ポイントサイト

Gポイント新規登録キャンペーン@ANAマイルの貯め方と評判・口コミ

Gポイント

GポイントはKDDIグループのジー・プラン株式会社が運営するポイントサイトです。

2001年からスタートし、会員数は400万人を突破している大手ポイントサイトですので安心して利用することができます。

Gポイント内でもショッピングやクレジットカード発行、ゲームなどでポイントを貯めることができ、ポイント交換先は120種類以上で業界最大級です。

【人気のポイント交換先】ポイント交換先

さらにGポイントは、他のポイントサイトなどのポイントをまとめることができるので、他サイトで使い道がなかったポイントでもGポイントに集約することでポイントを有効活用することができます。

また、ソラチカルート(LINEルート)でANAマイルを交換する時にも経由する必要があるので、効率よくANAマイルを貯めたい陸マイラーにとっては、必須のポイントサイトと言えます。

どのように活用すればポイントがザクザク貯まるのか、どのようにポイントを交換すればお得なのかを徹底解説いたします。

Gポイントの登録は、当サイトから登録!激得な招待ポイントがもらえるキャンペーン中

Gポイントは当サイトからの入会でポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

当サイトから無料登録すると、もれなく50ポイント(50円相当)がプレゼントされます。

なお以下に当てはまる場合はポイント付与対象外となりますので、ご注意下さい。

・既にGポイントに入会している場合
・当サイト以外から入会手続きをした場合
・入会手続き後、電話認証を完了していない場合
・不正があるとみなされた場合

>>> Gポイントの無料登録はこちらから

ポイントのポイントの貯め方

Gポイントで効率よくポイントを貯める方法を解説いたします。

まずはGポイントについて見てみましょう。

ポイント交換レート1G=1円
最低交換ポイント1G
交換ポイント限度額1日あたり100,000ポイント
交換手数料必要(交換手数料還元サービスあり)
ポイント有効期限最後にGポイントを交換、取得もしくは利用した日より12ヶ月

ポイントを大量に獲得する3つの方法

クレジットカード発行で貯める

クレジットカード発行は、クレジットカードを一枚発行するだけでも大量のポイントがもらえます。

Gポイント内の「高還元サービス」を見てみると一番多いのがクレジットカード案件です。

Gポイントスタッフもイチオシという大量ポイントがゲットできる案件一覧ではクレジットカードがずらりと並んでいます。

多いもので20,000G以上ものポイントが獲得できる案件もあります。

専門的な知識は不要で、時間をかけずにGポイントが大量に獲得できます。

発行方法は簡単です。まずは「クレジットカード」のカテゴリ、もしくは検索枠にカード名を入力して目当てのクレジットカードを見つけます。

例えば楽天カードの場合なら、Gポイント経由での発行で1,000Gがもらえます。

楽天カード

上の画面を表示して「ポイントを貯める」ボタンをクリックすると、公式サイトに飛ぶのでそのまま申し込み手続きをするだけです。

楽天カードの場合、Gポイントで獲得できるポイントとは別に、楽天カードの入会特典のポイント(現在は5,000ポイント)も獲得できますので、Gポイントを経由することでポイントの2重取りができることになるのです。

クレジットカードを発行するならGポイントを経由しないと損です。

FX口座開設で貯める

FX口座の開設もクレジットカードと並ぶ高額ポイント案件で、10,000ポイントくらいの案件も見つかります。

ただしクレジットカードと比べるとある程度の知識が必要なのと、多少のリスクも伴います。

FX口座開設は口座開設だけでポイントが獲得できる案件もあれば、一定額以上の取引をしなければならない案件もあるので、申し込む際には必ず条件を確認しましょう。

不動産関係の面談で貯める

不動産関係の案件には、住まいの相談会への参加、不動産投資の資料請求と面談などがあります。

中には35,000Gが獲得できる案件もあり、かなりポイントが高いです。

しかし面談は獲得条件が細かく、手間と時間がかかります。
以下は申込者の条件の一例です。

不動産関係の面談 条件の例

条件をクリアできそうであれば試してみる価値はあります。

その他のポイントの貯め方

ショッピングで貯める

Gポイント経由でネットショッピングサイトに飛んでから、いつも通りお買い物をすることでポイントを貯める方法です。

ラインナップは楽天市場、Yahoo!ショッピング、ロハコ、メルカリなど定番ショップが揃っています。楽天市場やYahoo!ショッピングは購入金額の0.5%のGポイントが後日獲得できます。

