ポイントサイト

【モッピーとハピタス】比較でわかる稼げるポイントサイトの選び方

ポイントサイト比較

数あるポイントサイトの中でも有名な「モッピー」「ハピタス」

マイラーやポイ活ブログでもこれらのポイントサイトが紹介されることは多いです。

無料で登録できるので特に両方を利用するデメリットはありませんが、あえてどちらか1つだけ選ぶとすれば「モッピー」です。

これは、貯めたポイントを最終的にどのように使うかによって変わるので、絶対に正しい答えはありません。

ちなみに、私はそれぞれの長所を生かしながら両方使っています。

今回は、「モッピー」と「ハピタス」どちらにしようか迷った時の参考になる内容を解説します。

 

モッピーとハピタスを比較

まずは、色々な角度からモッピーとハピタスを比較してみましょう。

モッピーハピタス
会員数約800万人約310万人
登録可能年齢12歳以上13歳以上
会員ランク制度なしあり
モニター案件なしあり
ポイント保証制度なしあり
交換手数料一部ありなし
JALマイルへの交換レート90%50%
ANAマイルへの交換レート86.3%75%
ポイント交換先の数
ポイント交換上限なしあり
会社の信頼度
友達紹介

 

会員数

モッピー:約800万人

ハピタス:約310万人

モッピーはポイントサイトの中では最も会員数が多いポイントサイトです。

会員の満足度も高いので初心者から上級者まで人気があるポイントサイトになっています。

 

登録可能年齢

モッピー:12歳以上

ハピタス:13歳以上

モッピーの方が1歳低いですが、どちらのサイトも年齢制限は低く設定されていますので、中学生でも利用することができます。

 

会員ランク制度

モッピー:なし

ハピタス:あり

ハピタスには会員ランク制度があり、ハピタスを利用するほどランクが上がり、ポイントも貯まりやすくなります。

会員ランクは「一般」「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」の4つで、各ランクの達成条件は以下です。

ゴールド
ゴールド
過去6ヶ月に広告利用有効20回以上、または獲得ポイントが10,000pt以上
シルバー
シルバー
過去6ヶ月に広告利用有効5回以上、または獲得ポイントが2,500pt以上
ブロンズ
ブロンズ
過去6ヶ月に広告利用有効1回以上、または獲得ポイントが1pt以上
一般
一般
登録直後は一般会員からスタート

 

上記の条件を達成すると、前月に獲得したポイントに対して、ランクに応じた還元率で会員ランクボーナスがプレゼントされます。

会員ランクボーナス

ゴールド会員になると、前月獲得分の2%が還元されるのは大きいですね。

例えば1,000ポイント獲得すれば、翌月20ポイント貰えることになります。

 

モニター案件

モッピー:なし

ハピタス:あり

モニターとは対象のお店で飲食をしたり指定の商品を購入して、アンケートに回答することでポイントがもらえる、という案件です。

モニター案件は多くのポイントサイトにあるのですが、モッピーにはありません。

ハピタスには「店舗モニター」「通販モニター」の2種類があります。

 

店舗モニター

指定された店舗で飲食したりサービスを利用したりして、レシートやレポートを提出するモニターです。

支払金額の一部がポイントで還元されます。中には100%還元のお店もあります。

店舗モニター

 

通販モニター

通販サイトで指定された商品を購入して、レシート提出やアンケート回答をするモニターです。

支払金額の一部がポイントで還元されます。タイミングが良ければ100%還元の商品もあります。

通販モニター

 

どちらも100%還元のモニターに参加できれば、実質無料で飲食したり商品を購入できるということになります。

 

ポイント保証制度

モッピー:なし

ハピタス:あり

ポイントサイトの中には、広告を経由してサービスを利用したのにポイントが付与されなかった場合にポイントを保証する制度を導入している所があります。

モッピーにはこの保証制度がありません。

ただ、お問い合わせ窓口はあるので、ポイント付与に関する問題があれば問い合わせることはできます。

 

ハピタスには「お買い物あんしん保証」があります。

お買い物あんしん保証には、

「通帳記帳保証」 ハピタスを経由したのにポイントが反映されなかった場合にポイントを付与

「判定期間保証」 判定期間を過ぎたのに判定中のままになっている場合にポイントを付与

の2種類の保証があります。

「ハピタスの広告を利用したのにポイントが付与されない…」という場合でも安心です。

 

交換手数料

モッピー:0円~165円

現金に交換する場合は、31円~165円の交換手数料がかかります。

現金以外の交換先は全て手数料無料です。

 

ハピタス:全て0円

ハピタスのポイント交換先は、現金も含めて全て交換手数料無料です。

 

JALマイルへの交換レート

モッピー:ドリームキャンペーンでJALマイルの交換レートは80%

ドリームキャンペーン

スカイボーナス

 

ハピタス:50%

期間限定で交換レートがアップするキャンペーンを実施した実績があります。

例:先着100名限定 交換レート92%

 

