ポイントサイト

【保存版】自己アフィリエイトとポイントサイトはどっちが稼げる?

自己アフィリエイトとポイントサイト

億超えアフィリエイターである私が、自己アフィリエイトとポイントサイトはどちらがいいかについて解説します。

自己アフィリエイトとポイントサイトは、片方を知っていれば良いというものではなく、両方とも知っておくべきです。

どちらもそれほど知識やスキルを必要とせずに稼ぐことができるので、どちらにしようか迷っている人は必見です。

自己アフィリエイトで稼ぐ

各ASPの自己アフィリエイト

自己アフィリエイトは、本人が商品購入やサービスに申込みをすると報酬をもらえる仕組みです。

ASPによって呼び方は異なりますが仕組みは同じです。

A8.net ⇒ セルフバック

ジャネット ⇒ キャッシュバックシティ

アクセストレード ⇒ アフィバックモール

afb ⇒ セルフB

など。

自己アフィリエイトは、まず最初に報酬が欲しい人、体験談を元にして良質なサイトを作りたい人などにはとてもありがたいですね。

「自己アフィリエイト」という言葉も昔は、ありませんでした。

ASPでこの仕組を最初に採用したのは、A8だったように思います。

 

ASPによって単価が違う

案件自体は同じでも自己アフィリエイトもASPが違うと単価も違うことがよくあります。

かかる手間は同じなので、なるべくなら1円でも高いASPで利用した方がお得ですね。

ASPによってそれぞれ強いジャンルがあるので、自己アフィリエイトもそれに応じた単価になっている場合が多いです。

例えば、A8.netは物販、ジャネットや金融という感じです。

複数のASPに登録して比較するのがおすすめですが、あまり時間をかけるのも非効率なので単価が高いものだけ比較するなど状況に応じた使い方をすれば良いでしょう。

また、そのASP独占案件もあるので、そういう意味でも複数のASPに登録するのは有効な方法です。

 

自己アフィリエイト絶頂期

今では自己アフィリエイトは常識ですが、昔は自分のアフィリエイトリンクから商品購入やサービスを申込んで報酬を得るというのがとても画期的で、自己アフィリエイトのやり方をまとめて情報商材として販売していた人もいたぐらいです。

条件も今より良い案件が多くありました。

特にFXや証券会社の口座開設は、バブル状態だったと言っても過言ではないでしょう。

今は、成果地点が口座開設後に一定額の入金+一定金額の取引が必要なものがほとんどですが、当時は口座開設の申込みや口座開設完了で報酬がもらえていたので。

さらに、単価も1、2万円の案件がゴロゴロしていました。

FXや証券会社の口座開設だけで20万円程度稼ぐことは、とても簡単でした。

自己アフィリエイトで数十万円稼いだ人も少なくありません。

実際には、家族名義でやっていた人も多かったので、100万円超えた人も間違いなくいたでしょう。

最近は、色々と条件が厳しくなったので10~20万円ほど稼げればいいんじゃないでしょうか。

 

1件100万円の自己アフィリエイト案件

最近見つけた自己アフィリエイト案件で、単価が100万円というものがありました。

長年アフィリエイトをやっていますが、ここまでの高単価案件は初めてみました。

100万円

早速、自己アフィリをしようかと思いましたが、残念ながら私は条件に合っていませんでした。

条件が合う人は、挑戦するのもいいでしょう^^

 

まず、A8.netに登録し、セルフバックの検索画面で、「開発」と入力すればその案件が見つかります。

別にもったいを付けて隠しているわけではなく、メディア会員以外に説明するのがNGになっているので、このような表現になっています。

100万円

>>> A8.netの無料登録はこちら

気になる人は、A8.netに登録して覗いてみてくださいね。

ちなみに、2020年4月19日現在の情報です。

 

ポイントサイトで稼ぐ

ポイントサイトを使う理由

ポイントサイト

私はアフィリエイト歴は長いですが、ポイントサイト歴はそれほど長くありません。

最初にポイントサイトに登録したのは、10年ほど前だったように思いますが、当時は登録に対するアフィリエイト報酬目的で登録しただけだったので、ほとんど利用していませんでした。

