マイル・マイレージ マイルを超貯める

《マイラー必見》ANAのグルメマイルを使ってはいけない理由とは?

飲み会

ANAのグルメマイルは全国の提携レストランでマイルが貯まります。

グルメマイル

ANAカードなら100円につき最大3マイル貯まります。

飛行機に乗らずにマイルを貯める陸マイラーの思考であれば、どうせ外食するのであれば同時にマイルが貯まるほうがいい、と考えるのではないでしょうか?

「飲み会やデートで利用すれば、マイルがモリモリ貯まりそうだ」と。

グルメマイルの利用方法はカンタンです。

グルメマイルのサイトからお店を検索し、グルメマイルに参加しているお店でANAマイレージクラブカード、ANAカード、ANAマイレージクラブ デジタルカードを提示すれば利用金額につき100円=1~2マイル貯まります。

注意しないといけないのは、会計時にANAマイレージクラブカード、ANAカード、ANAマイレージクラブ デジタルカードを提示して、マイル積算希望ということをお店の係の人に伝える必要があることです。

カード提示

ANAカードで決済をすれば自動的にマイルが貯まるわけではありません

カード提示で貯まるマイル数は、

ANAマイレージクラブカード 100円=1マイル
ANAカード 100円=2マイル

上記のグルメマイルに加えて、クレジットカード会社からのポイント移行で100円=1マイル貯まるので、合計最大3マイル貯まります。

例えば、

居酒屋で3,000x4人=12,000円

ANAカードなら、最大360マイル貯まります。

スゴイですね。

 

でも、ちょっと待ってください!

実は、グルメマイルよりもお得にマイルを貯める方法があるのです。

それは、

”ポイントサイトの外食モニター案件をこなすこと”

です。

外食モニター案件でおすすめのポイントサイトは、「ポイントインカムハピタス」です。

外食モニター案件の利用方法は、

ステップ1 お店を選ぶ

ステップ2 抽選結果を確認する

ステップ3 モニター体験をする

ステップ4 アンケートなどを提出する

ステップ5 謝礼(ポイント)をもらう

です。

 

外食モニター案件は、メリットだけではなくデメリットもあります。

メリット

  • 還元率が高い
  • 実質無料や割引料金で外食ができる
  • 企業のサービス向上に貢献できる
  • 利用したことのないお店をお得に利用できる

デメリット

  • 地方はモニター案件が少ない
  • 調査内容が多いと覚えるのが大変
  • 100%還元など人気の案件はすぐ締め切られる

 

例えば、

ポイントインカムの下記の案件の場合

ポイントバックは50%でポイント上限は50,000ポイントなので、10,000円分の食事で50,000ポイント(5,000円相当)が貯まります。

50,000ポイントは、

TOKYUルート

というルートで交換すると、3,750マイルになります。

10,000円 → 3,750マイル = ポイント還元率37.5% です!

 

ポイント還元率1%のクレジットカードだと、3,750マイルを貯めるには375,000円の決済が必要なのです。

グルメマイルは100円=最大3マイルでした。

ポイント還元率は3%で決して悪くありませんが、グルメモニター案件とは比べ物になりません。

外食をしないという人はほとんどいないでしょうし、案件は尽きることがないので、外食にポイントサイトやクーポンサイトのモニター案件を取り入れることでマイルが貯まるスピードは一気に加速します

外食と言っても高級レストランだけではなく、カフェ・ラーメン屋・全国チェーンの居酒屋など誰でも知っているようなお店もあります。

比較的人数が多い飲み会やコンパの幹事をやる場合などは、外食モニター案件に掲載されているお店を積極的に利用すれば、一撃で大量のマイルが獲得できるのです。

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-マイル・マイレージ, マイルを超貯める

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める