クレジットカード

楽天カードすら作れない人でも作れるカード@審査は甘い?厳しい?

楽天カードすら作れない人

楽天カードすら作れない人は、まずなぜ作れないのか原因を考える必要があります。

その上で、楽天カードがどうしても欲しい人、別に楽天カードじゃなく他のカードでもいい人で、その後の取るべき対応が変わります。

今回の記事では、楽天カードの審査に落ちた人でも作れるクレジットカードを紹介します。

クレジットカードが作れなくて困っている人は、必ず参考になるでしょう。

 

楽天カードが作れない原因を考える

楽天カードの審査に落ちて作れない人は、なぜ作れないのかを考えましょう。

クレジットカードには、申込み対象者というものがあり、そもそも対象者となる条件を満たしていないと作ることができません。

楽天カードの申込み対象者は、下記です。

 

楽天カードが作れる人

18歳以上の方(高校生の方は除く)であればどなたでもお申し込みいただけます。

※ただし5年制一貫高校に在籍の方はお申し込み可能です。

未成年の方の場合、審査を進めるにあたり親権者様にカード発行同意確認の為、お電話をさせていただいております。

親権者様に、事前にご相談のうえお申し込みください。

親権者様のご同意が取れない場合は、カードの発行を行うことができませんのでご了承ください。

これを見る限りでは、

  • 18歳以上になってなければ作れない
  • 未成年者は親権者の同意がないと作れない

ということです。

学生でも高校生でなければ作れます。

未成年者の場合は、家に固定電話がない場合は、親権者の携帯電話番号が必要です。

どちらにしても、親権者の同意を取っているかの確認の電話がかかってきます。

同意確認ができるまで審査が進まないので、未成年者の場合は審査に時間がかかります。

 

楽天カードが作れない人

年齢の条件を満たしているのに楽天カードが作れない人は、「無職」「信用情報に問題がある」のどちらかの可能性が高いです。

申込みの際に、職業や勤務先の入力が必要ですが、仕事をしていないと安定した収入がないということで貸し倒れになるリスクが高くなるので審査に落ちます。

仕事は、パートやアルバイトでもOKです。

カードによってはパートやアルバイトはNGという場合もありますが、楽天カードはOKです。

無職の人は、無職のまま申込みをせずに、とりあえずバイトでも派遣でもいいので仕事に就いてから申込みをしましょう。

主婦の人は、無職でも配偶者の年収を入力することで信用情報に問題がなければ審査に通ります。

 

信用情報に問題がある場合は、問題の大小によって審査の可否が決まります。

信用情報に問題がある状態とは、クレジットカードやカードローン、リボ払いや分割払いで遅延をしたことがあるかどうか、自己破産したことがあるかなどです。

最近は、携帯電話の本体を分割で購入する人が多く、この支払いが遅れるなどしたために信用情報にキズが付いてクレジットカードが作れなくなるというパターンが急増しています。

遅延や自己破産をしたのに見に覚えがないという人は、いないでしょう。

 

しかし、信用情報機関に登録されている情報は、保存期間が決まっていて正確にいつ遅延した、自己破産してからどれぐらい経ったか忘れたという場合は、信用情報機関で自分の情報を確認することができます。

照会するべき情報機関は、主にCICJICCです。

情報の照会は有料ですが、窓口に行かなくてもネットからでも手続きができます。

ちなみに、CICの場合は、このような感じです。

CIC

クレジット情報、申込情報、利用記録を見ることができます。

 

クレジット情報

どこのクレジット会社やローン会社と契約しているかがわかります。

情報保有期限内のクレジットカードやローンの情報があります。

解約した場合は、情報保有期限を過ぎると記録からなくなります。

契約日、契約額、返済状況、遅延有無などが全て記録されています。

  • 返済日から61日以上または3ヶ月以上の支払いの遅れ(延滞)
  • クレジットやローンの契約者が返済不能になり、代わりに保証会社が返済
  • 裁判所が破産を宣告(破産手続開始が決定)

に関しては、「異動」という表記がされます。

これが世間でよく言われる「ブラック」という状態です。

この状態になれば、楽天カードに限らずクレジットカードを作るのが一番厳しいです。

数日だけ遅れたことが1回だけある、それも1年以上経っているというような軽微なものに関しては、審査にそれほど影響はありません。

 

申込情報

申込情報は、クレジットやローンなどを申し込んだ時に、クレジット会社などが審査のために信用情報を確認しましたよ、という情報です。

最長で6ヶ月間残ります。

申込みをした月を含む6ヶ月後に情報が削除されます。

一度楽天カードの審査に落ちたけど、また再申込みをしたいという場合は、6ヶ月後にしましょう。

よく再申込みするなら6ヶ月は期間を空けましょうと言われるのは、CICから記録がなくなるのが6ヶ月後だからです。

クレジットカードの申込みを短期間に大量にすると、申込み情報が全て残っているので、この人はお金に困っている人だという判断をします。

貸し倒れになるリクスが高いので、当然審査に落ちることになります。

短期間に申込みを大量にして審査に通らなくなる状態は、「申込みブラック」と言われます。

異動になった「ブラック」とは違うので、遅延などがなければ一定期間後に審査に通る可能性は十分あります。

私も「申込みブラック」の経験がありますが、その後問題なく新規でカードの発行ができています。

どれぐらいの期間でどれぐらいの数を申込むと「申込みブラック」になるかの明確な基準はありませんが、1ヶ月に申込む数は2~3程度に抑えたほうが良いとは言われています。

 

利用記録

利用記録は、クレジットやローンなどの利用状況や返済状況を調査するためにクレジット会社等が信用情報を確認した、という記録です。

利用記録は、CICの会員で共有はされませんので、この情報は審査に影響を与えません。

ただし、利用記録は途上与信の目的でされることが多いので、その結果の内容によっては、利用限度額の減少や利用停止になる場合があります。

楽天カードは、頻繁に途上与信はしていません。

カードの更新、利用枠の増額を希望した場合、利用内容から要注意と判断した場合などでしょう。

ちなみに、途上与信の頻度が一番高いのがアメックスです。

アメックス社員
アメックスは、月に一度は途上与信を行っています。

これは、実際に私も自分の信用情報を確認したのですが、確かに毎月アメックスが途上与信のために情報の照会をしていることが確認できました。

利用記録

 

楽天カードが作れない人でも作れるカード

楽天カードの審査に落ちた人が、アメックス以外のクレジットカードに申し込んでも審査に落ちる可能性が非常に高いです。

逆に、アメックスは楽天カードすら作れなかったという人でも作れたという事例が多くあります

アメックス

詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

楽天カード
【回答】楽天カードの審査に落ちた人が次に他のカードを申込むべきか

今回は、 楽天カードの審査に落ちた理由が知りたい! 楽天カードの審査に落ちたけど次はいつ申し込める? 楽天カードの審査に落ちても他に作れるカードはある? という人のために、あまり一般には公開されていな ...

続きを見る

 

まとめ

楽天カードすら作れない人は、なぜ作れないのかを分析することが重要です。

ネットの情報を鵜呑みにするのではなく、信用情報機関の情報開示をすることをおすすめします。

審査に落ちた場合は、楽天カードやCICに問い合わせをしても回答はもらえません。

今回の記事の内容を元に、自分で確かめて次回以降の対策することで、クレジットカードは作れるようになります。

楽天カードの審査に落ちてから6ヶ月以上経過している人は、信用情報に問題がなく仕事をしていれば審査に通る可能性はあります。

>>> 楽天カード公式サイトへ

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-クレジットカード

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める