ポイントサイト内に掲載されている広告を利用し始めたのは、ここ数年のことです。

ポイントサイトでポイントを貯めて、それを現金に交換する。

いわゆる、お小遣い稼ぎであれば、私はポイントサイトに興味がありませんでした。

自己アフィリエイトではなく、アフィリエイトで稼ぐスキルを持っていたので、時間効率で考えるとポイントサイトでお小遣い稼ぎをするのは、あまり良くないと考えていたからです。

 

マイルを貯めるならポイントサイトが必須

私がポイントサイトを本格的に利用し始めたのは、マイルを貯めるようになってからです。

JAL

ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換するのが、いかに効率的かを理解したからです。

ポイントサイトを利用してマイルを貯めている人達がいることは知っていましたが、1ポイント=1円の価値にしかならないと思いこんでいたので、ポイントサイトは利用していませんでした。

また、ポイントサイトで貯めたポイントを現金で受け取ると金額によっては課税対象になりますが、マイルに交換すると課税対象にならないことも魅力に感じました。

厳密に言うと、税法上は利益享受に当たるのでポイントやマイルも課税対象です。

しかし、実務が税法理論に追いついていないのが現状です。

所得税法によって法人や個人に支出を義務付けている法定調書の資料の中にポイントやマイルに関するものが存在しません。

つまり、個人のポイントやマイルを把握することはほぼ不可能ということです。

 

自己アフィリエイトとポイントサイトを比較

稼ぎやすさ

どちらもブログやホームページなどの媒体を必要としないので、難易度で言うと同じレベルです。

 

稼げる金額

案件毎の単価で比較すると、自己アフィリエイトの方がポイントサイトより単価が高いものが多いです。

そして、案件の数も自己アフィリエイトの方が多いです。

自己アフィリエイトの方がポイントサイトよりも単価が高い傾向にある理由は、ポイントサイトに掲載される案件はASPから卸されている場合が多いからです。

クライアント ⇒ ASP(広告代理店) ⇒ ポイントサイト

という商流だと当然上流にいるASPの方が高い単価を出せるというわけです。

 

しかし、これは全体的な傾向であって、中には自己アフィリエイトよりもポイントサイトの方が単価が高い案件もあります。

例えば、dカード GOLDを見てみると

dカード GOLD

dカード GOLD

A8.netのセルフバックは22,000円ですが、ちょびリッチは23,500円です。

 

ポイントサイトは、貯めたポイントを何と交換するかによって1ポイントの価値を1円以上にできます

例えば、Tポイントに交換してウエル活やノジ活をすれば1ポイント=1.5円になったり、マイルに交換すれば1マイル=2円~15円になります。

ですから、自己アフィリエイトとポイントサイトでどちらがお得かというのは、最終的にポイントサイトで貯めたポイントを何と交換するかで比較しないと、案件の単価だけでは判断できないというわけです。

 

楽天市場

楽天市場

ネットショッピングの代表とも言える楽天市場ですが、ポイントサイト経由はOKですが、自己アフィエイトはNGなのです。

楽天市場の案件を掲載しているポイントサイトはたくさんあり、ポイント還元率は1%が多いです。

楽天市場の自己アフィエイトは、ASPでは取り扱いがありません。

楽天市場の独自アフィリエイトになりますが、楽天アフィリエイトのヘルプページには下記のように記載されています。

自分で掲載したリンクから購入しても成果になりますか?

