マイルを超貯める ポイントサイト

【ネットの情報は嘘!?】ポイントサイトでANAマイルを効率良く貯める方法

ANAマイル

ポイントサイトで貯めたポイントを効率良くANAマイルに交換する方法を教えます。

マイルやポイ活系のサイトを見ると、ほとんどのサイトが同様にANAマイルを貯めるポイントサイトとして「モッピー」をすすめています。

今回は、ポイントサイトでANAマイルを貯めるならどのポイントサイトがオススメなのかを主要なポイントサイトを比較して詳しく解説します。

マイルへの交換レートだけでポイントサイトを選んでいるとかなり損をすることになるので、この記事を最後まで読んで参考にしてください。

 

ANAマイルを貯めるのにオススメのポイントサイト

TOKYUルートとは?

ポイントサイトで貯めたポイントを最も高い交換レートで交換するために必須になるのが、TOKYUルートです。

かつては、ソラチカルートなどTOKYUルートよりも高い交換率のルートがありましたが、現在は使えません。

TOKYUルートは、ポイントサイトで貯めたポイントをドットマネーとTOKYU POINTを経由してANAマイルに交換するルートです。

TOKYUルート

交換レートは、75%です。

ポイントサイトで貯めたポイントを直接ANAマイルに交換できるポイントサイトもありますが、交換率が30~50%なので絶対におすすめしません。

TOKYUルートに関する、詳しい内容や利用条件などは下記の記事を参考にしてください。

>>> 【悲報!ソラチカルート閉鎖】TOKYUルートはANAマイルに75%で交換できる

 

エクスプレスキャンペーンとは?

貯めたポイントをドットマネーに交換できるポイントサイトであれば、TOKYUルートはどのポイントサイトでも使うことができます。

多くの他のサイトで一番オススメのポイントサイトとして「モッピー」が紹介されている理由は、モッピー独自の「エクスプレスキャンペーン」にあります。

通常TOKYUルートを使うと、ポイントサイトで貯めたポイントを75%の交換レートでANAマイルに交換できるのですが、エクスプレスキャンペーンは、一定の条件を満たすとドットマネーからTOKYU POINTに交換する際にドットマネーが15%増量されるので、実質86.3%の交換レートになるというものです。

 

このエクスプレスキャンペーンを利用するための条件が下記です。

1 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを持っている

2 エクスプレスキャンペーン対象広告を15,000P以上利用する

①は、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの審査に通れば良いので、それほど難しくはありません。

私もポイントサイト経由で発行しました。

ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード

②に関しては、エクスプレスキャンペーン対象広告の利用を1ヶ月以内に15,000P以上利用しないといけません

この15,000P以上が結構大変です。

それなりにモッピーを利用してきたユーザーが15,000P以上の利用をするには、やはり高額報酬案件に頼らないと難しいです。

クレジットカードであれば、1案件で15,000P以上のものは多くありません。

しかも、エクスプレスキャンペーンの利用は、1人月1回・10,000P申請分のみという上限もあります。

条件と上限を冷静に見てみると、大量のポイントをANAマイルに交換するのは、かなり厳しいことがわかるはずです。

 

多くのサイトがモッピーをすすめている理由

ANAマイルを貯めるならどのポイントサイトが良いかとなった時に、多くのサイトがモッピーをすすめています。

彼らがモッピーをすすめている理由として考えられるのは、以下です。

  • 単純にANAマイルの交換レートが他のポイントサイトよりも高いから
  • 自分で大量のポイントをANAマイルに交換したことがないので知らない
  • モッピーは知名度があり紹介しやすいから

そう考えると、利用者目線で本当に役立つ情報を発信しているサイトは、ほとんどないということがわかります。

私は、モッピーでそれなりのポイントを貯めているので、これを全てANAマイルに交換しようと思うと現実的ではないというのが実感としてあります。

累計獲得ポイント

月の上限が10,000Pということは、1年で交換できるANAマイルの上限が8,625マイル×12ヶ月=103,500マイルです。

毎月10,000P交換したとして、エクスプレスキャンペーンの条件を満たすために15,000P以上獲得するわけですから、どうなるかというのは想像できるでしょう。

 

ANAマイルの交換にオススメのポイントサイトは?

