ポイントサイト

【高校生・大学生向け】バイトしたくないけどお金が欲しい人の稼ぎ方

バイトしたくないけどお金が欲しい

この記事では、

「高校生でバイトしたくないけどお金が欲しい!」

「大学生でバイトしたくないけどお金が欲しい!」

「趣味にも遊びにもお金がかかるのでお金が欲しい、、、」

という学生のために、完全合法でお金を稼げる方法を紹介します。
バイトをせずに稼げる方法を身につけると、好きな時に自分のペースで稼げるようになるので自由度が高くなります。

 

バイトをしたくない理由

「バイトをしたくないけどお金が欲しい!」と聞くとただの怠け者と思ってしまいがちですが、実は色々な理由からバイトをしたくてもできない人がいるのも事実。

  • 自分の都合に合わせたい
  • 人と関わるのが苦手、対人恐怖症
  • 面接には何度も行ったが採用されない

このような理由で、バイトをしたくてもできないから別の方法でお金を稼ぎたい、という人にとっておすすめのお金の稼ぎ方を厳選しました。

Twitterを見ていても、バイトはしたくないけどお金が欲しいという人は結構いるようです。

 

高校生や大学生がバイト以外でお金を稼ぐ方法

1 ブログで稼ぐ

ブログを書くだけでもお金を稼ぐことができます。

といってもただ記事を書けばいいというわけではなく、ブログで商品やサービスの紹介をして広告を貼るのです。

その広告がクリックされたり、商品が購入されたりすると報酬が入ってくる、という仕組みです。

これをアフィリエイトと言います。

【アフィリエイトの仕組み】

アフィリエイトの仕組み

ブログに書く内容は何でもOK。

興味のある分野や得意な分野を書くのが続けやすいです。

アクセスがないと当然収入もないので、まずはアクセス数を上げなくてはいけません。

収入が得られるまで時間はかかりますが、好きな時間に好きな記事を書いて稼げるのでチャレンジしてみる価値はあります。

 

ブログで稼ぐメリット

好きな時間に取り組める

軌道に乗ると大きく稼げる

文章力が鍛えられる

一度完成すれば放置していてもお金が稼げる

 

ブログで稼ぐデメリット

収入が入るまで時間がかかる

本格的に始めるなら初期費用がかかる(サーバー費用など)

結果が出なくても根気よく続ける必要がある

 

2 特技を売って稼ぐ

特技を生かして稼ぐならココナラがおすすめ。

ココナラとは自分が持っている特技や知識、経験を売り買いできるフリーマーケットです。

ココナラ

イラスト作成、作曲、写真撮影、LINEスタンプ作成などのクリエイター系をはじめ、恋愛相談、スキンケア相談、愚痴の聞き相手などあらゆるサービスを販売できます。

おおまかなカテゴリを見ただけでもかなり多くのサービスが登録されています。

カテゴリ

例えば「イラスト・漫画・似顔絵」のカテゴリの「イラスト作成」の出品ページはこのような感じ。

イラスト作成

絵を描くのが得意なら「〇〇のイラスト描きます」という感じで自分のスキルに自由に値段をつけて出品します。

自分の持っている特技を生かして稼ぎたい人におすすめです。

 

ココナラのメリット

特技を生かして稼げる

金額を自由に設定して出品できる

匿名でもやり取りできる

決済はココナラが仲介してくれるので安心

 

ココナラのデメリット

人気がなければ仕事がこない

手数料がかなり高い(最大25%)

人気のカテゴリはライバルが多い

>>> ココナラの詳細はこちら

 

3 在宅ワークで稼ぐ

自宅にいながら仕事をするのが在宅ワークです。

在宅ワークといえばクラウドソーシングです。

クラウドワークスなどのクラウドソーシングのサイトに登録して、サイト内に掲載されている案件から自分に出来そうなお仕事を探して参加します。

クラウドワークス

仕事内容はデータ入力、データ収集、ブログ記事作成などのパソコン初心者でも出来る仕事から、プログラミングやWEB開発などのスキルが求められる仕事まで様々な案件が募集されています。

ただクラウドワークスは年齢制限の問題があるので、高校生には難しいです。

【共通】未成年(20歳未満)の利用について

クラウドワークスは18歳未満の未成年はご利用いただけません
また、18歳以上の未成年の方は、ご利用にあたり別途保護者の方の同意が必要になります。

本人確認が必要ない仕事内容であれば年齢を偽って受注できそうではありますが、登録内容がウソだとわかれば、本来もらえるはずの報酬がもらえなくなる可能性があるのでおすすめできません。

18歳になってから保護者の同意を得て始めるようにしましょう。

 

クラウドワークスのメリット

自宅で好きな時間にできる

好きな仕事を選べる

無料で始められる

 

クラウドワークスのデメリット

手数料が高い(最大20%)

スキル不要の案件はあまり稼げない

 

4 不用品を売って稼ぐ

自宅にある不用品をヤフオクやメルカリで売って稼ぐ方法です。

読まない本や長く着ていない服はありませんか?

