未分類

【最新】すき家のクーポン・割引券と合法的に無銭飲食する裏技を公開

すき家

すき家と言えば、吉野家・松屋・なか卯と一緒に4大牛丼チェーンと言われる人気の飲食店です。

店舗数は圧倒的にNo.1。

タブレット端末での注文を導入するなど業界内でもいち早く他と違うことに挑戦することでも話題です。

店によってはテイクアウト専用の端末が設置されているところもあり、非接触が一番進んでいるチェーン店でしょう。

今回は、

  • すき家のクーポンと割引券
  • すき家のアプリ
  • すき家の支払い方法
  • すき家で合法的に無銭飲食する裏技

について、詳しく解説します。

 

石原さとみさんがCMに出たことで話題になったすき家の「うな牛」↓↓↓

 

すき家のクーポンと割引券

すき家を少しでも安く利用したいという人にとって、手軽なクーポンや割引券は必須ですね。

大幅な割引には期待できませんが、よく利用する人なら毎回クーポンを使うのと使わないのとではバカにできない金額の差が出てきます。

すき家のクーポンは、下記の方法で入手しましょう。

 

モバイル会員登録

すき家のモバイル会員に登録すると、会員限定クーポン・新商品・キャンペーン情報がメールマガジンで届きます。

「QRコード」or「同意して登録するボタン」から空メールを送ると登録できます。

>>> モバイル会員登録はこちら

 

公式LINEアカウントで友だち追加

公式LINEアカウント

すき家の公式LINEアカウントを友だちに追加すると、クーポン・新商品・キャンペーン情報がメッセージで届きます。

>>> すき家 LINE公式アカウントはこちら

 

店頭

お店で食事をすると会計終了後にレシートと一緒にクーポンがもらえることがあります。

新メニューが登場した直後は、クーポンが配布される可能性大!

クーポンがいらない人は、レジ付近の不要レシートを入れる箱にレシートと一緒にクーポンを入れていたりします。

それを頂くかどうかは個人の判断にお任せします(ノ∀`)

 

JAFナビ

ロードサービスのJAFの会員になると、様々な優待特典が受けられるサービス「JAFナビ」を利用でき、その中ですき家のクーポンを受け取ることができます。

現在は下記のクーポンが配信されています。

JAFナビ

ただしJAF会員になるには、入会金+年会費5,500円がかかりますので、すき家のクーポンのためだけに入会するのはおすすめではありません。

既にJAF会員になっているなら利用しましょう。

 

ヤフオク

ヤフオクでもすき家のクーポンやJAFの優待券が売られています。

おそらく、クーポンは人からもらったり拾ったりしたものを売っている人もいるでしょうね、、、

手間と金額を考えると、おすすめではありません。

ヤフオク

 

アンケートに回答

お店のレシートにアンケートのQRコードがついている場合があり、アンケートに回答するとクーポンがもらえます。

アンケート内容は、2、3分で終わるような簡単なものです。

 

アンケートには回答期限、アンケート回答で取得したクーポンには有効期限がありますので注意しましょう。

 

Suki pass

Suki passとは、会計時に提示することで、牛丼・カレー・うな丼・うな牛・豚角煮丼が期間中何度でも70円引きになるカードです。

店内でもお持ち帰りでも使えます。

Suki pass

Suki passは毎月1日に1枚200円で販売されます。

月に3回使えば元が取れます。

Suki passはすき家のレジで購入することができ、会計時に見せるだけでOK。

1回の会計で3食まで割引になります。

Suki passは無くなり次第販売終了となりますので、欲しい人はなるべく月初めに購入しましょう。

 

ちなみに、クーポンが配布されるニュースアプリ(グノシーやスマートニュースなど)ですき家のクーポンは現在配布されていません。

 

すき家のアプリ

すき家


App Store

Google Play

 

すき家のアプリは、レジで待たずに注文と決済ができ、Suki passを購入している場合は自動的にクーポンが適用されるので便利です。

ただし、アプリでの注文は紙のクーポンや株主優待券は利用できません

テイクアウトの予約は、1時間後~1ヶ月先まで予約ができます。

お気に入りメニューの登録もできるので、いつも同じメニューを注文することが多い人は、是非活用しましょう。

 

