未分類

【対処法】PayPay加盟店の審査に落ちたらどうすればいい?(体験談)

PayPay加盟店

PayPay加盟店の審査に落ちました。。。

今回は、

  • PayPay加盟店の審査に落ちた体験談
  • PayPay加盟店の審査に落ちた場合の対処法
  • PayPay加盟店はポイントサイト経由がお得
  • PayPay残高をザクザク貯める裏技

について解説します。

PayPay加盟店の申込みをこれからしようと考えている人、PayPay加盟店の審査に落ちてしまった人は、是非参考にしてください。

一度PayPay加盟店の審査に落ちた私がどのようにして再審査に通ったのかを公開します。

 

PayPay加盟店の審査に落ちた体験談

実際にPayPay加盟店になっている知り合いから2年ほど前にPayPay加盟店の話しは聞いていました。

しかし、当時は私自身がPayPayを使っていなかったのとこれほど加盟店が増えて便利な状況ではありませんでしたので全く興味がなくスルーしていました。

最近、PayPayを使い始めてその便利さを自分自身で実感したことと、自社の決済に取り入れてみようかと思ったことがPayPay加盟店に申込みをした理由です。

 

PayPay加盟店の申込みは、WEB申込み電話での申込みの2種類の申込み方法があります。

私はWEB申込みをしたのですが、

【PayPay】お申し込みありがとうございました

のメールが届いた30分後には、

【PayPay】審査結果のご連絡

のメールが届きました。

 

審査結果は約2営業日と思っていたので、やけに審査が早いなと思いました。

しかし、結果は・・・

審査落ち【T__T】

 

書かれている内容を見ると、審査に落ちた理由も開示できないとのこと。

つまり、問い合わせをしても無駄だという風に私は理解しました。

もう諦めるしかないのか?

 

PayPay加盟店の審査に落ちた場合の対処法

PayPay加盟店の審査に落ちてそのままにしていたのですが、審査に落ちて数日経ってからPayPayから電話がかかってきました

後から知ったのですが、PayPayの加盟店登録のフォームに記載されている電話番号に電話をすると対応してくれるそうです。

 

審査に落ちた原因が判明

PayPayからかかってきた電話でオペレーターから最初に質問されたのが、申込み時の販売形態が「通信販売」になっているが、間違いないかということでした。

 

「通信販売」は対面決済ではないのでPayPayの導入できない。

とのこと。

 

販売形態はプルダウンメニューから選択するのですが、自社の販売形態がよくわからずに適当に「通信販売」を選択して審査に落ちる人が多いのだとか。

正直に告白すると、実は私もそうでした(;゚Д゚)

言われてみるとPayPayは店舗でバーコードを読み取るか、QRコードをスキャンして支払う決済システムなので、通信販売はNGだというのがわかります。

それなら最初から記載するか、選択メニューの中に入れなければ良いのにと思うのは私だけでしょうか、、、

 

その後は、オペレーターが電話で再登録手続きをしてくれるとのことだったので、質問に答える形で進めてもらいました。

質問内容は、

  • メールアドレス
  • 担当者の本人確認書類(免許証)
  • 法人番号
  • 金融機関情報(ゆうちょ銀行以外)
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 法人の住所
  • 電話番号
  • 屋号名

などでした。

本人確認書類については、スマホで免許証の写真を取ってWEBから送信しました。

法人番号は手元に情報がありませんでしたが、PayPay側でオペレーターが調べてくれました。

店舗の場合は、実際の店舗の外観や室内の写真を送る必要があります。

カルチャースクールで自社店舗ではなくセミナー会場などが主な開催場所の場合は、その写真が必要です。

このような場合、販売形態は「移動販売」での登録になるそうです。

 

WEBからの申込みは写真の送信が必須ですが、手元に写真がないことと具体的にどのようなことをしているかをオペレーターに伝えると、とりあえずナシでOKとのこと。

もし後日、審査部から提出の要請があった場合は対応をお願いします、と言われました。

 

その後、入金サイクルの説明があり、口座情報の登録をして再申込みが完了しました。

最後に今後の流れと加盟店紹介キャンペーン内容の説明があり、終了しました。

審査は、1週間から10日で審査完了するようです。

・追加資料の提出が必要な場合はメールまたは電話で連絡がある

・追加審査の場合は3週間ほどかかる場合がある

 

最初から電話で申込みをすれば良かったのでは?と思う人もいるかも知れませんが、実はそうもいかない事情があったのです。

それは、この後で説明します。

 

PayPay加盟店はポイントサイト経由がお得

私はポイントサイトのハピタス経由でPayPay加盟店の申込みをしました

ハピタス

これが私が電話申込みではなくWEBから申込みをした理由です。

どうせ申込むならポイントサイト経由で申込みをした方が絶対にお得だからです。

ハピタス

ポイント獲得条件は、「PayPay加盟店WEB申込完了(本登録完了必須)」です。

 

ちなみに、他のポイントサイトでの報酬は以下です。

モッピー6,000円
ちょびリッチ6,000円
ポイントインカム2,000円

WEBからの申込みにかかる時間は10分程度なのでお小遣い稼ぎとしてはかなり効率が良いでしょう。

 

問題はWEBから申込みをしても審査に落ちた場合は、ポイントが獲得できないということです!

