マイルを超貯める

10,000マイルでどこまで行ける?JALやANAマイルを貯めるにはこの方法

10,000マイルでどこまで行ける

特典航空券に交換するのに必要なマイルが、およそ10,000マイルです。

ポイント還元率1%のクレジットカードだと、100万円の決済で貯まります。

クレジットカードの決済ですぐに10,000マイルを貯めるのは大変ですが、クレジットカードの入会キャンペーンやポイントサイトを活用するとすぐに貯まります

初心者
【マル秘】初心者でも短期間で爆発的にマイルを貯める裏技とは?

マイルを貯め始めたばかりの初心者でもマイルを貯めてタダで旅行に行くことはできます。 ただし、自分が行きたい場所に行くためには、 いくらのマイルが必要なのか どの航空会社のマイルを いつまでに どのよう ...

続きを見る

貯まった10,000マイルでどこまで行けるのか、10,000マイルはどれぐらいの価値があるのか、どのような使い方をすればお得なのか、などについて解説いたします。

マイルを貯めている人には、最初から使い道を決めてマイルを貯める人と、貯めてから使い道を考える人がいます。

効率よくマイルを貯めるのであれば、やはり

10,000マイルはいくらの価値があるのか
10,000マイルあればどこまで行けるのか
10,000マイルは何に交換すればお得なのか

ということを理解した上で貯めるのがおすすめです。

同じ10,000マイルでも、何と交換するのか、どのように使うのかで価値が大きく違ってきます。

JALの10,000マイルで行ける国やできること

特典航空券に交換する

下記の区間で往復の特典航空券と交換できます。

※ディスカウントマイルの場合

区間

ディスカウントマイルではなく、通常の場合は往復で12,000マイル必要となります。

片道であれば、東京→沖縄 まで行けます。

東京→小松 までJALの航空券を購入した場合

東京→小松の料金

表示は片道の金額なので、往復の場合は2倍の金額になります。

ジェットスター・ジャパンも使える

JALのホームページからジェットスター・ジャパンの特典航空券の予約ができます。

10,000マイルで往復できるのは、下記の区間です。

ジェットスター・ジャパン

ジェットスター・ジャパンの特典航空券は、燃油特別付加運賃などが別途かかります。

ツアー代金の一部に充当できる

JMB旅プラス会員なら1,000マイル=1,000円相当でツアー代金の一部に利用できます。

eJALポイントに5,000マイルから交換できます。10,000マイルなら最大15,000eJALポイントになり、ツアー代金の一部に利用できます。

ANAの10,000マイルで行ける国やできること

特典航空券に交換する

ローシーズンでは、下記の区間で往復の特典航空券と交換できます。

区間

ローシーズン期間

ローシーズン期間

10,000マイルでは海外には行けません。国内はそれなりに行ける場所があります。

ローシーズン期間が短いので国内往復するには、タイミング次第になりますね。

片道であれば、東京→沖縄 まで行けます。

バニラエアも使える

LCCのVanilla Air(バニラエア)はANAグループなので、ANAマイルでバニラエアの特典航空券と交換できます。

バニラエア便では燃油サーチャージの設定やシーズンの設定はありません。

シーズンによって必要マイル数が変動することがありませんので、わかりやすいですね。

国内線 必要マイル数

片道であればどこでも、往復は 成田⇔石垣 以外は行けます。

人気がある札幌や那覇にも10,000マイルあれば往復できるのは魅力的です。

航空券や旅行商品の支払いに使える

1マイル=1コインでANA SKY コインに交換できます。

10,000マイル以上交換する場合、交換マイル数と、ANAカードの種類やANAマイレージクラブ会員ステイタスに応じて、交換率が1.2倍~1.7倍まで変動します。

ANA SKY コインは、10コイン単位(10円分)で利用でき、燃油サーチャージの支払いにも使えます。

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-マイルを超貯める

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める