。

ANA VISAワイドゴールドカードの発行期間が、「最短3日発行」などと表記しているサイトもありますが、あれは間違った情報だと思います。

急いで作るタイプのクレジットカードではありませんが、2~3週間程度はかかると考えていたほうが良さそうです。

 

ショッピングの利用枠は、100万円でした。

ANA VISAワイドゴールドカードの限度額は、200万円のようなので利用実績を積んで利用金額の上限を早く上げたいです。

キャッシングは0万円を希望しましたが、別のカードを保有しているのでそちらのカードでのキャッシング枠が40万円です。

キャッシング枠

 

これでANAマイルがザクザク貯まりそうな気がします。

ANA VISAワイドゴールドカード

 

まとめ

ANA VISAワイドゴールドカードは、マイ友プログラムに登録ポイントサイト経由での申し込み が一番お得です。

かつては、ANAマイラーには一番人気があったANA VISAワイドゴールドカードですが、すでに改悪が決定しているので今から申込むのはそれほどおすすめではありません。

詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

>>> 【悲報】ANA VISAワイドゴールド改悪で解約する陸マイラーが続出している

 

ANAマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードは、JQカードエポスゴールドまたはspgアメックスです。

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-クレジットカード

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める