クレジットカード マイルを超貯める 支払い

【裏技?】エネオスでANAマイルがザクザク貯まる方法

エネオス

ガソリンはリピートする商品なので、クレジットカードでマイルを貯める人なら、少しでもお得な方法を知っておきたいですね。

ガソリンスタンドの給油でお得になるというと、まず思い浮かべるのはそのガソリンスタンドのカードではないでしょうか?

エネオスもエネオスカードが発行されています。

エネオスではエネオスカード以外でのクレジットカードでも支払いが可能です。

では、実際にエネオスカードで支払った場合と、マイルが貯まるクレジットカードで支払った場合は、どちらがお得になるかを解説します。

この記事を最後まで読めば、エネオスの支払いで一番マイルが貯まりやすいクレジットカードがわかります。

エネオスカードの種類

エネオスカードには、ENEOSカード C(キャッシュバックタイプ)、ENEOSカード P(ポイントタイプ)、ENEOSカード S(スタンダードタイプ)の3種類があります。

3枚ともロードサービスが付帯し、エネオスをお得に利用できる点は共通ですが、還元方法などが異なります。

カード名ENEOSカード C
ENEOSカード C
ENEOSカード P
ENEOSカード P
ENEOSカード S
ENEOSカード S
年会費初年度無料
1,250円(税別)
初年度無料
1,250円(税別)
初年度無料 1,250円(税別)
年1回以上の利用で無料
発行期間約3~4週間約3~4週間約3~4週間
ポイント還元率-0.6~3%0.6~2%
ガソリン値引き最大7円/L引き-2円/L引き
ロードサービス
こんな人におすすめとにかくガソリン代を安くしたい
毎月カード利用額が多い
値引きよりポイントを貯めたい
ENEOSをよく利用する
年会費をかけたくない
たまにしかカードを使わない

ENEOSカード CとENEOSカード Sはどちらもガソリン代が直接割引になりますが、ENEOSカード Cは月間2万円以上の利用がなければENEOSカード S以下の値引き額になるので、月間2万円以上カードショッピングをして4円/L引き以上の特典を受けられる人向けです。

普段あまりカードを使わないという方なら年会費分を損することになってしまうので注意が必要です。

これからENEOSカードを発行する人は、ポイントサイト経由で申込みをするとポイントサイトのポイントも貯まるのでお得です。

ENEOSカードを掲載しているポイントサイトは、「ポイントインカム」と「ポイントタウン」だけです。

時期によっては掲載されていない場合もありますので、まずはポイントサイトに登録してから確認しましょう。

上記のポイントサイトに掲載されていない場合は、公式サイトから申込むしかありません。

ポイントサイトに登録するのが面倒だという人は、直接公式サイトから申込みをしましょう。

>>> ENEOSカード公式サイトへ

エネオスでポイント3重取りをする裏技

エネオスはANAカードマイルプラス加盟店です。

ANAカードマイルプラス加盟店では、クレジットカード会社のポイントとは別に、ANAカードでのクレジット決済100円(税込み)=1マイルが貯まります。

これでポイントの2重取りができます。

エネオスではTポイントも貯めることができるので、これもいただきましょう。ENEOSでTポイントが貯まる

しかし、エネオスの公式サイトにはポイントの多重取りを防止するためか、Tカードと併用できないカード一覧があります。

Tカードと併用できないカード一覧

では、ANAカードはダメなんじゃないかと思いますよね。

 

そこで、裏技の登場です。

実際にセルフスタンドでクレジットカード払いを選択した後でTポイントを付けようと思っても、Tカードが受け付けられません。

ANAカードとTカードを一緒に使うことができないのです。

しかし、iDとならそこをスルーしてTポイントが貯まります

支払い方法の選択画面

支払い方法は「電子マネー」から「iD」を選択し、iDをかざします。

iDをかざせば、「Tカードを通してください」という画面になるので、Tカードを入れます。

これでポイント3重取りが可能になります。

 

この際に、おすすめのANAカードは、ANA VISAワイドゴールドカードです。

ANA VISAワイドゴールドカード

ポイント還元率は1.648%で陸マイラーに人気No.1の1枚です。


 
ANA VISAワイドゴールドカードを使うことで、

1.648%+1%(ANAカードマイルプラス)+0.5%(Tポイント)=3.148%

エネオスカードはエネオス以外での利用機会がほとんどない上に、あまりガソリンを入れない人にとってはメリットも少ないカードです。

ポイントの使い道やマイルに交換した時の価値を考えると、エネオスではポイント還元率の高いANAカードを利用するのが一番お得ということになります。

まとめ


エネオスでガソリンを給油する時は、iD付きANAカードでiD経由でTポイントを獲得しつつiDで支払いをする。

これで、

クレジットカードのポイント + ANAカードマイルプラスのマイル + Tポイント

の3重取りができます。

注意事項として、店員さんがいるエネオスガソリンスタンドの場合は、ANAカードとTポイントを渡してもTポイントを付けてくれないので、セルフスタンドへ行きましょう。

ANA VISAワイドゴールドカードを一番お得に申込むには、マイ友プログラムに登録後、ポイントサイトを経由して申込むことです。

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-クレジットカード, マイルを超貯める, 支払い

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める