クレジットカード マイルを超貯める ポイントサイト

マイレージプラスセゾンゴールドカードはポイントサイト経由がお得?

マイレージプラスセゾンゴールドカード

マイレージプラスセゾンゴールドカードはユナイテッド航空のマイルが貯まります。

ユナイテッド航空のマイルでANA便を利用するメリットとデメリットとは?

マイレージプラスセゾンゴールドカードの審査に通るコツについても解説します。

マイレージプラスセゾンゴールドカードをポイントサイト経由で申込む

賢い陸マイラーであれば、マイレージプラスセゾンゴールドカードはポイントサイト経由で申込みをしてポイントサイトのポイントと公式サイトの入会特典の2重取りを考えるでしょう。

しかし、残念ながらマイレージプラスセゾンゴールドカードはポイントサイトでの扱いがありません

さらに、公式サイトでは入会特典が付いたキャンペーンも行っていません

ということで、特典がない公式サイトから申込むしかありません

申込みに関しては、マイレージプラス・プログラム(入会無料)に入会し、マイレージプラス会員番号を取得のうえ申込む必要があります。

まだ入会していない場合は、マイレージプラスへの入会から手続きを行ってください。

入力フォームは英語で入力必要があります。

携帯電話番号の入力は必須になっていますが、最初の「0」を省いた番号を入力しないとエラーになります

例:090-●●●●-●●●● ⇒ 90-●●●●-●●●● で入力。

電話番号

下の画面になれば入会完了です。

マイレージプラス会員番号が取得できれば、マイレージプラスセゾンゴールドカードができます。

>>> マイレージプラスセゾンゴールドカード公式サイトへ

ユナイテッド航空はANAよりも特典航空券がお得

マイレージプラスセゾンゴールドカードで貯まるのはユナイテッド航空のマイルです。

ユナイテッド航空のマイルは、スターアライアンス各社の特典航空券への交換もできます

ANAもスターアライアンスに加盟している航空会社なので、ユナイテッド航空のマイルでANA運航のユナイテッド航空コードシェア便を予約することができるのです。

特典航空券(往復)への交換に必要なマイル数を比較してみました。

※ユナイテッド航空(UA)はセーバー特典、ANAはレギュラーシーズンです。

・国内線

路線UAANA
東京-大阪10,00012,000
東京-札幌10,00015,000
大阪-札幌10,00015,000
東京-那覇16,00018,000

・国際線

路線UAANA
成田-北京30,00020,000
成田-シンガポール45,00035,000
成田-ホノルル50,00040,000
成田-ニューヨーク70,00050,000
成田-パリ90,00055,000

こうして比較してみるとわかるのですが、国内線ならUA、国際線ならANAの方が少ないマイル数で行けるということになります。

特典航空券の交換に関して、

ANAは会員本人、会員の配偶者・同性パートナーおよび2親等以内のご家族という制限がありますが、

ユナイテッド航空は制限がありませんので友人や恋人の分も利用することができます。

マイレージプラスセゾンゴールドカードの年会費やポイント還元率は?

マイレージプラスセゾンゴールドカードの基本スペックを確認しておきましょう。

マイレージプラスセゾンゴールドカード

年会費20,000円(税抜)
家族カード年会費5,000円(税抜)
ポイント還元率1.5%(1,000円につき15マイル)
ボーナスマイル2年目以降カード更新時に1,500マイルプレゼント
※AMEX限定、VISA,Masterは対象外
マイル有効期限無期限
付帯保険最高5,000万円までの海外・国内旅行傷害保険が付帯
最高100万円までのショッピング安心保険
発行期間最短3営業日発行

マイレージプラスセゾンゴールドカードのメリットとデメリット

マイレージプラスセゾンゴールドカードのメリット

圧倒的に高いポイント還元率

通常のポイント還元率が1.5%というのは、やはり大きなメリットです。

ポイント還元率

コスモ石油なら、2%のポイント還元率です。

 

