クレジットカード

【比較】ユナイテッド航空のマイルが超貯まるクレジットカード

ユナイテッド航空のマイル

ユナイテッド航空のマイルは、どのクレジットカードが一番貯まるかお探しでしょうか?

ユナイテッド航空が発行するMileagePlusカードの中からおすすめのクレジットカードをご紹介します。

マイレージプラスを特典航空券に交換したい人や効率良くマイルを貯めたい人は必見です。

ユナイテッド航空のマイルのメリットとデメリット

マイレージプラス

ユナイテッド航空のマイレージプログラムであるマイレージプラス。

ユナイテッド航空のマイルを貯めるには、メリットとデメリットがあります。

メリットとデメリットを知ることで、上手に使い分けすることができるようになります。

 

マイレージプラスのメリット

  • マイルに有効期限がない
  • ANAの特典航空券を発券できる
  • 恋人や友達にも特典航空券を発券できる

 

マイルに有効期限がない

ユナイテッド航空のマイルには有効期限がありません

急いで使う必要も、うっかりしてマイルが失効する心配もありませんので安心です。

 

ANAの特典航空券を発券できる

ANAとの提携でユナイテッド航空のマイルでANAの特典航空券が発券できます。

特にANA国内線は、ANAマイルよりも少ないマイル数で特典航空券に交換することができる場合が多いです。

シーズンによる必要マイル数の変動もありません。

ANAの国内線の利用が多い人は、ANAで貯めるよりもユナイテッド航空でマイルを貯める方がお得です。

ユナイテッド航空ANA
羽田~札幌5,000マイルL 6,000マイル
R 7,500マイル
H 9,000マイル
羽田~福岡5,000マイルL 6,000マイル
R 7,500マイル
H 9,000マイル
羽田~那覇8,000マイルL 7,000マイル
R 9,000マイル
H 10,500マイル
羽田~石垣8,000マイルL 8,500マイル
R 10,000マイル
H 11,500マイル

※L=ローシーズン、R=レギュラーシーズン、H=ハイシーズン

 

恋人や友達にも特典航空券を発券できる

ユナイテッド航空のマイレージプラスは、家族だけではなく恋人や友達にも航空券をプレゼントすることができます。

ANAやJALのような日本の航空会社の場合、特典航空券は会員本人と会員の配偶者・同性パートナーおようび二親等以内の家族に限られます。

2親等以内

さらに特典航空券の予約に手数料や燃油サーチャージがかかりません

 

マイレージプラスのデメリット

  • ANA国際線は必要なマイル数が多い
  • 出発30日以内の特典航空券は割高

 

ANA国際線は必要なマイル数が多い

ANA国内線に関してはANAよりユナイテッド航空の方が特典航空券の交換に必要なマイル数が少なかったのですが、ANA国際線に関してはユナイテッド航空よりANAの方が必要なマイル数が少ないのです。

ANA国際線を利用したい場合は、最初からANAでマイルを貯めた方がお得です。

ユナイテッド航空ANA
日本~ハワイ(Y)55,000~130,00035,000~43,000
日本~ハワイ(C)90,000~220,00060,000~68,000
日本~ハワイ(F)170,000120,000~129,000
日本~北米 (Y)70,000~160,00040,000~55,000
日本~北米 (C)140,000~75,000~90,000
日本~北米 (F)220,000150,000~165,000

 

出発30日以内の特典航空券は割高

出発から30日以内に予約する提携航空会社の特典航空券は、通常の必要マイル数に加えて片道につき3,500マイルが必要です。

30日以内の予約であれば、他社の航空会社で特典航空券を予約した方がお得な場合が多いです。

 

MileagePlusカードを比較

MileagePlusカードの種類

ユナイテッド航空が発行するMileagePlusカードには、下記の券種があります。

・MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカード

・MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカード

・MileagePlusセゾンプラチナカード

MileagePlusセゾンプラチナカード

・MileagePlus JCBゴールドカード

MileagePlus JCBゴールドカード

・MileagePlus JCB一般カード

MileagePlus JCB一般カード

・MileagePlus JCBクラシックカード

MileagePlus JCBクラシックカード

・MileagePlus MUFGカード

MileagePlus MUFGカード

・MileagePlus MUFGカード・ゴールドプレステージ・アメリカン・エキスプレス・カード

MileagePlus MUFGカード・ゴールドプレステージ・アメリカン・エキスプレス・カード

・MileagePlus MUFGカードゴールドプレステージ(Visa)

MileagePlus MUFGカードゴールドプレステージ(Visa)

・MileagePlus UCカード

MileagePlus UCカード

・MileagePlus UCゴールドカード

MileagePlus UCゴールドカード

・MileagePlus ダイナースクラブファースト

MileagePlus ダイナースクラブファースト

・MileagePlus ダイナースクラブカード

MileagePlus ダイナースクラブカード

 

これらの13券種の中でもおすすめは、MileagePlusセゾンカードです。

MileagePlusセゾンカードがおすすめ理由は、他のMileageカードと比べると年会費の割にポイント還元率が高く、コストパフォーマンスに優れているからです。

MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンプラチナカード

MileagePlusセゾンプラチナカード

年会費1,500円(税別)20,000円(税別)50,000円(税別)
国際ブランドAMEX VISA MasterCardAMEX VISA MasterCardVISA
マイル還元率0.5~1.5%1.5%1.5%
海外旅行傷害保険最高3,000万円最高5,000万円
(家族特約あり)
最高1億円
(家族特約あり)

 

1.5%の還元率について

MileagePlusセゾンカードは、「マイルアップメンバーズ」(年会費5,000円/税別)に別途登録の場合、最大1.5%(1,000円につき15マイル)です。

30,000マイルを超えた場合、超えた分の利用はマイル還元率0.5%(1,000円につき5マイル)。

 

MileagePlusセゾンゴールドカードは、年間500万円まではマイル還元率1.5%500万円を超えた分の利用は0.5%(1,000円につき5マイル)。

 

MileagePlusセゾンプラチナカードは、上限なしでいつでもマイル還元率1.5%

 

どのMileagePlusセゾンカードが一番良いかは、年間の利用金額で決めると良いでしょう。

200万円まで ⇒ MileagePlusセゾンカード

201万円~500万円まで ⇒ MileagePlusセゾンゴールドカード

501万円以上 ⇒ MileagePlusセゾンプラチナカード

 

MileagePlusセゾンプラチナカードは、アメックスやダイナースのように税金の支払いはポイント還元率が下がるということがないので、高額な税金の支払いにおすすめの1枚です。

>>> MileagePlusセゾンカードの公式サイトへ

>>> MileagePlusセゾンゴールドカードの公式サイトへ

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-クレジットカード

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める