クレジットカード マイルを超貯める ポイントサイト

【18禁】クレジットカードで稼ぐ方法と注意点@ポイ活・陸マイラー編

クレジットカード

クレジットカードで稼ぐ方法を知りたいですか?

クレジットカードで稼ぐと言ってもクレジットカードの利用でポイントを貯めて稼ぐ方法ではありません

クレジットカードの利用で還元されるのは、1~2%です。

それで稼ぐには利用金額が少ない一般人では無理です。

今回は、ポイントサイトを経由してクレジットカードを新規発行して稼ぐ方法について詳しく解説します。

この方法を実践すれば、片手間で10万円以上稼ぐことも可能です!

 

ポイントサイト経由でクレジットカード発行

クレジットカードで稼ぐには、ポイントサイト経由でクレジットカードを発行するのが一番効率良く稼げます

多くのクレジットカードは、新規顧客を獲得するために新規入会キャンペーンとして入会特典を付けています。

利用金額、リボ払い・キャッシング枠の設定、その他条件を達成すると、ポイントがもらえるというのが多いです。

条件が全くないものもあります。

カードによっては、入会特典だけで1万円を超えるような内容のものもあります。

一般的には、年会費が高いクレジットカードになればなるほど特典内容も豪華になる傾向があります。

 

入会特典が豪華で有名なのが、ANAアメックスゴールドカードです。

ANA アメックス・ゴールドカード

入会のタイミングで特典内容は変わりますが、60,000マイル相当のポイントを獲得できていたこともあります。

ANAアメックスゴールドカードは年会費31,000円(税別)ですが、これだけの特典内容であれば年会費を軽く上回っているのがわかりますね。

つまり、年会費を支払っても入会特典でそれ以上のリターンが見込めるカードに関しては、発行すれば稼げるということです。

 

ANAアメックスゴールドカードのようにアメックスが発行するカードに関しては、ポイントサイト経由ではなく既存のアメックス会員からの紹介で発行した方が特典内容が豪華になります。

周りにアメックスを持っている人がいれば、是非紹介してもらいましょう。

 

年会費を払いたくないという人は、年会費無料のクレジットカードを発行して稼ぐこともできます。

年会費無料のクレジットカードで入会特典も豪華で人気があるのは、楽天カードです。

楽天カード

楽天カードの公式サイトから直接申込んだ場合は、タイミングによって5,000円~8,000円相当のポイントがもらえます。

このポイントは、楽天市場の買い物や楽天ポイントと提携しているお店で1ポイント=1円として使うことができます。

楽天カードは、直接公式サイトからではなくポイントサイトを経由することで、さらに多くのポイントを獲得することができます。

ポイントサイトでもらえるポイント数は時期によってかなり変動します。

過去のポイント推移を見ると最高で12,000ポイントだったことがわります。

ポイント推移

つまり、ポイントサイト経由で楽天カードを一番良い時期に申込んだ人は、

公式サイトの特典(8,000ポイント)+ポイントサイトのポイント(12,000ポイント)=20,000ポイント

を稼げたというわけです。

楽天カードを申込むためにかかる時間は、せいぜい10分程度です。

10分で手出しゼロで20,000円相当稼げるので、時給換算すると恐ろしい数字になりますね。

 

クレジットカードで稼ぐ時の注意点

ポイントサイトは、メールアドレスがあれば未成年でも無料で登録できます。

ポイントサイト経由でクレジットカードを発行すれば、稼げることはわかったと思います。

 

例えば、代表的なポイントサイトである『モッピー』に掲載されているクレジットカードの案件を見てみましょう。

クレジットカード

クレジットカードを発行するだけで数千円~1万円以上稼げる案件がゴロゴロあるので、落ちているお金を拾うがごとく稼げると思うかも知れません。

 

しかし、クレジットカードを発行する際に注意点があります。

それは、短期間で多くのクレジットカードを発行するといわゆる『申込みブラック』という状態になって、クレジットカードの申込をしても審査に落ちるようになります。

クレジットカードは発行されて初めて入会特典をもらうことができるので、審査に落ちるということは、入会特典がもらえない=稼げない ということです。

クレジットカードの申込みをすると、その情報はCICJICCなどの信用情報機関に登録されます。

カード会社はクレジットカードの審査をする際に、これらの信用情報機関に登録されている情報を照会して、申込者の過去の利用実績や遅延履歴を元にスコアリングします。

このスコアが一定の基準を下回る数値の場合、審査に落ちることになります。

短期間に多くのクレジットカードの申込み情報が記録されていると、申込者はお金に困っている可能性が高い人だという判断がされます。

クレジットカード会社は、お金に困っている人にカードを発行すると回収できないリスクが高くなるので、当然カードを発行しません。

 

信用情報機関にクレジットカードの審査落ちした情報が保持されるのは、6ヶ月間です。

クレジットカードの再申込みをするなら、6ヶ月以上開けた方が良いというのはこういう理由からです。

カレンダー

審査に落ちたという情報が残った状態で新たにクレジットカードの申込をしても審査に通る確率は低いです。

ちなみに、CICやJICCにはクレジットカードの審査に通った・落ちたという情報は記録されません。

クレジットカードの申込みをした記録は残ります。

審査に通った場合は、そのカード会社との契約情報が記録されるので、それがつまりは審査に通った、逆に、申込みの情報はあるのに、契約情報がないということは、審査に落ちたという解釈になります。

 