もちろん法人を複数持っている場合は、別法人で違うポイントサイトから申込みをして審査に通ればポイントは獲得できます。

気になったので以下の場合、どのようになるかを某ポイントサイトの担当者に確認しました。

・「PayPay」加盟店申込の広告をWEBから申込みをして審査に落ちて、電話で導入サポートを受けて審査に通った場合

・他社ポイントサイト経由でもう一度申込んだ場合

回答は、どちらもポイント対象外になる、とのことでした【T__T】

まだPayPay加盟店の申込みをしていない人は、この記事を参考に審査に落ちない対策をした上でポイントサイト経由で申込みをしましょう。

 

PayPay残高をザクザク貯める裏技

今や加盟店数300万ヶ所、登録者3,800万人を突破した日本一使いやすいQRコード決済がPayPayです。

店舗にPayPayの決済を導入することで以下のようなメリットがあります。

  • 0円で始められる
  • 簡単に導入できる
  • 集客力アップ
  • 店舗専用クーポンを発行しPayaPyaアプリ上で配信できる
  • 店舗側はQRコードを置くだけ
  • お客さんがQRコードを読み取るので会計の時間を大幅に短縮できる
  • お金に触れることなく会計ができるので感染症対策もバッチリ
  • お釣りを間違える心配が不要

 

PayaPay加盟店に申込みをする店舗オーナーであれば、すでにPayPayの利便性の高さは使う側として実感していることでしょう。

ここでは、加盟店側ではなくユーザー側としてPayPayを利用する時に知っておきたいお得な裏技を紹介します。

 

PayPay残高を無料で入手すれば、PayPayを導入しているお店でタダでサービスを受けたり、商品を購入したりできます。

PayPay残高を無料で入手するために使うのがポイントサイトです。

ポイントサイト

ポイントサイトで貯めたポイントは、現金・電子マネー・ギフト券などに交換できます。

PayPayが普及してきてからポイントの交換アイテムとしてPayPay残高と交換できるポイントサイトも出てきました。

全てのポイントサイトでPayPay残高に交換できるわけではないので、交換先にPayPay残高があるポイントサイトを選ぶ必要があります。

PayaPay残高と交換できるポイントサイトに関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

>>> 【保存版】PayPayボーナス(ポイント)と交換できるポイントサイトまとめ

 

ほんどのポイントサイトは、貯めたポイントをPayPay残高に交換するのですが、PayPay残高が直接貯まる『QuickPoint(クイックポイント)というポイントサイトもあります。

QuickPointのQPスクラッチは最大10,009円相当のPayPayが当たります。

運良く私も当たりました!

>>> 【無料登録で1万円!?】QuickPoint(クイックポイント)でPayPayボーナスを稼ぐ

 

PayPay残高と交換できるポイントサイトに登録したら、あとはポイントを貯めるだけです。

ポイントサイトを初めて利用する人、登録はしたけどなかなかポイントが貯まらない人は、下記の記事を参考にしてください。

ポイントサイトには案件が多くあるので、効率良くポイントを稼げる案件を中心に取り組むのがおすすめです。

>>> 【ポイ活初心者】ポイントサイトの始め方と効率良く稼ぐ方法を伝授

 

この裏技で私は毎月10万円ほどのPayPay残高をゲットしています。

 

まとめ

これからPayPay加盟店に申込みをするならポイントサイト経由がおすすめです。

ポイントサイトで貯めたポイントを最終的にマイルに交換する人は、『モッピー』がおすすめです。

モッピーならJALマイルとANAマイルへの交換レートが他のポイントサイトよりも高いからです。

一定の条件を満たすことで、JALマイルは80%、ANAマイルは86.3%という交換レートでマイルに交換できます。

モッピー

モッピー

 

すでにPayPay加盟店の審査に落ちてしまった人は、再申込みでポイントサイトのポイントは獲得できません

しかし、今回の記事を参考にすることで審査に通る可能性はまだ残されています。

わからなければ、サポートセンターに電話で問い合わせすることをおすすめします。

 

ポイントサイトは、PayPay加盟店の申込みやPayaPay残高をザクザク稼ぐのに必須です。

私が主に使っているポイントサイトは、モッピーです。

>>> モッピーの無料登録はこちら

モッピー

ポイントサイトに登録するのが面倒と思う人は、公式サイトからどうぞ。

>>> PayPay加盟店の申込みはこちら

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-未分類

© 2021 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める