商品の購入で貯まる共通ポイント(dポイントカード)の設定ができるので、dアカウントと連携すれば会計で自動的にdポイントが貯まります

 

支払い方法の設定

PayPayまたはクレジットカードの設定ができます。

 

PayPayは、ログインしてすき家とアカウントの連携をする必要があります。

 

PayPayは便利でお得な支払い方法なので、おすすめです。

PayPayを利用するには、アプリのダウンロードが必要ですのでまだの人は今すぐどうぞ。

PayPayアプリ

 

すき家の支払い方法

すき家では、現金の他に以下の支払い方法が可能です。

  • クレジットカード(VISA・Mastercard・JCB・AMEX・Diners)
  • QRコード決済(PayPay・楽天Pay・d払い・au PAY・LINE Pay・メルペイ・Alipay・WeChat Pay)
  • 電子マネー(iD・QUICPay・楽天Edy・Suica・Kitaca・PASMO・ TOICA・manaca・ICOCA ・SUGOCA・nimoca・はやかけん )
  • ポイントCooCa・楽天ポイント・dポイント・Pontaポイント)

店舗によっては対応しない支払い方法もあります。

利用する前に公式サイトの店舗情報で調べておきましょう。

 

すき家で長年働いている知り合いの話では、現金以外の支払い方法で多いのは、PayPay、ID、d払い、楽天Edy、au PAYだそうです。

やはり、PayPayは使えるお店が圧倒的に多いのですき家でも使う人が多いのでしょうね。

 

すき家で合法的に無銭飲食する裏技

裏技

すき家で裏技を使えば合法的に無銭飲食ができます

もちろん、食い逃げなど違法なやり方ではなく、誰でも簡単にできる安全な方法なので安心してください(○´艸`)

 

すき家の支払い方法で、QRコード決済や共通ポイントで支払いができることは解説しました。

つまり、PayPay残高・dポイント・楽天ポイントなどを無料で入手することができれば、すき家で合法的に無銭飲食ができるというわけです。

 

そのために使うのが、『ポイントサイト』です。

キャッシュレス決済の推進、各種ポイントの活用法などがメディアで取り上げられることが多くなり、同時にポイントサイトを利用してお得に買い物をする『ポイ活』も認知と人気が上がってきました。

 

ポイ活で家を建てた主婦やポイ活をする芸人も登場しました。

 

「ポイントサイトは怪しい」
「ポイントサイトは稼げない」

というのは、もはや時代遅れの考え方になりつつあります。

節約志向の主婦やお小遣い稼ぎをしたい人がポイントサイトを利用し始めました。

くうちゃんさん

貯めたポイントで実質無料で買い物をしたり、食事をしたりできる環境がかなり整ってきました。

 

このように、ポイントサイトで貯めたポイントをすき家の食事代の支払いに充てることで、自分の財布からは一円も払うことなく食事をすることができるのです。

 

ポイントサイトに登録して、支払いに利用できる電子マネーや他社ポイントに交換するには、以下の手順で進めれば誰でもできます。

1 ポイントサイトを選んで登録する

2 ポイントを貯める

3 貯めたポイントを電子マネーや他社ポイントに交換する

 

それぞれの内容について、詳しく見てみましょう。

 

1 ポイントサイトを選んで登録する

ポイントサイトは複数あるのですが、最終的に交換したいアイテム(あなたが使う電子マネーや他社ポイント)があるポイントサイトに登録する必要があります。

人気のある主なポイントサイトと交換できるアイテムの有無をまとめてみました。

PayPay楽天ポイントdポイント
モッピー
ハピタス
ちょびリッチ××
ポイントインカム×
ポイントタウン×

 

ポイントサイトで貯めたポイントを交換する条件は、ポイントサイトによって異なりますが、交換できるアイテムの豊富さと交換条件の良さを考えると、おすすめは『モッピー』です。

モッピーはポイントサイトの中でも会員数No.1で、ポイントを活用する人から多くの支持を受けている人気のポイントサイトです。

モッピーの特徴

どのポイントサイトにしようか迷っている人は、モッピーにしておけば間違いありません。

>>> 【開催中】モッピーの新規登録・入会キャンペーン専用ページはココ!