ショッピングで貯める

クレジットカード決済をすればクレジットカードのポイントも貯まるので、いつものネット通販をGポイント経由で利用するだけで、

・通販サイトのポイント
・クレジットカードのポイント
・Gポイント

ポイント3重取りができます。ネット通販で買い物をする前に必ずGポイントを経由しましょう。

旅行で貯める

Gポイントを経由して楽天トラベル、じゃらん、JTBなどの旅行サイトで、宿泊予約やツアー予約、航空券の購入をするとGポイントが貯まります。

各旅行サイトのポイントも貯まるので、一度の旅行でGポイントと旅行サイトのポイント2重取りができます。

旅行で貯める

Gポイントをマイルに交換

LINEルートで必須となるGポイント

Gポイントは他のポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するために必須のポイントサイトです。

とはいっても、Gポイントから直接ANAマイルに交換すると、30G=10マイルと交換率が低いので、直接交換すると損してしまいます。

 

GポイントをANAマイルに高レートで交換するためには「LINEルート」と呼ばれる交換方法を使います。

LINEルート

「Gポイント」→「LINEポイント」→「メトロポイント(ソラチカカード)」→「ANAマイル」のルートです。

LINEポイントとメトロポイントを経由することで、最終的に81%の交換率でANAマイルに交換できるのです。

このLINEルートは他のポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する際にも使うことができ、Gポイントは必ず中継する必要があるのです。

例えばハピタス、ちょびリッチ、モッピーなどのポイントサイトからANAマイルまでのルートは下の図のようになります。

ポイントサイトからANAマイルまでのルート

手間と時間はかかりますが、0.81倍という高い交換率でANAマイルに交換できるので、貯めたポイントを無駄なく使うためには必須のルートなのです。

最初は戸惑うかもしれませんが、一度交換すれば慣れるので難しくはありません。

GポイントからLINEポイントへ交換する際の注意点

LINEルートを使う際、GポイントからLINEポイントへの交換時に5%の手数料がかかってしまいます。

しかしこの手数料は、手数料還元サービスを使うことで、手数料を返還してもらうことができます。

ポイント交換手数料還元の仕組み

手数料を無料にするための条件は、ポイント交換申請の前月1日~交換申請月の4か月後末日までに、ポイント交換手数料還元対象サービスを利用することです。

対象サービスには、Gポイント経由でのネット通販(楽天市場やYahoo!ショッピング)などが含まれているので、条件クリアは難しいものではありません。

対象サービスは下の図のように「交換手数料還元」の項目に○がついています。

ポイント交換手数料還元対象サービス

交換手続きをした後は対象サービスを利用するのを忘れないようにしましょう。

また、手数料が返ってくるとはいえ、交換するポイントよりも一時的に手数料分のGポイントも必要になるので注意が必要です。

各交換ポイントの準備

Gポイントで貯めたポイントをLINEルートを使ってANAマイルに移行するためには、Gポイントの登録に加えて下記の準備が必要です。

  1. LINEのアカウント
  2. ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  3. ANAマイレージクラブの登録

LINEの登録

スマホユーザーであれば、既にLINEアプリがインストールされている方が多いと思います。

もしLINEアプリが入っていない場合は、LINEの会員登録をしてください。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の発行

LINEルートはメトロポイントを経由するので、その上で欠かせないのがソラチカカードです。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

ソラチカカードは陸マイラーの必須アイテムですので、早めに発行しておきましょう。

ソラチカカードは現在Gポイントの広告に掲載されていませんが、モッピーちょびリッチのクレジットカード案件には掲載されています。

クレジットカード案件ということで、獲得できるポイントは高額なので、新規発行する場合はぜひポイントサイト経由で申し込みたいところです。

ソラチカカードを一番お得に発行する方法は、下記の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

ソラチカカード
【発表します】ANAソラマチカード@入会キャンペーンはどこが一番ポイントが多い?