楽天市場を利用する場合は、ポイントサイト経由がお得です。

 

Amazon

Amazon

楽天市場は使わないけど、Amazonは使うという人もいるでしょう。

Amazonについても、アマゾンアソシエイトというアマゾン独自のアフィリエイトプログラムがあります。

商品によって料率は変わりますが、最大10%です。

 

Amazonの案件については、ASPやポイントサイトでの取り扱いがありません

厳密に言うと、一部のポイントサイトで取り扱いがありますが、ポイント対象外です。

 

アマゾンアソシエイトでは紹介料の対象外として、下記のような記載があります。

乙自身、友人、親類その他の関係者のため乙が特別リンク経由で購入した商品など、乙によりまたは乙を代理して、特別リンク経由で購入された商品

つまり、楽天と同じく自己アフィリはNGということです。

 

そうなるとAmazonでは他の方法でポイントを少しでも多く貯める方法が有効です。

4%のポイント還元を受けることができれば、4%割引と同じですので。

Amazonで一番お得にポイント還元を受ける方法は、下記の記事で詳しく解説しています。

Amazon
Amazonでマイルをザクザク貯める方法【ポイント多重取りする裏技公開】

Amazonをよく利用するマイラーはこの方法を知らないと大損しています。 ポイントサイト経由でAmazonを利用するよりもはるかにお得です。 今回は、Amazonで買い物をする際にポイント還元率4%を ...

続きを見る

 

その他

ポイントサイトには、ポイントの有効期限というものがあります。

これが最大のリスクです。

せっかく貯めたポイントも失効しては意味がありません。

ポイントサイトを利用する際は、そのポイントサイトのポイント有効期限をしっかりと理解しましょう。

複数のポインサイトを利用する場合は、ポイントサイト毎にポイントの管理をすることを強くおすすめします。

 

ASPに関しては、稼いだ報酬はASPで決められた締日と支払日に従って処理されます。

一部のASPでは現金ではなくポイントで受け取ることも可能です。

現金で受け取らなければ、課税されませんので、この辺もしっかりと考えて利用しましょう。

 

自己アフィリエイトやポイントサイトを知らないと大損

どちらを利用するにしても、知っているのと知らないのとでは一生で得する金額に大きな差が出ることは間違いありません。

特別なスキルや知識がなくても、メールアドレスとネット環境さえあれば、誰でも簡単にお金を稼ぐことができるのです。

外食する際も、ポイントサイト経由で外食モニターを利用すれば食費を節約することもできます。

外食費
劇的に外食費を減らす方法【我慢せずに100万円貯める】

外食費を減らす方法をお探しでしょうか? 食費に関しては、節約しすぎるとストレスになったり、健康を損なう恐れがあるので慎重に取り組む必要があります。 今回は、一般的な外食費を減らす方法はもちろん、今の食 ...

続きを見る

 

私はポイントサイトの活用方法を知るのが遅かったので、これまでに億単位のお金を損してきました

アフィリエイトで稼いだ報酬は、全て現金で受け取っていたので税金も払ってきました。

報酬

これはafbで稼いだ報酬の一部ですが、afbは報酬をポイントで受け取ることができる数少ないASPの1つです。

例えば、1億円の報酬を現金で受け取った場合、税金を引いて手元に残る現金は約6600万円程度です。

これをポイントで受け取り、マイルに交換していれば・・・

 

1億円 ⇒ ポイント ⇒ マイル

恐らくマイルの有効期限内には使い切ることができないほどのマイルが貯まっていたことでしょう。

経営者であればマイルで出張して出張手当を現金で受け取れば非課税です。

これで、年収は変えることなく手取りを増やすことができます。

私のように損をしたくなければ、自己アフィリエイトとポイントサイトは今すぐ当たり前レベルで活用するべきです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自己アフィリエイトとポイントサイトはどちらが良いかという問題ではなく、どちらも活用するのが正解です。

陸マイラーだからポイントサイトだけで良いというものでもありません。

マイルに興味がないから自己アフィリエイトだけで良いというものでもありません。

 

1%のポイント還元ということは、1%割引と同じです。

楽天市場だけではなく、ヤフーショッピング・Amazonもポイントサイト経由で利用できます。

今やASPでもポイントサイトでも見つけることができない案件のほうが少ないというぐらいアフィリエイトは身近なものになっています。

 

ASPもポイントサイトも複数登録して使い分けるのが最も効率が良い使い方です。

《自己アフィリエイトができるASP》

《おすすめのポイントサイト》

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-ポイントサイト

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める