マイルを超貯める

マイルを貯めるメリットとデメリット【タダ旅行へ行きたい人必見】

メリットデメリット

マイルって全然貯まらないんです。普通にやってると。

マイルを貯めているマイラーにとっては当たり前にわかっていることが、普段ほとんど飛行機に乗らない人にとってはマイルを貯めるメリットがわからず何もしていないというのが多いのも事実。

今回はマイル初心者の人にもわかるマイルを貯めるメリットとデメリットについて解説します。

マイルを貯めるメリット

金持ちマイラー
マイルを貯めるメリットは、貯めたマイルを色々なものに交換できるということ。

「私はほとんど飛行機に乗らないので、マイルを貯める意味がない」

そう言う人が多いのですが、果たしてそうでしょうか?

あなたは飛行機に乗らなくても、家族は乗るかも知れません。

マイルは特典航空券以外にも交換することができます。

1マイルにどれぐらいの価値があるか知らないからマイルを貯めていないだけなのかも知れません。

 

マイルを貯めていない人の多くは、マイルに関する知識が不足している場合が多いのです。

おそらく、マイルのメリットもデメリットも十分理解しているけど、マイルを貯めていないという人はいないでしょう。

貯めたマイルを色々なものに交換できるということはすでに述べましたが、具体的にどのようなものに交換できるのかを見てみましょう。

国内の航空会社だけではなく、海外の航空会社にもマイレージプログラムの仕組みはありますが、日本人はANAかJALマイルを主に貯める人がほとんどなので、ANAとJALのマイルについて解説します。

 

特典航空券

マイルを貯める人のほとんどが特典航空券が目的です。

特典航空券に交換するのに、必要となる最低マイル数は下記です。

国内線国際線
ANA片道5,000マイル~往復12,000マイル~
JAL片道6,000マイル~片道7,500マイル~

ANAの場合、国際線は片道では利用できません。

シーズン(ローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズン)によって必要マイル数が変わります。

 

ANAで片道5,000マイルで行ける場所【国内線】

ANAで片道5,000マイルで行ける場所

 

ANAで往復12,000マイルで行ける場所【国際線】

ソウル、ウラジオストク

 

JALで片道6,000マイルで行ける場所【国内線】

JALで片道6,000マイルで行ける場所

JALで片道7,500マイルで行ける場所【国際線】

ソウル、プサン

 

ほとんど飛行機を利用しないという人は、マイルを貯めて特典航空券を誰かにプレゼントするという使い方もできます。

ANAとJALに関しては、会員の配偶者、同性パートナーおよび2親等以内の家族に限るという制限がありますが、自分以外の人の特典航空券を予約することができます。

2親等以内と聞いてもピンと来ない人は下記の図で理解してください。

2親等以内

外資系の航空会社の場合は、この2親等以内という制限がないので、友達や婚姻関係にない恋人の分でも特典航空券を予約できます。

パートナーや親へ特典航空券をプレゼントする人も結構います。

ビジネスクラスやファーストクラスを自分のお金で乗る人はそんなにいないと思うので、これをプレゼントであげるとかなり喜ばれることは間違いありません。

自分のためではなく誰かのため、そんな動機でマイルを貯めるのもいいのではないでしょうか。

家族旅行はお金がかかると思っている人は、マイルを貯めることでもっと気軽に家族旅行に行くことができます。

 

座席のアップグレード

ビジネスクラス

座席のアップグレードも比較的1マイル当たりの価値が高いのでマイルの使い道としておすすめです。

 

ANA 国際線 片道9,000マイル~

ANA 国際線

JAL 国際線 片道9,000マイル~

 

ANAはスターアライアンス加盟航空会社のアップグレードが、片道12,000~でできます。

スターアライアンス加盟航空会社

片道の運賃を計算し、差額を必要マイル数で割れば1マイル当たりの価値が計算できます。

この場合、エコノミークラスからビジネスクラスよりも、ビジネスクラスからファーストクラスにアップグレードした方が1マイル当たりの価値は高くなります

シーズンと区間によって変動しますが、行き先が遠ければ10円/マイル以上の価値になる場合が多いです。

 