「ANAソラマチカードのキャンペーン情報をお探しですか?」 「ソラマチカードでポイントやマイルをザクザク貯まる情報をお探しですか?」   ”ソラマチカード” と 覚えてしまっている人もいるよ ...

続きを見る

ANAマイレージクラブの登録

ソラチカカードの記事でも解説していますが、ソラチカカードを発行するなら公式サイトよりも「マイ友プログラム」からポイントサイト経由が一番お得です。

>>> マイ友プログラムの無料登録はこちらから

上記の「登録用ページ」で、下記の情報を入力して下さい。

紹介者氏名:ナカガワ シンスケ
紹介者番号:00015881

登録完了後はそのままソラチカカードを申し込むこともできますが、申し込まずに一旦ページを閉じ、ポイントサイトを経由してから申し込みましょう。

なぜソラチカカードを持つべきなのか?

メトロポイントからANAマイルへの交換は、ソラチカカード以外のTo Me CARDでも交換が可能です。

ではなぜソラチカカードを使って交換するのか?

それは、ソラチカカード会員に限り、0.9倍という高い交換レートで交換できるからです。

それに対して他のTo Me CARDの交換レートは0.6倍です。

例えば1,000ポイントを交換する場合、ソラチカカード以外のカードは600マイル(還元率0.6%)ですが、ソラチカカードなら900マイル(還元率0.9%)になります。

還元率はソラチカカードの方が圧倒的に有利です。

ソラチカカードは初年度年会費無料で、2年目以降は2,000円(税別)がかかります。

「クレジットカードの年会費にお金をかけたくない」という方もいらっしゃると思いますが、ソラチカカードは入会ボーナスとして1,000マイル毎年カード継続時にも1,000マイルが付与されます。

1マイルの価値を2円として換算すると2,000円分になりますので、年会費は実質無料と言えるのです。

ANAマイルに交換できるまでにかかる日数

それぞれのポイントを交換申請してから交換完了するまでに下記の日数がかかります。

Gポイント→LINEポイント:2~3日

LINEポイント→メトロポイント:翌月11日頃(毎月15日締め)

メトロポイント→ANAマイル:1~2ヶ月

GポイントがANAマイルに交換できるまで合計で2~3ヶ月かかることになります。締め日があるLINEポイントは締め日を過ぎてしまうと、1ヵ月以上交換が先になってしまうので注意。
ポイントの交換申請は余裕をもって行いましょう。

このルートは4回も交換作業をしないといけない上に日数もかかるので、正直面倒だと思います。
しかし0.81倍という高いレートで交換できるので、貯めたポイントを無駄なく使いたいならおすすめの交換方法です。

Gポイントのメリットとデメリット

Gポイントのメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

・ポイント交換先が豊富なので、ポイントの使い道に困らない

・他のポイントを合算でき、ANAマイルへ交換するには必須

・宿泊やツアー予約に強いGポイントトラベルがある

デメリット

・手数料還元サービスはあるが、一時的にポイント交換手数料がかかる

まとめ

Gポイントはポイントが貯まるサイトでもありますが、他のサイトで貯めたポイントを合算するサイトとして使えます。

各種ポイントをANAマイルへ移行する場合には必ず中継地点として通るポイントサイトですので、陸マイラーならGポイントの登録は欠かせません。

LINEルートを使ってGポイントからANAマイルに交換するのは手間がかかるので、交換手続きは余裕を持って行いましょう。

>>> Gポイントの無料登録はこちらから

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-ポイントサイト

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める