マイルを超貯める ポイントサイト

楽天ふるさと納税@ポイントサイトで最高の還元率はここだった

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税をお得に利用するなら欠かせないのがポイントサイトですね。

数あるポイントサイトの中でもどのポイントサイトを経由すれば一番お得になるのかを調べてみました。

ポイ活をしている人、マイラーは必見の情報をご紹介します。

金持ちマイラー
楽天ふるさと納税攻略のカギは、いかに楽天スーパーポイントの倍率を上げるか

ふるさと納税でポイント3重取り

ふるさと納税をやるだけでもお得なのですが、さらにお得なのはポイントサイトを経由して「楽天ふるさと納税」を利用することです。

クレジットカードで決済することで、

クレジットカードのポイント

ポイントサイトのポイント

楽天スーパーポイント

3重取りが可能になります。

もちろん、楽天市場で利用するカードは楽天カードがおすすめです。

楽天カード

楽天カードをまだお持ちでない場合は、ポイントサイト経由で申し込めば一番お得です。

どのポイントサイト経由が一番お得かは下記の記事で詳しく解説しています。

楽天カード
【2020年】楽天カードは、このポイントサイト経由の入会キャンペーンがお得

楽天カードの新規入会キャンペーンは、どのポイントサイト経由で申込めば一番お得かお探しでしょうか? 楽天カードを申込むなら、公式サイトから直接申し込むよりもポイントサイト経由で申込んだ方がお得です。 楽 ...

続きを見る

楽天市場でふるさと納税

実際に、楽天市場でふるさと納税をするのはとても簡単です。

普通にネットショッピングをするのとほぼ変わらないので、初めての方でも心配無用です。

まずは「ふるさと納税」で検索

「ふるさと納税」で検索

検索結果に出てきた商品を購入することで、ふるさと納税ができます。

商品を選択し、注意事項を確認します。

問題なければ、申込みをしましょう。

楽天スーパーセールを狙え

楽天スーパーセール

楽天市場のふるさと納税は、楽天スーパーセールも対象になります。

納税すればポイントをもらえます。

楽天カードで支払えば、最低3%のポイントがもらえることは確定です。

楽天市場では様々なポイントアップの制度がありますので、それをうまく利用することで10倍以上のポイントは簡単に狙えます。

ポイント10倍なら、納税額の10%が楽天ポイントとしてバックされるということです。

 

色々なふるさと納税のポータルサイトがありますが、ポイント還元率で言うと楽天ふるさと納税が最強です。

納税 = 返礼品 + ポイント獲得

ふるさと納税の仕組みは、使い方次第で年間数万円以上の節約になります。

 

一番の狙い目は、12月初旬の楽天スーパーセールです。

12月が良い理由は、

1.源泉徴収票が発行される

2.発行が間に合わなくても今年の年収が予測できる

からです。

楽天ふるさと納税でおすすめのポイントサイト

楽天ふるさと納税を利用するなら、ポイントサイト経由がお得であることはすでに述べました。

楽天ふるさと納税でポイントが貯まるのは、楽天市場の広告です。

では、次に調べるのは一体どのポイントサイトが楽天市場の広告の報酬が一番高いのか、ということです。

 

しかし、楽天市場の広告は報酬が1%のポイントサイトが多くあまり差がありません。

ちょびリッチライフメディアハピタスポイントタウンモッピーすぐたま、などは1%ですのでどこを利用しても同じです。

 