「使わないけど捨てるのは勿体ない」と思うものは売ってお金にしましょう。

リサイクルショップでは断られたものでも、オークションやフリマアプリで出品すれば売れる可能性があります。

ただ不用品だけの出品ですと、いつかは売るものがなくなってしまいます。

出品のやり取りに慣れてきたら、リサイクルショップなどで安く仕入れて転売して稼いでみるのもいいかもしれません。

 

不用品を売って稼ぐメリット

捨てるものをお金に変えられる

スキル不要で誰でも簡単にできる

身の周りをスッキリ片づけられる

好きな時間に出品作業をできる

 

不用品を売って稼ぐデメリット

利用手数料がかかる

不用品がなくなったら稼げない

売れるまで商品を保管しておかないといけない

 

5 インフルエンサーで稼ぐ

最近は、インターネットを利用して若くてもインフルエンサーとして稼ぐ人が増えてきました。

高校生でも月に100万円以上稼ぐ人もチラホラいるようで驚きです。

その代表的な人が、キメラゴンさんです。

当時、中学2年生だったキメラゴンさんが目を付けたのがインフルエンサーとなって情報発信で稼ぐこと。

そんなキメラゴンさんが稼ぐためのノウハウをまとめた教材が「インフルエンサークエスト」です。

教材を買わないまでも下記の販売ページで見られる動画は無料なので絶対に見ておくべきです。

>>> インフルエンサークエストの無料講義を見てみる

 

インフルエンサーで稼ぐメリット

一般人では出会えないような人に出会える

大きな影響力を持てる

大きな金額を稼げる

 

インフルエンサーで稼ぐデメリット

稼げるようになるまでに時間がかかる

プライベートに影響が出る

アンチのコメントなどで精神的にダメージを受ける

 

6 アンケートサイトで稼ぐ

アンケートサイトに登録してアンケートに回答することで報酬をもらうことができます。

アンケートサイトはスマホやパソコンから無料で登録できます。

アンケートサイトの中でも初心者におすすめで人気なのがマクロミルです。

マクロミル

マクロミルはアンケートに回答するとポイントが貯まり、500円から1ポイント=1円として現金や各種ポイントサービスに交換できます。

マクロミル

マクロミルには「事前アンケート」「本アンケート」の2種類があり、事前アンケートは質問数が少なくて1件2~5円相当

本アンケートは事前アンケートでの回答内容に応じて配信されます。

本アンケートは質問数が多くて時間がかかりますが、回答すると20~100ポイント以上がもらえます。

郵送調査や会場調査などに参加できることもあり、当選すれば500円~1万円以上もらえることも。ただ当選率は低いです。

本アンケートはたまにしか配信されませんが、事前アンケートは配信数が多いので、どちらもこまめに回答していれば月1,500円くらい稼げます。

 

マクロミルで稼ぐメリット

6歳から利用できるので高校生や大学生でも登録可能
ただし、未成年の場合は親の同意が必要

いつでもどこでもスキマ時間に回答できる

アンケートの配信数が多い

 

マクロミルで稼ぐデメリット

本アンケートは締め切りが早い

郵送調査や会場調査はなかなか当選しない

アンケートによっては時間がかかる

>>> マクロミルの無料登録はこちらから

 

7 ポイントサイトで稼ぐ

ポイントサイト

ポイントサイトに登録してミニゲーム・アンケート回答・クレジットカード発行・ネットショッピング・各種サービスを利用するとポイントが貯まり、現金やマイル、各種ポイントサービスに交換することができます。

ポイントサイトというのは、様々な企業の広告が集まったサイトです。

企業はポイントサイトに広告費を払って広告を掲載してもらいます。

ポイントサイト登録者(あなた)がその広告をクリックして商品を買ったりサービスを利用すると、企業に利益が入ります。

ポイントサイトは広告費を確保した上でポイントサイト利用者にポイントを還元するのです。

【ポイントサイトの仕組み】ポイントサイトの仕組み

 