結局、TOKYUルートが使えるポイントサイトの中からANAマイルの交換に適しているポイントサイトを選ぶことになります。

モッピーは、交換レートが高いのが魅力ではありますが、大量のポイントをANAマイルに交換するには向いていないということがわかったと思います。

一度や二度であれば、もちろん交換レートが高いモッピーがオススメです。

ANAマイルへ交換するTOKYUルートの入り口として、まずドットマネーに交換する必要があります。

ドットマネーに交換できるポイントサイトは、

など、主要なポイントサイトはほとんど対応しています。

あとは、ポイントの貯めやすさ・交換手数料などから条件を比較して選ぶことになります。

 

私がおすすめするポイントサイトは、「ポイントインカム」です。

ポイントインカム

ドットマネーへの交換条件は、下記です。

ドットマネー

一度の交換で100,000ptまで交換できます。

交換日数が翌営業日なので、交換が完了すればまた100,000pt交換できます。

2日に1回交換したとすると1ヶ月で15回、つまり1,500,000pt交換できるわけです。

 

また、ポイントインカムは案件のポイント還元率も悪くないので、メインでポイントを貯めるポイントサイトとしても使いやすいです。

毎日ログインするだけでスタンプが貯まり、スタンプが貯まると自動的にトロフィーに交換されます。

トロフィーが貯まるとポイントをもらえるので、広告利用以外でポイントを貯める仕組みがあるのもメリットです。

また、会員ステータスも一度獲得したランクは降格することなく、会員ステータスに応じたボーナスポイントももらえます。

ポイントインカムを利用し続けていれば、誰でもプラチナ会員になることができます。

会員ステータス

モッピーに関しては、飲食モニター案件がないので、継続して高いポイントを貯め続けるというのが難しくなります。

 

期間限定で交換レートがアップするポイントサイト

これは、「ハピタス」が不定期&期間限定で行っている企画です。

今回のキャンペーン内容は、下記です。

キャンペーン

ANAマイルに関しては、モッピーのエクスプレスキャンペーンを上回る実質93.75%という交換レートです。

このキャンペーンを利用するには、エントリーが必要なのですが、JALマイルまたはANAマイルのどちらか一方のルートにしかエントリーできません

エントリーが完了すれば、ハピタスに掲載されている広告を利用し、ハピタスポイントを合計2,000pt以上獲得しましょう。

ハピタス → ドットマネー → ANAマイル のルートで交換したハピタスポイントの20%分のボーナスポイントが付与されます。

ハピタス → ドットマネー → ANAマイル

これで、実質93.75%の交換レートを実現しています。

キャンペーン期間:2020年11月1日(日)00:00~2021年3月31日(水)23:59

ちなみに、以前はハピタスのゴールド会員を対象にANAマイルの交換レートが90%になるキャンペーンを開催していました。

※現在は終了しています。

>>> ANA陸マイラーはハピタスでゴールド会員を目指せ【交換レート90%】

 

まとめ

ANAマイルを貯めたい人にオススメのポイントサイトは、「ポイントインカム」です。

特に継続して大量のANAマイルに交換したい人は、必須です。

 

モッピーは、エクスプレスキャンペーンを利用すると86.3%という高い交換レートになりますが、10,000P交換するために15,000P以上の利用が必要なので、毎月条件を満たそうと思うと月額公式案件をこなすなどの工夫が必要です。

>>> ポイントインカムの無料登録はこちら

>>> モッピーの無料登録はこちら

 

ハピタスは、不定期ですがマイルの交換レートが異常に高いキャンペーンを開催しています。

今後も、開催される可能性は十分にあるので、サブとしてハピタスでポイントを貯めておくというのもアリでしょう。

>>> ハピタスの無料登録はこちら

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-マイルを超貯める, ポイントサイト

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める