マイレージプログラムは有効期限なし

以前は、最終利用から18ヶ月、マイルの獲得や利用がなければマイルが失効という有効期限がありました、2019年8月28日(米国時間)から、無期限になりました。

 

スターアライアンス各社の特典航空券へ交換可能

スターアライアンス各社の利用でマイルが貯まるのはもちろん、ユナイテッド航空のマイルでスターアライアンス各社の特典航空券と交換できます。

国内線に関しては、ANAより少ないマイル数で特典航空券に交換できるのでお得です。

マイレージプラスセゾンゴールドカードのデメリット

ポイント還元率1.5%には上限あり

1.5%の還元率には年間500万円までという上限があります。

※上限超過の場合1,000円=5マイル(ポイント還元率0.5%)

 

特典航空券の直前の予約は手数料が必要

ユナイテッド航空では特典航空券の交換の際に、3週間前以降の直前予約については75USドルの手数料が発生します。

現在は 1ドル=109円 ですので日本円で約8,000円程度の手数料が必要となります。

とは言っても早めに予約をすれば手数料はかからないので、大きなデメリットというよりは知っておいた方が良い注意事項ぐらいですが。

マイレージプラスセゾンゴールドカードとANA VISA ワイドゴールドカード比較

マイレージプラスセゾンゴールドカード

マイレージプラスセゾンゴールドカード

ANA VISAワイドゴールドカード

ANA VISA ワイドゴールドカード

年会費20,000円(税抜)14,000円(税別)
条件を満たせば最大4,500円割引
家族カード年会費5,000円(税抜)4,000円(税抜)
ポイント還元率1.5%(1,000円につき15マイル)0.5%~(マイル還元率は1%~)
ボーナスマイル2年目以降カード更新時に1,500マイルプレゼント
※AMEX限定、VISA,Masterは対象外
入会時・継続時2,000マイルプレゼント
搭乗ボーナスマイル25%
マイル有効期限無期限3年
付帯保険最高5,000万円までの海外・国内旅行傷害保険が付帯
最高100万円までのショッピング安心保険
最高5,000万円までの海外・国内旅行傷害保険、国内航空傷害保険が付帯
最高300万円までのショッピング補償
発行期間最短3営業日発行最短3営業日発行
ANA VISAワイドゴールドカード
【最新】ANA VISAワイドゴールドカードの入会はこのポイントサイトが一番お得

ANA VISAワイドゴールドカードは、どのポイントサイト経由が一番お得かお探しでしょうか? 今回は、 ANA VISAワイドゴールドカードの報酬が一番高いポイントサイト ANA VISAワイドゴール ...

続きを見る

マイレージプラスセゾンゴールドカードの審査

マイレージプラスセゾンゴールドカードは20歳以上で電話連絡が可能な方であれば申込みが可能です。

発行期間は申込みから最短3営業日とスピーディな点から、それほど厳しい審査は行われないと言えるでしょう。

申し込みの際には、以下のポイントに気をつけるだけで審査通過率を上げることができます。

①電話

電話番号は携帯電話とご自宅の2箇所がありますが、固定電話がある場合は必ず入力しましょう。

固定電話があるということは自宅があるという証明になるので、審査でプラスになります。

電話

②カードのご利用目的

カードのご利用目的は「生計費の決済」を選択します。

事業費の決済を選ぶと、事業での資金が必要だと判断され、審査が厳しくなります。

カードのご利用目的

③キャッシング・ショッピングリボ宣言

ショッピングリボ宣言とキャッシングリボ宣言の項目は「申し込まない」を選択します。

リボ払いを申し込むと、お金に困っているのではないかと判断される可能性があるので、審査でマイナスになります。

ショッピングリボ宣言

キャッシングリボ宣言

>>> マイレージプラスセゾンゴールドカード公式サイトへ

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-クレジットカード, マイルを超貯める, ポイントサイト

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める