支払い

【最新】自動車税のポイント還元で一番お得な支払い方法を公開

5月と言えば自動車税の時期です。

5月上旬に納付書が届き、納付期限は5月31日までです。

自動車税を現金で支払っている人は、はっきり言ってをしています!

 

自動車税は、現金ではなくキャッシュレス決済がおすすめです。

電子マネー・クレジットカード・QRコード決済ならポイントやマイルを貯めることができるのです。

今回は、自動車税のポイント還元で一番お得な支払い方法をご紹介します。

自動車税をいつも現金で支払っている人はもちろん、他にもっとお得な支払い方法を探している人は必見です!

 

自動車税はキャッシュレス決済でポイント還元

まだ現金で自動車税を払っているのですか?

キャッシュレス決済で自動車税を支払えばポイントが還元されたり、支払い金額に対するキャッシュバックが受けられるのです。

キャッシュレス決済は、ポイント還元以外にも時間をかけずに自動車税の支払いができるというのも大きなメリットです。

現金で支払う場合は、銀行・郵便局・自動車税事務所などの窓口で支払わないといけません。

一方、クレジットカードやQRコード決済ならネット環境があれば自宅から一歩も出ることなく支払えます。

忙しくて時間がない人にも最適な支払い方法です。

以下、キャッシュレスで自動車税を支払う方法について解説します。

 

自動車税をコンビニのキャッシュレスで支払う

セブンイレブン

セブンイレブン

セブンイレブンではnanacoを使うことでnanacoポイントの還元が受けられます。

nanaco

税金の支払いはnanacoポイント付与の対象外ですが、クレジットカードでnanacoへチャージすることで、200円につき1ポイント(還元率0.5%)のnanacoポイントが貯まります。

nanacoへのチャージ上限額は50,000円で、1回のチャージ上限額は29,000円ですので、29,000円以上の支払いなら2回に分けてチャージする必要があります。

自動車税が50,000円以上になる人もいるかと思いますが、センター預かりを使えば最大10万円まで支払うことができます。

 

nanacoへのチャージでポイントが貯まるのはセブンカード・プラスだけです。

セブンカード・プラス

セブンカードプラスはポイントサイト経由で申込みができます。

ポイントサイトのポイント+公式サイトの入会特典を合わせれば10,000円相当以上のポイントを獲得できますので、ポイントサイト経由で申し込みましょう。

>>> セブンカードプラスはポイントサイト経由で申込むのが一番お得!入会キャンペーンを比較

 

ファミリーマート

ファミリーマートではファミペイで自動車税の支払いができます。

ファミペイ

しかし全ての自治体で支払えるわけではありません。

払込票のバーコード番号を見て、 (91) に続く6ケタの番号が以下の番号以外であれば支払えます。

  • 908167
  • 548691

 

税金の支払いはFamiPayボーナス還元の対象外ですが、ファミマTカードでファミペイへチャージすると、200円につき1円分(還元率0.5%)のFamiPayボーナスが還元されます。

ファミマTカード

ファミペイにチャージできるクレジットカードはファミマTカードだけです。

ファミマTカードはポイントサイト経由で申込みができます。

ファミマTカードは店頭で申し込むと入会特典がないので、公式サイトから申し込みましょう。

ポイントサイトのポイント+公式サイトで申し込めば両方のポイントを獲得できます。

>>> 【最新】ファミマTカードの申込みはこのポイントサイト経由が激アツ

 

ミニストップ

ミニストップ

ミニストップではWAONで自動車税の支払いができます。

WAON

税金の支払いはWAONポイント付与の対象外ですが、イオンカードセレクトでWAONへチャージすると、200円につき1WAONポイント(還元率0.5%)が還元されます。

WAONにチャージしてポイントが貯まるクレジットカードはイオンカードセレクトだけです。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトはポイントサイト経由で申し込むことができます。

ポイントサイト経由で申し込むことで、ポイントサイトのポイント+公式サイトの入会特典を獲得できますので、ポイントサイトを経由して申し込みましょう。

>>> 【最新】イオンカードセレクトは、このポイントサイト経由が一番お得

 

自動車税をクレジットカードで支払う

ほとんどの自治体で自動車税をクレジットカードで支払うことができます。

一部、対応していない自治体もあるので、事前に必ず確認しましょう。

 

自動車税をクレジットカードで支払うメリットとデメリット

メリット

ポイントが貯まる

支払い金額に応じてポイントが還元されます。

 

支払いが簡単

ネット環境があれば24時間いつでも支払いができます。

 

キャッシュフローが良くなる

手元に現金がなくても支払うことができ、口座の引き落とし日までは口座残高は減りません。

 

デメリット

手数料がかかる

各自治体のホームページからクレジットカードで自動車税を支払うと、決済手数料がかかります。

しかし、ポイント還元率の高いクレジットカードで手数料を上回るポイントが獲得できれば現金で支払うよりもお得です。

クレジットカードで支払う場合の手数料は、各自治体によって違いがありますす。

大阪府の場合:1件につき330円(税込)

東京都の場合:1件につき税額10,000円ごとに80円(税込)

 