ANAマイルへの交換レート

モッピー:エクスプレスキャンペーンでANAマイルへの交換レートは86.3%

エクスプレスキャンペーン

 

ハピタス:75%

期間限定で交換レートがアップするキャンペーンを実施した実績があります。

例:交換レート93.7%

 

モッピーもハピタスもANAマイルに直接交換するのではなく、ドットマネーを経由してTOKYUルートを利用することになります。

TOKYU POINTから75%の交換レートでANAマイルに交換するには、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必要です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

私は、ポイントサイト経由でANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを発行しましたが、現在は自己アフィリエイトもポイントサイトも対象外になっています。

 

ANAカードが初めての人は、マイ友プログラムに登録してから公式サイトから申込みをしましょう。

 

ポイント交換先の数

現金以外の交換先は、

モッピー:26

ハピタス:19

です。

Pontaポイント、WAONポイント、LINEポイントTポイントPayPayMarriott Bonvoy ポイントなどはモッピーにあって、ハピタスにはない交換先です。

特にMarriott Bonvoy ポイントに関しては、モッピー独占の交換先なので他のポイントサイトでは交換できません。

個人的にはPayPayの利便性が高すぎて、かなり頻繁に利用する交換先になっています。

主に食事の支払いで利用することが多いですが、PayPayモールで自転車をゲットしたこともあります。

 

ポイント交換上限

モッピー:なし

基本的には上限はありませんが、交換先によって条件が異なります。

 

ハピタス:月3万ポイント

ハピタスで最大のネックと言えるのが、この月3万ポイントという上限です。

ハピタスで月3万ポイント以上稼ぐ陸マイラーにとってはハピタスを利用する価値はかなり低いと言えます。

 

この月3万ポイントの上限をクリアする手段として、Pollet(ポレット)があります。

Pollet(ポレット)なら他交換先への限度額とは別に、月300,000ポイントまで交換できます

さらに、0.5%増量されます。

 

ポレットに貯まったポイントは、Pollet Visa PrepaidにチャージしてVisa加盟店で支払いに利用できます。

Pollet Visa Prepaid

ポレットへの交換申請には、アプリのダウンロードが必要です。

Pollet


App Store

Google Play

 

会社の信頼度

モッピー:東証一部上場企業の株式会社セレスが運営

モッピーを運営しているのは、東証一部上場企業の株式会社セレスです。

株式市場の中で最も上場するのに厳しい条件が定められている東証一部に上場しているので、安心感と信頼度は非常に高いと言えます。

また、2005年の創業当時から運営している老舗で、会員数は800万人以上とポイントサイトの中では最も会員数が多いです。

他のポイントサイトと比べても信頼できるサイトと言えます。

 

ハピタス:株式会社オズビジョンが運営

ハピタスを運営しているのは、株式会社オズビジョンという会社です。

2006年に設立した会社で、設立以来長くポイントサイトを運営している企業ですので、モッピーほどではありませんが信頼度は高いです。

 

友達紹介

モッピー:特単あり、ダウン報酬最大10%

紹介人数が増えると紹介ボーナスの単価を上げてくれます。

これがいわゆる『特単(特別単価)』というものです。

 

ハピタス:特単なし、ダウン報酬最大40%

紹介人数が増えても特単はありません。

累計紹介人数によってダウン報酬が上がる制度はあります。

紹介人数紹介報酬率
1人10%
5人15%
10人20%
50人25%
100人30%
500人35%
1000人40%

40%のダウン報酬はかなり強烈です。

ポイントサイトの中では最高水準と言えるダウン報酬です。

 

ダウン報酬が高いポイントサイトとしては、他にポイントタウンがあります。

ポイントタウンは最大50%のダウン報酬ということなので、ポイントタウンの方が稼ぎやすいと思いがちですが、実は落とし穴があります。

ポイントタウンの場合は、クレジットカードやFXなどの高額報酬案件に関しては、ダウン報酬が最大10%なのです。

一方、ハピタスはダウン報酬の対象外案件が存在しません

高額報酬案件でもダウン報酬がもらえるのでポイントがザクザク貯まります。

 

まとめ

ハピタスは期間限定のキャンペーン企画でモッピーを上回るマイル交換レートが設定されていたことがあるので、タイミング次第ではハピタスの方がモッピーよりお得な場合があります

 

ハピタスをメインのポイントサイトとして利用した方が良い人は、

  • ポイントをマイルに交換しない
  • 月間上限交換ポイントが33万ポイント以下
  • モニター案件を利用する
  • 友達紹介を多くできる

です。

上記以外の人は、モッピーがおすすめです。

効率を重視する場合は、目的によって使い分けた方が良いのでこだわりがない場合は両方とも登録しておきましょう。

>>> ハピタスの無料登録はこちら

>>> モッピーの無料登録はこちら

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-ポイントサイト

© 2021 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める