ホテルの宿泊

ホテル

マイルをホテルの宿泊に使って宿泊費を浮かせることもできます。

ANAマイルは提携ホテルで使えるクーポン券(チケット)に交換できます。

【提携ホテル】

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ、ザ・リッツ・カールトン、セント レジス ホテル&リゾート、ホテルナゴヤキャッスル、オークラ ホテルズ & リゾーツ、サフィールホテルズ、ハイアット ホテルズ&リゾーツ、プリンスホテルズ&リゾーツ、東急ホテルズ、KIZASHI THE SUITE

ホテルのグレードに応じて必要マイルが異なり、必要マイルは20,000マイル~100,000マイルです。

 

JALは「JMBワールドマーケットプレイス」というJALマイルが貯まる&使えるサービスがあるので、そこでJALマイルを宿泊費の支払いに使えます。

JMBワールドマーケットプレイス

国内・海外550,000軒以上のホテルがあり、4,000マイルから交換可能です。

 

電子ポイント

ANA SKY コイン

1マイルからANA SKY コインに交換できます。

基本的には1マイル=1SKY コインですが、10,000マイル以上交換する場合、交換マイル数とANAマイレージクラブの会員ステイタスやANAカードの種類に応じて、交換率が変動します。

交換率は最大1.7倍なので、1マイル=1.7円の価値になります。

ANAの公式サイトに、マイルからANA SKY コインへの交換シミュレーターがあり、交換したいマイル数を入力、ステイタスを選択した後、「計算する」ボタンを押すと交換率に応じたコイン数が表示されます。

>> マイルからANA SKY コインへの交換シミュレーション

 

e JALポイント

5,000マイル=5,000ポイント(5,000円相当)、10,000マイル=15,000ポイント(15,000円相当)から、5,000マイル単位で交換できます。

JALカードの会員限定で、3,000マイルから交換できるキャンペーンを実施中です。

期間:2021年3月31日まで

10,000マイル交換することで交換率が1.5倍になるので、1マイル=1.5円の価値になります。

 

電子マネー

電子マネー

電子マネーへの交換は10,000マイル~1マイル=1円です。

ANA

10,000マイル=nanacoポイント10,000ポイント

10,000マイル=10,000nimocaポイント

10,000マイル=JRキューポ10,000ポイント

 

JAL

10,000マイル=10,000WAON(10,000円相当)

10,000マイル=Suicaへのチャージ(10,000円相当)

10,000マイル=10,000nimocaポイント(10,000円相当)

 

クーポン

ANAはネットショップで使えるクーポン、JALはJAL航空のサービスに使えるJALクーポンと交換できます。

ANA

以下のANAマイレージモールのパートナーショップで1,000マイル=1,000円として使えるので、1マイル=1円になります。

パートナーショップ最低購入金額
Safari Lounge15,000円(税込)
ブルックス ブラザーズ ジャパン オンラインショップ3,000円(税別)
ディノス5,000円(税込)
集英社 FLAG SHOP3,000円(税別)
GUNZE STORE4,400円(税込)
メガネ通販のZoff3,000円(税別)
ル・クルーゼ 公式オンラインショップ5,000円(税込)

 

JAL

航空券や機内販売などに使えるJALクーポンと交換できます。10,000マイル=JALクーポン2,000円券×6枚(12,000円相当)になるので、1マイル=1.2円の価値になります。10,000マイル単位で交換できます。

JALクーポンが利用できるのは、

  • 国内線・国際線航空券
  • 国内・海外ツアー
  • ホテルでの宿泊・飲食
  • 温泉旅館での利用
  • 機内販売品
  • JALロゴ商品・旅行商品など
  • JAL-DFS免税品
  • JALUX通信販売
  • 空港宅配サービス レンタルモバイルサービス(携帯電話、WiFi) コート・手荷物預かりサービス
  • 空港送迎サービス

です。

 

各種ポイント

マイルは提携先のポイントとも交換できます。

 

ANAマイル

交換先交換レート
楽天スーパーポイント10,000マイル=10,000ポイント
Tポイント10,000マイル=10,000ポイント
ヤマダポイント10,000マイル=10,000ポイント
エムアイポイント10,000マイル=10,000ポイント
スターバックスカード10,000マイル=10,000円分
iDバリュー10,000マイル=10,000円分
マツモトキヨシ現金ポイント10,000マイル=10,000ポイント

上記以外にもカエトクマネー、タカシマヤポイント、メトロポイントなど様々な交換先があります。

 