「では、1ヶ月に何枚の申込みなら問題ないのか?」

ということがよく話題になりますが、正解はありません。

クレジットカードの審査に落ちるか落ちないかは、その人の過去の利用実績、返済能力、属性などによって変わるからです。

私は、1ヶ月に5枚のクレジットカードを申込んで5枚目は審査に落ちた経験があります。

直近で遅延があれば1枚目で審査落ちする場合もあるでしょう。

公務員であれば属性が良いので5枚申込んでも審査に落ちない可能性もあります。

実際に1ヶ月に5枚以上申込みをして全て審査に通ったという例もあります。

 

しかし、正解はないとは言ったものの常識的な目安というものは存在します。

それは、「1ヶ月に1枚程度」でしょう。

過去に利用実績があまりないとか審査に落ちたくないので慎重にいきたいという人は、2~3ヶ月に1枚程度にしておきましょう。

急いで多くの申込をしたために審査に落ちてしまうとその後に期間を開けないといけなくなるので、逆に効率が悪くなるということも考えられます。

 

クレジットカードの審査に通るコツ

最終的にクレジットカードの審査に通らないとクレジットカードで稼ぐことはできません。

つまり、審査に通るということがかなり重要です。

何も考えずに申込む人とどうすれば審査に通りやすいかを知っている人が申込むのとでは、当然審査通過率が変わってきます。

クレジットカードの審査は、信用情報機関の情報を元にしてスコアリングされて、そのスコア次第で審査の可否が決まると言うことはすでに述べました。

審査に通過する確率を上げるには、このスコアが上がる、または下がらない方法を知っておけば良いのです。

 

以下の3つのポイントに気を付けてクレジットカードの申込をすれば、審査通過率がグーンと上がること間違いありません。

今回は、クレジットカードの発行で人気がある楽天カードの申込み画面を例に解説します。

基本的には、他のクレジットカードも気を付ける点は同じと考えて問題ありません。

電話

電話

最近は固定電話を持たない人も増えていますが、固定電話を持っていれば必ず入力しましょう。

固定電話は携帯電話と違い、契約者の所在がはっきり特定できるので、審査でプラス評価になります。

カードの利用目的

カードの利用目的

カードの利用目的は「普段のお買い物等に利用」だけを選択しましょう。

「現金のお借り入れ等に利用」にチェックを入れると、お金に困っている印象を与えるのでマイナス評価になります。

キャッシング利用枠

キャッシング利用枠

「キャッシング枠を希望でもれなく最大500ポイントプレゼント!
さらに、30万円以上のご希望なら、最大2,000ポイント!」

という特典がありますが、ここは我慢してください。

キャッシング枠の希望金額は0万円を選びましょう。

キャッシングの希望金額が大きいほどカード会社としては未回収リスクが高くなるので審査が厳しくなります。

カード発行後でもキャッシング利用枠は変更できますので、キャッシングの利用したい場合でも、まずは審査に通ることを優先してキャッシング利用枠「0万円」で申し込みましょう。

 

一番効率良く稼ぐ方法

クレジットカードの発行は、直接公式サイトから申込むよりもポイントサイト経由の方がお得ということは、すでに述べました。

同じポイントサイト経由でクレジットカードを発行しても、貯めたポイントをどのように使うかによって、お得度が驚くほど変わります

ポイント

ですから、ポイントサイトのポイントは「貯め方」だけではなく「使い方」も学ばないと利益を最大化することはできません。

 

例えば、ポイントサイトのモッピーで貯めた10万ポイントを現金に交換した場合マイルに交換した場合を見てみましょう。

10万ポイント ⇒ 約10万円

10万ポイント ⇒ 80,000JALマイル(ドリームキャンペーン利用時)

10万ポイント ⇒ 86,300ANAマイル(エクスプレスキャンペーン利用時)

10万ポイントを現金に交換した場合の価値は、約10万円です。

「約」という表現をしたのは、モッピーの場合は現金に交換する際にほとんどの金融機関で交換手数料を取られるからです。

一方でマイルに交換した場合は、80,000JALマイルや86,300ANAマイルという風に数字だけ見ると目減りしています。

しかし、1マイルの価値は特典航空券に交換すると2~15円以上になります。

《1マイルあたりの価値》

国際線の特典航空券に交換(ファーストクラス)15円程度
国際線の特典航空券に交換(ビジネスクラス)10円程度
国際線の特典航空券に交換(エコノミークラス)5円程度
国内線の特典航空券に交換2~3円程度
航空会社のコインやポイントに交換1~1.7円程度
提携のポイントや電子マネーに交換1円

1マイル=10円で使った場合は、80,000JALマイル=80万円相当、86,300ANAマイル=86万3,000円相当です。

 

このようにマイルに交換して使った場合は、ポイントの価値にレバレッジを利かせて大きくすることができるのです。

ですから、クレジットカードの発行で稼いだポイントはマイルに交換するのが一番おすすめです。

 

まとめ

クレジットカードで稼ぐためには、ポイントサイトは必須です。

クレジットカードの申込み過ぎには十分注意しましょう。

 

最終的にポイントサイトで貯めたポイントを何と交換するかで選ぶべきポイントサイトも変わります。

ポイントサイトの選び方、マイラーにおすすめのポイントサイトに関しては、下記の記事を参考にしてください。

>>> 10倍稼げるポイントサイトの選び方【ポイ活、陸マイラー必見】

>>> マイル交換ルートにオススメのポイントサイト【6選】

 

さらに上を目指す人は、ポイントサイトに掲載されているクレジットカード案件をこなすだけではなく、ポイントサイトでガッツリとポイントを貯める方法を学びましょう。

ポイントを稼ぎやすいポイントサイトは、「モッピー」と「ポイントインカム」です。

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-クレジットカード, マイルを超貯める, ポイントサイト

© 2021 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める