クレジットカード

アメックスは紹介の申込みだと審査に通りやすい!って本当?

アメックスの紹介

アメックスはステータスが高く審査が通りにくいと思われがちですが、実はそれほど審査が厳しくありません

ネット上では色々な情報が飛び交っていてどれが本当の情報かわかりにくくなっているが事実です。

私はアメックスで働いている知り合いが多いので、実際に色々と聞いてきました。

アメックスを紹介で申し込もうと考えている人は、参考にしてください。

 

アメックスの優遇審査について

アメックスの紹介審査制度

ネット上では、「紹介の方が審査に通りやすい」という情報もチラホラ見かけます。

なぜこのような情報があるのかというと、過去アメックスが紹介での申込みに関しては、審査を優遇していたという事実があります。

そのため、情報を更新していないサイトに関しては、当時の内容がそのまま残っていたりするので誤解の原因になっています。

現在は、この制度はなくなっており、アメックスの公式サイトでは下記の通り記載があります。

「ご紹介プログラム」でご紹介された方のお申し込みに対する審査の優遇は、現在実施しておりません。ご入会に際しましては、ご紹介以外の方法でのお申し込みと同様に弊社所定の審査がございます。

 

アメックスの審査は厳しくない

アメックスはステータスが高いイメージがあります。

それに関連して、一般的には審査が厳しいと思っている人も多いようです。

しかし、実際は審査が激甘と言われている楽天カードが作れなかった人がアメックスは作れたという事例もたくさんあります。

これは、アメックスと他社のカード会社とでは審査基準が異なるということを理解していれば納得できる話です。

通常、クレジットカードの申込みをすると、申込みの際に入力した個人情報や信用情報を元にカード会社が審査を行います。

カード会社が主に紹介する情報は、CIC(指定信用情報機関)とJICC(日本信用情報機構)です。

過去にクレジットカードの申込みや発行、分割払いでの商品購入があると、個人情報、返済状況、遅延などがある場合は、それらの情報が全て登録されます。

 

最近、携帯電話の端末を分割払いで購入する人が増えました。

携帯電話の端末は高いので一括で支払うよりも、分割で支払ったほうが支払いが楽で購入しやすいというメリットがあります。

しかし、携帯電話の端末を分割で支払うには割賦契約が必要で、これはローンを組んでいるのと同じ状態になります。

月々の支払いで遅延や滞納があると、その情報は信用情報に記録されます。

通話料金の遅延だけでは信用情報に記録されませんが、分割払い分も通話料金と一緒に請求されるので、端末を分割で購入した人は、料金支払いの遅延や滞納=信用情報に記録される、ということになるので注意が必要です。

クレジットカードの審査に落ちた場合、CICの情報を取り寄せてみると原因がわかる場合がほとんどです。

 

話を元に戻すと、アメックスの場合は、過去に遅延や滞納があったとしても直近の信用情報に問題なければ審査に通ります

他社のカード会社の場合は、過去の遅延や滞納情報を考慮する期間がアメックスより長いのです。

例えば、アメックスだと直近半年で問題なければ可とするところが、他社のカード会社では1年以上問題なければ可とするようなイメージです。

さすがに前月滞納があったばかりという状態だと、どこのクレジットカードを申込んでも審査に落ちます。

個人信用情報の状態が悪い人にカードを発行するということは、それだけ未回収のリスクが高くなります。

アメックスの場合は、その点を

年会費を高くすることで初めに回収する

利用枠を固定せず毎月流動的に変動させる

ことでリスクヘッジをしています。

他社のクレジットカードだと券種毎に最初から保証されている利用限度枠が決まっています。

アメックスは、一律の利用限度額を設けていないというのは、こういう仕組みだからです。

他社のゴールドカードでは最初から100万円利用できるのに、アメックスではゴールドカードでも最初は20万円しか使えない、ということも珍しくありません。

「一律の利用限度額を設けてない」というのは上記のような意味であって、「無制限に使える」という意味ではありません。

 

紹介でアメックスを作るメリット

「アメックスは紹介で審査が優遇されないのであれば、紹介で申込むメリットは何かあるの?」

ということになると思います。

アメックスを紹介で申込むメリットは、公式サイトから直接申込むよりも入会でもらえるポイントが多くなるということです。

例えば、アメックスの社員で保有率がNo.1のspgアメックスの場合、

公式サイト:最大30,000ポイント

紹介:最大36,000ポイント

合計39,000ポイントとなっていますが、そのうち3,000ポイントは通常利用分のポイントですので、入会特典としてもらえるのは最大36,000ポイントです。

 

アメックスビジネスプラチナカードの場合、

公式サイト:特典なし

紹介:最大60,000ポイント

合計70,000ポイントとなっていますが、そのうち10,000ポイントは通常利用分のポイントですので、入会特典としてもらえるのは最大60,000ポイントです。

このように、公式サイトから申込むのか紹介で申込むのかでspgアメックスでは6,000ポイント、アメックスビジネスプラチナカードでは60,000ポイントもの差があります。

60,000ポイントというのがどれぐらいかイメージできない場合は、ポイント還元率1%のクレジットカードで600万円決済してもらえるポイントに相当するポイントと考えればいいでしょう。

60,000マイルあれば、ANAでローシーズンにハワイにビジネスクラスで往復することができます。

 

アメックスの紹介はどうやってもらう?

アメックスの紹介で審査や申込むをするメリットがわかれば、次は誰に紹介してもらうかです。

友達や家族にアメックスを持っている人がいれば、紹介してもらいましょう。

周りにアメックスを持っている知り合いがいない場合は、私からの紹介でも紹介特典がもらえます。

紹介に関しては、spgアメックスとそれ以外の券種でお送りする特別な紹介URLが異なりますので、それぞれ下記よりお問い合わせください。

すぐに紹介URLをお送りします。

あなたの個人情報は私には伝わりませんので、ご安心ください。

SPGアメックスの紹介お問い合わせ

アメックスカードの紹介お問い合わせ

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-クレジットカード

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める