クレジットカード マイル・マイレージ

【JAL or ANA】アメックスでマイルを貯めてハワイに行く方法を解説

アメックスでマイル

アメックスで貯めたポイントをマイルに交換してハワイに行く方法をお探しでしょうか?

アメックスでザクザクとポイントを貯めている陸マイラーの私がJALとANAでハワイに行く方法を詳しく解説します。

さらに、マイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードも紹介します。

 

JAL編

JAL

必要マイル数

エコノミープレミアムエコノミービジネスファースト
40,00060,00080,000100,000

 

移行日数

初回 2週間以内、2回目以降 即日

 

ハワイ行きの便数

1日15便

 

以前はアメックスのポイントはJALマイルへ交換できませんでしたが、2020年10月13日から交換できるようになりました。

以下のレートでJALマイルに移行できます。

メンバーシップ・リワード・プラス未登録3,000ポイント → 1,000マイル
メンバーシップ・リワード・プラス登録済2,500ポイント → 1,000マイル

アメックスのポイントをJALマイルに移行するにはJALマイレージバンクお得意様番号の登録が必要です。

 

ハワイアン航空

ハワイアン航空

JALとハワイアン航空は提携しているので、JALマイルでもハワイアン航空の特典航空券を発券することができます

ハワイアン航空なら就航している数が多いため、JALやANAよりも繁忙期以外は特典航空券が取りやすいというメリットがあります。

 

特典航空券が発券できるだけでなく、ハワイアン航空に搭乗するとJALのマイルFLY ONポイントが貯まります。

つまり、

  • JALマイルでハワイアン航空の特典航空券を発券できる
  • ハワイアン航空のマイルでJALの特典航空券を発券できる
  • ハワイアン航空搭乗でJALマイルが貯まる
  • JAL搭乗でハワイアン航空のマイルが貯まる

というわけでハワイアン航空とJALのマイルは、相互に貯まり使えるのです。

 

必要マイル数

エコノミークラスビジネスクラス
45,000マイル80,000マイル

 

移行日数

初回 2週間以内、2回目以降 即日

 

ハワイ行きの便数

週8便(2020年10月現在)

 

ANA編

ANA

必要マイル数

ローシーズンレギュラーシーズンハイシーズン
エコノミー35,00040,00043,000
プレミアムエコノミー53,00058,00061,000
ビジネスクラス60,00065,00068,000
ファーストクラス120,000120,000129,000

 

移行日数

初回 2週間以内、2回目以降 5営業日以内

 

ハワイ行きの便数

1日3便

 

アメックスのポイントをANAマイルに移行するには、メンバーシップ・リワード ANAコース(年間参加費 5,500円 税込)への登録が必要です。

メンバーシップ・リワード ANAコースに登録するには、ANAマイレージクラブのお客様番号(10桁)が必要です。

 

ANAはシーズンによって必要マイルが異なります。

ANAの特典航空券は割り当てられる席数が決まっているので争奪戦です。

ハワイ行きが人気なので、特典航空券申し込み開始時間からすぐに埋まってしまいます。

予約開始時間を知らないと争奪戦にも参加できませんので、予約日は必ずチェックしておいて、予約開始時間と同時に予約しましょう。

 

マイルが貯まるクレジットカード

ハワイに行くためにマイルを貯めるのであれば、おすすめのクレジットカードは以下の2枚です。

 

spgアメックス

SPGアメックスカード

年会費31,000円(税別)
ポイント還元率1.25%
発行期間2~3週間
付帯保険海外旅行 最高1億円
国内旅行 最高5,000万円
ショッピング・プロテクション 最高500万円
申込み資格20歳以上で安定した収入のある方

ANAでもJALでもマイルが最強に貯まるカードです。

貯めたポイントは約40社の提携航空会社のマイルに交換できます。

通常の還元率は1%ですが、60,000ポイント単位で交換すると5,000マイルのボーナスポイントが上乗せされ、マイル還元率が1.25%までアップします。

ポイント交換

ポイントは実質無期限ですので、有効期限を気にせずじっくりポイントを貯められます。

 

年会費は31,000円(税別)と高く感じるかもしれませんが、spgアメックスは2年目以降のカード更新時に1泊2名分の無料宿泊特典がプレゼントされますので、この特典だけで年会費はペイできます。

 

セゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費20,000円(税別)
年間200万円以上の利用で10,000円(税別)に優遇
ポイント還元率1.125%
発行期間最短3営業日
付帯保険海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 最高300万円
申込み資格個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)

セゾンプラチナビジネスアメックスはJALカードよりもJALマイルが貯まるカードです。

通常のカード利用では、1,000円=2ポイントの永久不滅ポイントが貯まりますが、「SAISON MILE CLUB」に登録すると永久不滅ポイントの代わりに自動的にJALマイルが貯まるようになります。

SAISON MILE CLUB

さらに2,000円ごとに永久不滅ポイント1ポイントも同時に貯まります。

そのため、

【通常のマイル】
1,000円の利用 → JAL 10マイル(年間上限150,000マイルまで) 1%

【優遇ポイント】
2,000円の利用 → 永久不滅ポイント1ポイント=1.25JALマイル 0.125%

が貯まり、JALマイル還元率は1.125%になるのです。

「SAISON MILE CLUB」は通常年会費4,000円(税別)ですが、セゾンプラチナビジネスアメックスなら年会費無料です。

 

ホテルも無料宿泊

2年目以降はカードを更新するだけで1泊2日の無料宿泊特典が付帯することで人気があるspgアメックス

ハワイ州には37軒のマリオットグループのホテルがあります。

観光で人気のあるオアフ島で無料宿泊特典が使えるおすすめのマリオットグループのホテルは以下です。

 

コートヤード・オアフ・ノース・ショア

カテゴリー5
コートヤード・オアフ・ノース・ショア

 

 

シェラトン・プリンセス・カイウラニ

カテゴリー5
シェラトン・プリンセス・カイウラニ

 

レジデンス・イン・オアフ・カポレイ

カテゴリー6
レジデンス・イン・オアフ・カポレイ

 

マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブ

カテゴリー6
マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブ

 

カテゴリーオフピークスタンダードピーク
530,00035,00040,000
640,00050,00060,000

spgアメックスの無料宿泊特典が利用できるのは50,000ポイントまでですので、カテゴリー6のピーク時はNGです。

 

まとめ

アメックスでマイルを貯めてハワイへ行くなら、おすすめのクレジットカードはspgアメックスセゾンプラチナビジネスアメックスです。

spgアメックスはANA・JALを含む40社以上の提携航空会社のマイルに交換でき、マイル還元率は1.25%です。

さらにspgアメックスの無料宿泊特典はハワイのマリオットグループで使えるため、ホテル代まで無料にできます。

セゾンプラチナビジネスアメックスは1.125%の還元率でJALマイルが貯まるので、JALカードよりも高還元です。

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-クレジットカード, マイル・マイレージ

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める