JALマイル

交換先交換レート
JALショッピングポイント10,000マイル=11,200ポイント
Pontaポイント【3,000マイル以上10,000マイル未満】
1マイル=0.5ポイント【10,000マイル以上】
1マイル=1ポイント
ローソンPonta特典【3,000マイル以上10,000マイル未満】
1マイル=0.5ポイント【10,000マイル以上】
1マイル=1ポイント
dポイント10,000マイル=10,000ポイント
TOKYU POINT10,000マイル=10,000ポイント
小田急ポイント10,000マイル=10,000ポイント
KIPSポイント10,000マイル=10,000ポイント
Amazonギフト券10,000マイル=10,000円
ビックポイント10,000マイル=10,000ポイント

pontaポイントは10,000マイル以下でも交換できますが、3,000マイル〜9,000マイルでの交換はレートが半分になってしまうので、10,000マイルからの交換と考えましょう。

上記以外にも、マツモトキヨシギフトカード、ファミリーマート専用プリペイドカード、スターバックス利用券、モスカードなど様々なポイントや利用券と交換できます。

 

チャリティ

マイルはチャリティ支援にも使うこともできます。

貯めたマイルを災害支援や海外の活動に役立てたい人におすすめです。

ANAマイル、JALマイルともに時期によって支援先がその都度変わります。

 

ANA

現在寄付できる団体は以下です。

  • UNESCO 1口3,000マイル~
  • WonderFLY 1口1,800マイル~
  • 社会起業家(チェンジメーカー) 1口3,000マイル~

過去には、「令和元年台風第15号千葉県災害」、「アンコール・ワット遺跡保存修復活動」、「サンゴ保全活動」などへの支援がありました。

 

JAL

現在実施している企画は「SKY BATON 東北応援チャリティ・マイル第7弾「チャンス・フォー・チルドレン」」です。

東日本大震災で被害を受けた子供たちの環境を整える活動に、1口3,000マイルから寄付できます。

過去には、「首里城再建支援」や、「令和元年台風19号被害被災者支援」、「ノートルダム大聖堂再建支援」などの企画がありました。

 

 

何に交換するかで1マイル当たりの価値は変わります。

1マイル=1円ではありません。

【1マイルの価値はいくら?】

国際線の特典航空券に交換(ファーストクラス)15円程度
国際線の特典航空券に交換(ビジネスクラス)10円程度
国際線の特典航空券に交換(エコノミークラス)5円程度
国内線の特典航空券に交換2~3円程度
航空会社のコインやポイントに交換1~1.7円程度
提携のポイントや電子マネーに交換1円

1マイルの価値を最大化するためには、特典航空券と交換することです。

国内線 < 国際線

エコノミークラス < ビジネスクラス < ファーストクラス

の順に1マイル当たりの価値は高くなります。

同じ国際線でもより距離が遠い路線の方が1マイル当たりの価値は高くなります。

特典航空券があれば、実質無料で飛行機に乗ることができます。

通常運賃だと100万円を超えるような国際線のファーストクラスも無料になります。

わたしも経験しましたが、ファーストクラスでの旅行は貴重な経験です。

とてもじゃないけど、自腹でファーストクラスに乗れるほどゆとりがありませんが、マイルを貯めることで一般人でもファーストクラスに乗ることができるのです。

 

マイルを貯めるデメリット

貧乏マイラー
マイルを貯めるデメリットは、貯めたマイルを思ったように使うことができない可能性があるということ。

その代表例がマイルの交換先として最も人気がある特典航空券です。

特典航空券の交換に必要なマイル数を貯めたとしても、必ず自分が希望した便の特典航空券と交換できるわけではないからです。

ANAマイルは貯めやすく使いにくい、JALマイルは貯めにくく使いやすい、と言われています。

特典航空券に割り当てられる座席数は限られているので、その奪い合いになります。

特に旅行に行く人が集中するゴールデンウィーク、夏休み、お盆、正月などは希望する便で特典航空券を取ることはほぼ不可能と言えるようなレベルです。

 