おすすめなのは、会員ランクによってボーナスポイントが付与されポイントタウンハピタスです。

ポイントタウンとハピタス

ポイントタウンはプラチナ会員になれば+15%ハピタスはゴールド会員になれば+2%のランクボーナス還元率が適用されるので、他のポイントサイトよりもお得になります。

普段よく利用しているポイントサイトで、会員ランクが高いポイントサイトを経由して楽天ふるさと納税を利用しましょう。

ポイントサイトを経由する場合としない場合では、最大1.15%ももらえるポイントが変わってくるので、ポイントサイトは利用しないと損です。

ふるさと納税の注意点

1.自己負担金2,000円

寄付した金額の全額が翌年の住民税まるまる安くなるのではなくて、2,000円は自己負担する必要があります。

例えば3万円寄附した場合、控除対象となるのは2,000円を引いた2万8,000円となるのです。

控除上限金額を超えて納税した場合は、2,000円+超えた分の金額が自己負担金となります。

2.控除限度額あり

寄付すればいくらでも住民税が安くなるというものではなく、その年の所得を見込んで計算する必要があります

給与所得

給与所得者の方であれば、その年の昇給や賞与をある程度見込んで計算することができますので、翌年に支払う住民税がどれぐらいになるかは、ある程度推測がつきます。

しかし、個人事業主の方は、事業を1年通してやってみないと年間売上・利益・所得がどれぐらいになるかは、なかなかわかりません。

そういうことがあるので、年末にする方がほとんどです。

12月ぐらいになれば、売上・経費・利益などがわかってくるので、最終的な住民税をそのタイミングで予測し、ふるさと納税の限度額もわかる、という流れです。

 

多くのポータルサイトにある「ふるさと納税シミュレーション」は、主に給与所得者の方を対象にしているものがほとんどです。

自営業者の方は、これではわかりづらいのです。

寄付の限度額は所得税の税率によって変わります

目安として、限度額は住民税の最低23%から最大45%です。

詳しくは、できるかぎり専門である税理士さんなどに相談することをおすすめします。

今年の所得水準や見込みからすれば、住民税がどれぐらいで、ふるさと納税の限度額はどれぐらいか聞いてみましょう。

ふるさと納税の限度額はいくら?

所得税の超過累進税率速算表

課税所得金額など税率控除額
195万円以下5%
195万円超~330万円以下10%97,500円
330万円超~695万円以下20%427,500円
695万円超~900万円以下23%636,000円
900万円超~1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円超~4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

所得が上がるにつれて、税率がどんどん高くなるのが累進課税です。

ふるさと納税限度額

税率限度額
5%住民税額x23.558%+2,000円
10%住民税額x25.065%+2,000円
20%住民税額x28.743%+2,000円
23%住民税額x30.067%+2,000円
33%住民税額x35.519%+2,000円
40%住民税額x40.683%+2,000円
45%住民税額x45.397%+2,000円

ふるさと納税は、納税金額が大きい人ほど得をする割合も大きくなります

逆に言うと、年収が低く納税金額もあまりない人にとってはそれほどメリットがないということになります。

年収いくらぐらいからメリットがあるかというと、同じ年収でも人によって納税金額異なるのではっきりした数字は言えないのですが、年収150万円程度と考えるといいでしょう。

 

年収150万円の場合のシミュレーション結果

シミュレーション結果

年収150万円というのは、少し得するぐらい程度と考えるのがよく、手間などを考えると実際には年収200万円以上あった方がお得感をより実感できると思います。

3.住民税の前払いは最長1年半

仮に年の初めにふるさと納税をすると、それが解消されるのは翌年の6月以降です。

4.売切れ・欠品に注意

人気の市町村の商品は結構売切れが起こります。

売切れではなくても、納品がとても遅くなる場合もあります。

お気に入りの商品が見つかれば、できるだけ早く申込みをすることをおすすめします。

厳密には、もらった特産品は一時所得として課税されます。

ふるさと納税で覚えておきたい年間スケジュール

寄附の申し込み期間その年の1月1日~12月31日
限度額が決まる年収の対象期間その年の1月1日~12月31日
ワンストップ特例制度の期限寄附した翌年の1月10日必着
確定申告の期間寄附した翌年の2月~3月頃
住民税が控除される期間寄附した翌年の6月以降

年間スケジュール

まとめ

・楽天ふるさと納税は、ポイントサイト経由が必須

おすすめのポイントサイトは、ポイントタウンまたはハピタスです

楽天カードも必須

楽天市場自体でのポイント還元もあるので、なるべくSPU(スーパーポイントアッププログラム)の倍率も上げておきましょう。

・ポイント倍率がアップするイベントやセール時が一番お得

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-マイルを超貯める, ポイントサイト

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める