ポイント還元率0.5%程度だと手数料の方が高くなるので、ポイント還元率1%以上のクレジットカードで支払いをしましょう。

手数料は330円と考えた場合、納税額が33,000円以上であればポイント還元率1%のクレジットカードで手数料をペイします。

 

納税証明書(領収書)が発行されない

納税証明書が必要な場合は、金融機関の窓口やコンビニで納付しましょう。

車検が近い場合は、要注意です。

普通車の場合は、以下の条件で車検時に納税証明書が不要です。

  • 自動車税を滞納していない
  • 納税から2~4週間程度経過している

軽自動車とバイクの場合は、車検時に納税証明書が必要です。

 

自動車税をLINE Payで支払う

LINE Pay

残高利用時:0%

チャージ&ペイ利用時:0.5%

LINE Payの「請求書支払い」機能を使えば、払込票のバーコードを読んで自動車税を支払うことができます。

請求書支払い

LINE Payでポイント還元を受けるには、「チャージ&ペイ」を利用する必要があります。

チャージ&ペイとは、LINE PayをVisa LINE Payクレジットカードと紐づけておくことで、事前に残高をチャージしなくても支払える便利な機能です。

Visa LINE Payクレジットカード

チャージ&ペイを使うことで0.5%のLINEポイントが還元されます。

 

自動車税をPayPayで支払う

PayPay

還元率:0.5~1.5%

PayPayのホーム画面にある「スキャン」で払込票のバーコードを読み取ることで、自動車税を支払うことができます。

使えるのはPayPay残高での支払いのみです。

 

クレジットカードのチャージではポイントが還元されないので、ポイント還元率は1.5%が最大です。

PayPayステップで前月の利用状況によってポイント還元率が変わります。

「1ヶ月間に50回以上決済」と「10万円以上達成」の両方を達成するのは難しいので、実際は0.5%の還元率になる人が多いでしょう。

 

注意が必要なのは、PayPayで税金を支払うことができるのは対応している自治体のみです。

住んでいる地域が対応しているかは、PayPay公式サイトの支払先リストで確認しましょう。

 

自動車税をau PAYで支払う

auペイ

還元率:0.5%

au PAYで自動車税を支払うと、クレジットカードのチャージでもポイントが還元されます

au PAYにチャージできるクレジットカードは限られていて、以下のクレジットカードでのみチャージが可能です。

 

例えば、楽天カードでau PAYにチャージすると

楽天ポイント(1%) + Pontaポイント(0.5%) = 1.5%

のポイント還元が受けることができます。

ポイント獲得の上限金額もないので、QRコード決済では圧倒的に高い還元率です。

 

自動車税はau PAYの「請求書支払い」で払込票のバーコードを読んで支払えます。

ただし、au PAYの請求書支払いが使えるのは軽自動車税のみの自治体が多く、自動車税に対応している自治体はごく一部ですので注意しましょう。

 

まとめ

自動車税をクレジットカードで支払うためには、ポイント還元率が高いクレジットカードが必須です。

ポイント還元率1%以上のおすすめのクレジットカードは、以下です。

 

年会費無料

楽天カード

楽天カード

年会費無料
ポイント還元率1%~15%
発行期間約1週間
付帯保険
海外旅行 最高2,000万円
申込み資格楽天会員登録済みで18歳以上の方(高校生を除く)

楽天カードは、公共料金や税金の支払いは2021年6月から還元率が0.2%になります。

 

リクルートカード

リクルートカード

年会費無料
ポイント還元率1.2%
発行期間
約1週間
付帯保険海外旅行 最高2,000万円
国内旅行 最高1,000万円
ショッピング保険 最高200万円
申込み資格18才以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方
または、18才以上の学生の方(高校生を除く)

ポイント交換先がPontaポイントのみですがPontaポイントはauペイ残高にチャージができるので、そのような使い方をすれば利用できる幅はかなり広くなります。

 

年会費有料

セゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費20,000円(税別)
年間200万円以上の利用で10,000円(税別)に優遇
ポイント還元率1.125%
発行期間最短3営業日
付帯保険海外旅行 最高1億円
国内旅行 最高5,000万円
ショッピング保険 最高300万円
申込み資格個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)

JALマイルを貯めていて年間200万円以上利用するなら絶対におすすめの1枚です。

セゾンプラチナビジネスアメックスという名前ですが、個人でも申込みができるカードです。

 

ちなみに、これらのクレジットカードは全てポイントサイト経由での申込みが可能です。

ポイントサイト経由で申込みをすることで、ポイントサイトのポイント+公式サイトの入会特典がもらえます。

もらえるポイントはタイミングによって変わりますが、数千円~1万円相当以上のポイントがもらえることもあります。

直接公式サイトから申込むよりも断然お得です。

セゾンプラチナビジネスアメックスに関しては、タイミングによってポイントサイト経由がお得な場合と、紹介での入会がお得な場合があるので、詳しくは下記の記事を参考に一番お得な申込み方法で申込みをしましょう。

>>> 【最新】セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスはポイントサイト経由の申し込みが激アツ

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-支払い

© 2021 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める