マイル・マイレージ

東京から大阪へタダで行く!特典航空券に必要なマイル数を調査

東京から大阪

東京から大阪へ特典航空券で行くには何マイル必要か調べました。

片道、往復、航空会社(ANA、JAL、ユナイテッド航空、ブリティッシュエアウェイズ)で比較しました。

一番お得な航空会社がひと目でわかります。

東京から大阪への片道・往復の必要マイル数

航空会社片道往復
ANA5,000(L) 6,000(R) 7,500(H)10,000(L) 12,000(R) 15,000(H)
JAL6,00012,000
ユナイテッド航空(UA)5,00010,000
ブリティッシュエアウェイズ(BA)6,00012,000

※L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)
※JALのクラス J特典航空券は、普通席特典航空券の必要マイル数に、1区間・1名ごとに2,000マイルを追加したマイル数が必要です。

ANAの場合、シーズンによって必要マイル数が変動します。

シーズンに関しては、毎年期間が少し変動するので詳しくはANA公式サイトのシーズンチャートで確認しましょう。

 

一番お得な航空会社は?

東京から大阪、大阪から東京へ特典航空券で行くには

ローシーズンなら

ANA > ユナイテッド航空 > JAL > ブリティッシュエアウェイズ

レギュラーシーズンなら

ユナイテッド航空 > ANA、JAL > ブリティッシュエアウェイズ

ハイシーズンなら

ユナイテッド航空 > JAL > ブリティッシュエアウェイズ > ANA

がお得な順番です。

ただし、ユナイテッド航空の場合、搭乗の30日前から必要マイル数が3,500マイルアップします。

つまり、搭乗の31日前までは片道5,000マイルで行けますが、30日前からは片道8,500マイル必要になるということです。

ユナイテッド航空

 

搭乗の31日前までならユナイテッド航空が一番お得ですが、30日前以降は一番損になります。

搭乗日が決まったら早めの予約がおすすめです。

JALとブリティッシュエアウェイズは同じマイル数なのに、JALの方がお得な理由はブリティッシュエアウェイズの場合は、特典航空券の発行手数料(片道550円、往復1,100円)がかかるからです。

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-マイル・マイレージ

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める