クレジットカード マイルを超貯める ポイントサイト

【最新】Yahoo!JAPANカードはこのポインサイト経由が一番お得

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードの申込みをどのポイントサイト経由でしようか考え中でしょうか?

Yahoo!JAPANカードは、Tポイントを貯める人、Yahoo!ショッピングを利用する人、PayPayを利用する人にとっては必須の1枚と言えます。

Yahoo!JAPANカードの報酬が一番高いポイントサイトや審査通過率が上がるコツについて公開しています。

実際にポイントサイト経由でYahoo! JAPANカードの申し込みをした私の体験談も参考にしてください。

Yahoo!JAPANカードの報酬が高いポイントサイトBEST5

Yahoo!JAPANカードは、大手のポイントサイトであれば掲載があります。

なるべくなら1円でも報酬が高いポイントサイト経由で申込みをしたいところですね。

報酬が高いポイントサイトを調べてみました。

げん玉3,000円
ゲットマネー2,500円
ハピタス2,000円
モッピー2,000円
ポイントインカム2,000円

>>> げん玉の無料登録はこちらから

>>> ゲットマネーの無料登録はこちらから

>>> ハピタスの無料登録はこちらから

ポイント対象条件は、「初回カード発行」です。

リボ設定や期間内に指定金額の利用などの縛りもないので楽勝です。

 

公式サイトの入会キャンペーン

2000円相当のPayPayボーナスライトプレゼント!

ヤフーカード

ポイントサイト経由で申し込めば、ポイントサイトのポイントも獲得できますので、必ずポイントサイト経由で申し込みましょう

 

Yahoo!JAPANカードのメリット

年会費永年無料

0円

Yahoo!JAPANカードは本会員も家族会員も年会費は永年無料です。

コストゼロですので、普段あまりクレジットカードを使わない方でも持っていて損はありません。

 

ポイント還元率は1%以上

カード利用額100円につき1ポイントのTポイントが貯まり、どこでも還元率1%

Yahoo!ショッピング・LOHACOなら3%のポイントが貯まります。

貯めたTポイントは全国のTポイント提携店で使えます。

【Tポイント提携店の例】

Tポイント提携店

 

PayPayと連携して高還元

PayPay

スマホ決済サービス「PayPay」にチャージして支払うとポイントが貯まるクレジットカードはYahoo!JAPANカードだけ

PayPayで支払うと前月の利用状況に応じて0.5~1.5%が戻ってきます。

PayPayで得するならYahoo!JAPANカードは必須です。

 

Tカードとして使える

Yahoo!JAPANカードはTカードとして使えるので、手続きをすればTSUTAYAのレンタルカードとしても利用できるようになります。

 

プラチナ補償

Yahoo!JAPANカードには最高100万円のショッピング保険が付帯していますが、それとは別にオプションとして、月額490円(税別)で「プラチナ補償」を追加できます。

破損補償金、盗難補償金、携帯電話水漏れ全損補償金、旅行・イベントキャンセル補償金、ネット売買トラブルお見舞金など、全18種類の中から自分に必要な補償を選んでプラスできます。初月は無料です。

 

Yahoo!JAPANカードとマイル

Yahoo!JAPANカードの利用で貯めたTポイントは、ANAマイルに交換することができます。※期間限定Tポイントは交換できません。

Tポイント→ANAマイル

500ポイント以上から交換でき、レートは500ポイント=250マイル(1ポイント=0.5マイル)です。

つまりカード利用額200円につき1マイル貯まることになり、還元率は0.5%と平均的です。

Yahoo!ショッピング・LOHACOでは3%の還元率ですので、ANAマイルは1.5%の還元率になります。

 

Yahoo!JAPANカードの審査

Yahoo!JAPANカードの申し込み条件は、

主婦や学生でも、18歳以上で安定した継続収入があればお申し込みは可能です(高校生はお申し込みできません)

と公式サイトに記載されています。

年会費無料で、主婦や学生でも申し込めるカードですので、審査のハードルは低いということがわかります。

それでも審査に通るか心配な方は、申し込みの際に以下の項目に気をつけることで審査通過率をぐんとアップさせることができます。

是非実践してみてください。

固定電話も入力する

電話番号の項目は「携帯電話」と「自宅」がありどちらか入力すればいいのですが、自宅の固定電話があれば必ず入力しましょう。

電話番号

固定電話がある=自宅がある という証明になるので、審査においてプラスになります。

カードの利用目的

「カードのご利用目的」の項目は「普段のお買い物等」と「会社の経費等のお支払い等」がありますが、「普段のお買い物等」を選択します。

カードのご利用目的

会社の経費の方を選択すると、事業で使うお金が必要だと判断されて審査が厳しくなります。

キャッシングは希望しない

「キャッシングサービス」の項目は「希望しない」を選択します。

キャッシングサービス

キャッシング枠を希望するとお金に困っているという印象を与えてしまうため、審査でマイナスになります。

 

ちなみにキャッシングは、30万~50万円まで希望できます。

キャッシング

しかし、他にもクレジットカードを持っていてキャッシング枠を設定したり、消費者金融などで借り入れがあり、そのトータル金額が年収から見て支払い能力を超えている金額になっていれば、この時点で審査に落ちます。

ですから、キャッシング枠を希望する場合は、審査に通過してカードが無事に届いてから改めて申請する方が安全です。

 

Yahoo!JAPANカードを申込んでみた

ポイントサイトを経由してYahoo!JAPANカードを申込んでみました。

国際ブランドは、VISA・JCB・Matercardの中から選びます。

国際ブランド

国内中心で使うのであれば、どのブランドを選んでも問題ありません。

JCBが一番人気となっていますが、海外旅行で色々な国に行く人であれば、一番使いやすいのはVISAです。

VISA対応の海外ATMの設置台数が多いので、現地で現金が必要になった際にも非常に便利に使えます。

すでに何かクレジットカードを持っている場合は、違う国際ブランドにした方が利用の幅が広がります。

 

Yahoo!JAPANカードは黒と赤の券面があり、黒の方が人気があります。

カードデザインの選択

券面の色は好みなので、好きな方を選べば良いでしょう。

 

クレジットカードによってはポイントサイトでのポイント獲得条件で、リボの設定などを条件にしているものもありますが、Yahoo!JAPANカードはそれもありませんので、リボの設定もしませんでした。

まるごとフラットリボ

 

審査に通るコツで解説したように、キャッシング枠の申込みはしませんでした。

キャッシング枠

 

必要事項を入力したら申込み完了です。

申込みページには、「最短2分で審査完了!」と書かれていましたが、なんと1分で審査結果がメールで届いていました

メール

審査完了

 

申込みをしてから1週間でカードが手元に届きました。

Yahoo!JAPANカード

週末をはさんでいるので、4営業日目で届いたことになります。

かなり早いですね。

Yahoo!JAPANカード

ショッピングの利用可能枠は30万円でした。

キャッシングは申込んでいないのでナシです。

 

まとめ

Yahoo!JAPANカードは公式サイトの入会特典がありませんので、ポイントサイト経由での申込みは必須です。

また、Yahoo!ショッピングの利用に関しても必ずポイントサイトを経由しましょう。

リピート可なので、毎回簡単にポイントの多重取りができます。

おすすめのポイントサイトは、「ちょびリッチ」「ゲットマネー」「ハピタス」です。

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-クレジットカード, マイルを超貯める, ポイントサイト

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める