マイル・マイレージ

東京から沖縄へタダで行く!特典航空券に必要なマイル数を公開

東京から沖縄

東京から沖縄へ特典航空券で行くには何マイル必要なのか調べました。

片道/往復、航空会社(ANA、JAL、ユナイテッド航空、ブリティッシュエアウェイズ)で比較しました。

一番お得な航空会社がすぐにわかります。

マイルを貯めて特典航空券で東京から沖縄へ行きたい人は必見です。

 

東京から沖縄(那覇)への片道・往復の必要マイル数

航空会社片道往復
ANA7,000(L) 9,000(R) 10,500(H)14,000(L) 18,000(R) 21,000(H)
JAL7,50015,000
ユナイテッド航空(UA)8,00016,000
ブリティッシュエアウェイズ(BA)9,00018,000

※L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)
※JALのクラス J特典航空券は、普通席特典航空券の必要マイル数に、1区間・1名ごとに2,000マイルを追加したマイル数が必要です。

ANAは上記3つのシーズンによって必要となるマイル数が変わります。

いつからいつまでがどのシーズンかはANA公式サイトのシーズンチャートでわかります。

 

一番お得な航空会社はどこ?

東京から沖縄(那覇)、沖縄(那覇)から東京へ特典航空券で行くには

ローシーズンなら

ANA > JAL > ユナイテッド航空 > ブリティッシュエアウェイズ

レギュラーシーズンなら

JAL > ユナイテッド航空 > ANA > ブリティッシュエアウェイズ

ハイシーズンなら

JAL > ユナイテッド航空 > ブリティッシュエアウェイズ > ANA

がお得な順番になります。

ただし、上記の例はユナイテッド航空で搭乗の31日前までに予約した場合に限ります。

ユナイテッド航空は搭乗の30日前から必要マイル数が3,500マイルアップします。

ですから、搭乗の30日より前になると片道11,500マイル、往復19,500マイル必要になります。

ユナイテッド航空

 

レギュラーシーズンで、ブリティッシュエアウェイズよりANAの方がお得な理由は、ブリティッシュエアウェイズは特典航空券の発行手数料(片道410円、往復820円)がかかるからです。

【片道】

【往復】

 

東京⇔沖縄に必要なマイルを効率良く貯める方法

東京と沖縄を往復できる特典航空券に交換するにはユナイテッド航空で16,000マイル必要ですね。

この16,000マイル貯めるにはどのようにすればいいかを見てみましょう。

 

クレジットカード決済で貯める

クレジットカード決済で貯める場合におすすめのクレジットカードはMileagePlusセゾンカードです。

このクレジットカードのポイント還元率は1.5%ですので、16,000マイル貯めるには約107万円の決済が必要です。

年会費1,500円(税別)
ポイント還元率0.5%~1.5%
発行期間最短3営業日
付帯保険海外旅行傷害保険最高3,000万円
入会基準
18歳以上(高校生は除く)の方で電話連絡が可能な方

 

行き先が沖縄ばかりの場合は、このようにMileagePlusセゾンカードでユナイテッド航空のマイルを貯めればいいのですが、他の航空会社も利用したいという場合は、最初からspgアメックスで貯めるという方法も検討してみましょう。

spgアメックス

spgアメックスなら40社以上の航空会社と提携しているので、貯めたポイントで色々な航空会社のマイルに交換することができます。

ポイント還元率は1.25%ですが、ANAやJALマイルへの移行上限もなく、ポイントは実質無期限で貯めることができます。

spgアメックス
spgアメックスはポイントサイト経由で入会が一番お得なのか?@最新キャンペーン情報

spgアメックスは、どこから申し込めば一番お得なのかお探しでしょうか? 今回は、 「spgアメックスの一番お得な申し込み方法を知りたい」 「spgアメックスのメリットとデメリットを教えて」 「spgア ...

続きを見る

 

ポイントサイトで貯める

クレジットカード決済は高額な決済をしない限り短期間で大量のマイルを貯めることはできません。

一方、ポイントサイトを使ってポイントを貯めて、そのポイントをマイルに交換するという方法であれば、それほどお金を使わなくても短期間で大量のマイルを獲得することが可能です。

ポイントサイトは広告主から広告費をもらって運営しているサイトです。

ポイントサイトは利用者に広告費の一部をポイントとして還元する仕組みです。

ポイントサイトを通して広告を利用する会員が増えると、広告主も多くの会員の会員にサービスを提供することができるので、双方にとって無駄がないお得な循環ができるというわけです。

ポイントサイトの仕組み

ポイントサイトで貯めたポイントを交換できるのは、ANAまたはJALのマイルです。

東京⇔沖縄に必要なマイルは ANA14,000~21,000マイルJAL15,000マイル

ANAもJALもポイントを一番高いレートで交換できるポイントサイトは、モッピーです。

モッピーは、ANAマイルは86.3%、JALマイルは80%のレートで交換できます。

つまり、モッピーでANAマイルなら16,222~24,333ポイント JALマイルなら18,750ポイント貯めれば東京⇔沖縄の特典航空券に交換できるということになります。

※正確には交換ポイント数の単位の関係で上記の数字にはなりませんので目安として考えてください

 

高額報酬と言われるクレジットカード・FX口座開設・不動産投資関係のジャンルであれば、一撃で目標となるポイントを獲得できる案件もあります。

 

クレジットカード

クレジットカード

 

FX口座開設

FX

 

不動産投資関係

不動産投資セミナー

クレジットカードで貯めることと比較すれば、かなり短期間で大量のポイントを獲得できるのがイメージできるのではないでしょうか?

ポイントサイトを活用して効率よくマイルを貯める方法は下記の記事を参考にしてください。

ポイントサイトの選び方
10倍稼げるポイントサイトの選び方【ポイ活、陸マイラー必見】

ポイントサイトは100サイト以上あって、怪しいところから上場企業が運営している信頼性の高いところまで様々です。 とりあえず最初に目についたところで登録して、ポイントを貯め始めると後で後悔することになる ...

続きを見る

ポイントサイト
《常識》なぜマイルを効率良く貯めるならポイントサイトが絶対必要なのか?

飛ばずに貯める陸マイラーにとって、マイルを爆発的に貯めるためにポイントサイトの活用は必須です。 貯めたいマイルがANAかJALかで選ぶべきポイントサイトも変わります。 「ポイントサイトでマイルが貯まら ...

続きを見る

 

まとめ

東京から沖縄までの特典航空券に交換するマイルを貯めるには、クレジットカード決済+ポイントサイトがおすすめです。

家族がいる人は、家族で一緒にポイントサイトを使えば倍速でポイントが貯まります。

 

MileagePlusセゾンカードを申込む場合は、ポイントサイトを経由して申込めばポイントが貯まります。

ポイント獲得条件は、

カード発行後、翌月までに1万円利用

です。

MileagePlusセゾンカードが掲載されているポイントサイトは多いですが、最終的に貯めたポイントをマイルに交換するならマイルへの交換レートが高い「モッピー」経由がおすすめです。

モッピーは、陸マイラーなら必須のポイントサイトです。

>>> モッピーの無料登録はこちら

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-マイル・マイレージ

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める