「使えないのであればマイルを貯める必要はないのではないか?」

と思う人がいるかも知れませんが、特典航空券以外でタダで旅行に行く方法もあるのでご安心ください。

それが、ANAのANA SKY コインやJALのe JALポイントです。

特典航空券と比べると1マイル当たりの価値は低くなりますが、航空券やツアー購入に利用できるので特典航空券で席を確保するよりも確実です。

ツアー購入に関しては、フライト・宿泊・観光もパッケージになっていたりするので、それぞれ別々に自分で手配するよりも手間がかからず便利です。

他には、時間と労力をかけて貯めたマイルが失効する可能性があることは、デメリットと言えばデメリットかも知れませんが、デメリットと言うよりも注意したいことですね。

マイルの有効期限に関しては、この後で詳しく解説します。

 

マイルの有効期限

すでにマイルを貯めている人も、これから貯め始める人もマイルには有効期限があることを理解しておくことはとても重要です。

ANAもJALもマイルには3年という有効期限があります。

有効期限を過ぎるとそれまで貯めたマイルは1円の価値もなくなってしまいます。

最終的な使い道を決めて、それに必要なマイル数を把握したら、そのマイル数を貯める計画を立てましょう。

 

しかし、そのマイル数は3年以内に貯めることができないといけません。

どう考えても3年以内に貯めることができなさそうなマイル数だった場合、最終的な目的を変更するか、もっと効率良くマイルが貯まる方法を取り入れて必要マイル数を貯められるようにしましょう。

マイルの有効期限を気にせずに貯めたい人は、

1 マイルの有効期限がない外資系の航空会社のマイルを貯める

2 ポイントの有効期限がないクレジットカードでポイントを貯める

のどちらかがおすすめです。

①なら、ユナイテッド航空の「マイレージプラス」、ブリティッシュ・エアウェイズの「アビオス」がおすすめです。

ユナイテッド航空 ブリティッシュ・エアウェイズ

ユナイテッド航空の「マイレージプラス」は有効期限がなく、ブリティッシュ・エアウェイズの「アビオス」は36ヶ月間に1度でもマイルの獲得、使用、購入、譲渡があればその時点から有効期限が36ヶ月間となるので、実質無期限というわけです。

 

②なら、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードspgアメックスがおすすめです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード spgアメックス

spgアメックスのポイント有効期限は、最後にポイントを獲得した時点から1年間です。

ANAやJALは3年なのに1年と聞くと短すぎると思うかも知れませんが大丈夫です。

spgアメックスは、最後にポイントを獲得した時点から1年間なので、普通にカードを利用していればポイントの有効期限が延長され続けるので実質無期限です。

ANAアメックスゴールドカード
【保存版】ANAアメックスゴールドカードはポイントサイト経由より紹介がお得な理由

これからANAアメックスゴールドカードの申し込みを考えている人は、今回の記事を最後まで読むことで一番お得な申し込み方法がわかります。 ANAアメックスゴールドカードは、陸マイラーに人気があるクレジット ...

続きを見る

spgアメックス
spgアメックスはポイントサイト経由で入会が一番お得なのか?@最新キャンペーン情報

spgアメックスは、どこから申し込めば一番お得なのかお探しでしょうか? 今回は、 「spgアメックスの一番お得な申し込み方法を知りたい」 「spgアメックスのメリットとデメリットを教えて」 「spgア ...

続きを見る

ポイントに有効期限を気にせずにゆっくり貯めたい人には、①または②がおすすめです。

 

まとめ

マイルを貯めることに関しては、基本的にはメリットしかありません

貯めて損をするこということもありません。

マイル=特典航空券のイメージが強いかも知れませんが、他のポイントにも交換できるので、飛行機に乗らないという人でもマイルを貯める価値は十分にあります

ANAマイルやJALマイルを効率良く貯める方法については、下記の記事で詳しく解説しています。

ANA航空
【最新版】ANAマイル(ANAマイレージクラブ)のスゴイ貯め方と使い方

目次1 【初心者陸マイラー必見】ANAマイルの爆発的な貯め方1.1 飛行機に乗って貯める1.2 クレジットカードで貯める1.2.1 クレジットカードの決済で貯める1.2.2 クレジットカードの入会キャ ...

続きを見る

JAL
【最新版】JALマイル(JALマイレージバンク)のスゴイ貯め方と使い方

目次1 【初心者陸マイラー必見】JALマイルの爆発的な貯め方1.1 飛行機に乗って貯める1.2 クレジットカードで貯める1.2.1 クレジットカードの決済で貯める1.2.2 クレジットカードの入会キャ ...

続きを見る

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-マイルを超貯める

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める