 

2 ポイントを貯める

モッピーに登録したら、早速ポイントを貯め始めましょう。

ポイントを貯めることができるコンテンツは豊富にありますが、時間効率が悪い物は避けましょう。

モッピーで効率良くポイントを稼ぐ方法については、下記の記事をご覧ください。

>>> モッピーで効率良くポイントを貯める方法

 

3 貯めたポイントを電子マネーや他社ポイントに交換する

モッピーで貯めたポイントは、500ポイントからPayPay・楽天ポイント・dポイントに交換できます。

PayPay楽天ポイントdポイント
最低交換ポイント500ポイント500ポイント500ポイント
交換手数料無料無料無料
交換日数リアルタイム1~2日リアルタイム

 

おすすめは、PayPayです。

PayPayはリアルタイム交換ができるので、会計直前に交換しても間に合います。

一方、楽天ポイントは事前に交換を完了していないと無銭飲食ができません(○´艸`)

各ポイントへの交換手順は、下記の記事をご覧ください。

>>> 【保存版】モッピーからPayPayに交換する方法@超図解

>>> 【保存版】モッピーから楽天ポイントに交換する方法@超図解

>>> 【保存版】モッピーからdポイントに交換する方法@超図解

 

すき家で合法的に無銭飲食してみた

ポイントサイトを使ったことがない人、ポイントサイトで貯めたポイントをPayPayに交換したことがない人にとっては、

「本当にポイントサイトで貯めたポイントでPayPayに交換して、すき家の支払いで使えるの?」

と思う人がいても不思議ではありません。

ということで、実際に私がモッピーで交換したPayPay残高で、すき家で食事ができるのかやってみました。

 

モッピーで貯めたポイントを事前にPayPay残高に交換し、とあるすき家に向かいました。

すき家

 

席に備え付けのタブレット端末で「ねぎ塩レモン牛丼」と「エビチリ丼」を注文。

 

先にねぎ塩レモン牛丼が来て、ほどなくエビチリ丼が来ました。

 

サッと食事を済ませてレジへ。

スマホでPayPayのバーコードを表示させて支払い完了。

 

レシートがこちら。

レシート

支払いは実質無料、PayPay残高5円を獲得しました。

 

すき家は、よく行くお店の1つなのでPayPayだけではなく楽天ポイントで支払うこともあります。

楽天カードを持って楽天市場でよく買い物をする楽天経済圏の人は、PayPayよりも楽天ポイントの方がいいですね。

どちらにしても私は万単位でポイントサイトのポイントをPayPayや楽天ポイントに交換しているので、すき家でどれだけ食べても自分の財布の現金が減ることは一切ありません。

実質的には、すき家は一生無銭飲食できます。

 

まとめ

すき家で一番お得に食事をする方法について解説しました。

私はポイントサイトで貯めたポイントは、PayPayに交換することが多いですが、普段から貯めているポイントに交換するのが一番良いと思います。

すき家の支払いに使えるPontaポイント、au PAY残高、LINE Pay残高などもポイントサイトによっては交換可能です。

 

ただし、何に交換すれば一番お得なのかは常に考えた方が良いです。

例えば、旅行が好きで飛行機に乗る機会が多い人であれば、PayPayや他社ポイントではなくマイルに交換した方がお得です。

他にもポン活・ウエル活など1ポイント=1円よりも高い価値で使う方法があります。

お客様感謝デー

 

ポイントは「貯め方」と同時に「使い方」もとても重要です。

モッピーは、貯めたポイントを何と交換するにしても交換手数料や交換レートなどの条件が他のポイントサイトと比較しても良いので万能なポイントサイトと言えます。

私は毎月大量にモッピーからPayPayに交換しているので、チェーン店での飲食に関してはほとんど全てPayPayで賄うことができています。

 

モッピーは下記から登録して、入会の翌々月末までに5,000ポイント以上獲得すると2,000ポイントがプレゼントされます。

>>> モッピーの無料登録はこちら

賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-未分類

© 2021 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める