多くのポイントサイトが、12歳以上であれば登録できます

おすすめは、モッピーハピタスです。

モッピーは12歳以上、ハピタスは13歳以上であれば登録できます。

未成年の場合は親の同意が必要です。

高校生ならポイントサイトのクレジットカード発行やFXの口座開設は出来ませんので、未成年でも利用できる案件で稼ぎましょう。

高校生向けの案件は、

  • ネットショッピング
  • ゲーム
  • アンケート
  • アプリダウンロード

などです。

特に利用してほしいのはネットショッピングです。

最近は高校生でもスマホを使ってネットショッピングをしている人が多いのではないでしょうか。

ネットショッピングをする時はポイントサイトを経由してからいつものお買い物をするだけで、ポイントサイトのポイントとネットショップのポイントを2重取りできるのです。

モッピーならモッピー経由でYahoo!ショッピングや楽天市場に飛んでお買い物をすると1%のポイントが貯まります。

ショッピング

ネットショッピングはポイントサイト経由で利用しないと損です。

 

モッピーは無料で遊べるゲームが充実しているのも特徴です。

モッピー ゲーム

少しずつしかポイントは貯まりませんが、暇な時間に遊びながら毎日コツコツとポイントを貯めたい学生さんにオススメです。

 

無料アプリのダウンロード案件も高校生でも稼ぎやすいです。

アプリ

モッピー経由で指定のアプリをダウンロードするだけです。

獲得できるポイントは数ポイント~200ポイントとアプリによって様々です。

ポイント獲得条件はインストールして起動するだけでOKなものもあれば、ゲームを進めてミッションをクリアする必要があるものもあるので、ダウンロードする前に条件を確認しましょう。

 

大学生になると上記の案件に加えて、クレジットカード発行FX無料相談などの利用できる案件の幅が広がりますので、さらに大きくポイントを稼ぐことができます。

>>> 【完全無料】ポイントサイトで稼ぐコツ

ポイントサイトで稼ぐメリット

スキマ時間を使って稼げる

知識やスキルは一切不要

登録から利用まで全て無料

 

ポイントサイトで稼ぐデメリット

一度に大きくは稼げない

中には悪質なサイトもあるので注意が必要

メールが多く届く

 

【やっぱりバイトで稼ぐ】

「バイトそのものが嫌なのではなく、自分の好きな時間に働けるならOK」

そんな人には、ちょっとした空き時間で単発バイトに応募できる「タイミー」がおすすめです。

タイミー

面接や履歴書も不要で、急に時間が空いた当日でも働くことができます。

勤務時間も3~6時間なので、時間を持て余してやることがないという時に少しだけ働けます。

タイミーのメリット

面接や登録会なしですぐ働ける

仕事が終わったらすぐにお金がもらえる

好きな場所・職種・時間で働ける

過去にその店舗で働いた人のレビューを見られる

 

タイミーのデメリット

対応エリアが限られる
関東(東京、千葉、神奈川、埼玉)、東海(名古屋)、関西(大阪、京都、兵庫)、九州(福岡)

年齢制限がある(18歳以上で高校生不可)

キャンセルなどでペナルティポイントが貯まると利用停止になる

職種が偏っている


App Storeからダウンロード

Google Playから手に入れよう

 

バイトせずにお金を稼ぐ方法を聞いてみた

「バイトをせずにお金を稼ぐ方法」と聞いて、世間の大人たちはどのような方法を知っているのか、おすすめなのかを調査しました。

回答をしてくれたのは、20~60代の男女100人です。

 

バイトせずにお金を稼ぐ方法は、どのようなものがありますか? 合法でMLM以外のものでお願いします。

回答

回答として最も多かったのは、「アンケートサイト」でした。

ポイントサイトの中にはアンケートに回答するとポイントがもらえるものもあり、実質的にアンケートサイトの機能も兼ね備えているので、色々登録するのが面倒だと思うならポイントサイトだけというのもいいでしょうね。

稼げる金額で比較した場合は、アンケートサイトよりポイントサイトの方が稼げます

アンケートサイトは、月に数千円~数万円を稼ぐことはできますが、それ以上稼ぎたいとなるとあまり現実的ではありません。

一方、ポイントサイトはやり方次第で月に数十万円~100万円以上を稼ぐことも可能です。

>>> ハピタスの無料登録はこちらから

>>> モッピーの無料登録はこちらから

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-ポイントサイト

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める