ポイントサイト

ちょびリッチ新規登録キャンペーン@ANAマイルの貯め方とポイントの稼ぎ方

ちょびリッチ。

ちょびリッチは、株式会社ちょびリッチが運営するポイントサイトです。

ANAマイルを貯める陸マイラーは、要チェックのポイントサイトがちょびリッチなのです。

ビットフライヤーと提携して、ちょびリッチポイントからビットコインへ交換できるようにするなど、新しいことに積極的に取り組んでいます。

ちょびリッチは、ちょびリッチで紹介している各種サービスを利用するとポイントがゲットできるサービスです。

貯めたポイントは現金・電子マネー・ギフト券・その他ポイントサービスに交換できます。

ちょびリッチのおすすめポイント交換先

ANAマイルと交換することもできますが、そのままではレートが低いので、高いレートで交換する方法を後ほど紹介します。

ちょびリッチを利用すれば、飛行機に乗って貯めるよりも効率よく、確実に、そして好きな時間にマイルを稼ぐことができます。

 

新規登録キャンペーン

ちょびリッチの登録は、当サイトから登録!激得な招待ポイントがもらえるキャンペーン中です。

当サイトから無料会員登録して、登録月の月末までに1ポイント以上獲得すれば500ポイントがもらえます。

ちょびリッチ キャンペーン

直接公式サイトから登録すると招待ポイントはもらえませんのでご注意ください。

500ポイント貰える条件の「1ポイント以上獲得」というのはめちゃくちゃ簡単です。

ゲームやアンケートなど簡単にポイントを貯める方法はいろいろありますが、一番ラクなのはちょびリッチのトップページにあるバナーのクリック。クリックするだけで1ポイント

内容は日替わりです。このバナーをクリックすると1ポイント貯まるので、クリックすればもう条件クリアです。

これだけで簡単に500ポイント貰えます。
無料登録でポイントをゲットしてください。

>>> ちょびリッチの無料登録はこちらから

 

ちょびリッチのポイントの貯め方

ちょびリッチで効率よくポイントを貯める方法を徹底解説いたします。

まずはちょびリッチのポイントについて見てみましょう。

ポイント交換レート2ポイント=1円
最低交換ポイント1,000ポイント
交換ポイント限度額上限なし
交換手数料無料(ゆうちょ、その他金融機関は手数料が必要)
ポイント有効期限無期限(最後にポイントを取得から1年以上ポイント獲得がない場合は失効)

 

ポイントを大量に獲得する3つの方法

クレジットカード発行で貯める

一撃で高額ポイントが獲得できる代表的なジャンルがクレジットカードです。

クレジットカードの発行は同じ案件を繰り返し行うことはできませんが、獲得ポイントが高いものだと20,000ポイントを超える案件もあります。

クレジットカードは券種が豊富で、新しい案件も定期的に登場するので、毎月発行すればコツコツポイントを稼げます。

 

発行の仕方は、「登録・申込みで貯める」のページの「クレジットカード」のカテゴリから、もしくは検索枠から検索して目当てのクレジットカードを見つけます。

例えば楽天カードの場合。カード発行で現在は1,000ポイントを獲得できます。2ポイント=1円相当なので、500円分ゲットできます。

申込方法は下の画面を表示させて、「サイトへ行く」をクリックして飛んだ先のページで申し込むだけです。

楽天カードの発行

楽天カードは年会費無料で還元率も高いのでオススメのカードです。

ちょびリッチで獲得できるポイントとは別に、楽天カードの新規発行キャンペーンのポイントも獲得できますので、ちょびリッチを経由するだけで2重でポイントが獲得できるということになります。

クレジットカードを発行するならちょびリッチを経由しないと損です。

クレジットカードで貯める方法は、特に専門的な知識や経験も不要で、ネットからいつでも好きな時にわずかな時間でできるので、時間効率も良いです。

 

ただし、クレジットカードの発行に関しては審査があるので、申込み時はキャッシング希望額を0円にするなど、なるべく審査に通るように気をつけることが大切です。

審査に通過すれば、別のクレジットカード案件をこなすものありですが、審査に落ちた場合は少しの期間を空けてから別のクレジットカード案件に挑戦した方が良いです。

 

FX口座開設で貯める

期間&数量限定で超ポイントアップしている案件がポツポツとあります。

中には40,000ポイントを超えるようなお宝案件も。

高いポイントを獲得できるFX案件ですが、申込む際には必ずポイント獲得条件を確認しましょう。
口座開設完了だけでポイントが獲得できる案件もあれば、一定の金額以上の取引も条件に含まれていることもあります。

条件をクリアしたからといってすぐに全額出金したりすると「ポイント目当て」と判断されて却下される場合もあります。

 

不動産関係で貯める

不動産投資セミナーや不動産投資の個別面談はかなりポイントが高いです。

「面談は苦手」という人は、資料請求だけでもそれなりにポイントがもらえる案件もあります。

面談の場合は、申込者の条件がかなり細かく決められています。
以下は申込者の条件の一例です。

不動産関係の条件

自分が条件に当てはまるかどうかを事前に確認してから申込みましょう。

 

その他のポイントを貯めるおすすめ案件

全額還元で貯める

全額還元は、商品やサービスの金額以上のポイントがもらえる案件です。

ちょびリッチのサイト内の検索窓に「全額還元」と入力して検索すると見つかります。

全額還元

たまたま自分が欲しい商品があった場合は、実質無料で商品を手に入れることができてさらにポイントももらえるお得な案件です。

 

ショッピングで貯める

いつものネットショッピングを利用する際は、ちょびリッチ経由にするだけでポイントが貯まります。ちょびリッチで直接買い物をするわけではありません。

掲載ショップは2,000以上あり、楽天・ヤフー・じゃらん・ベルメゾン・nissenなど有名なサイトも多数。

ショップの例

もちろん、ショップのポイントも付くのでポイントの2重取りが可能となり、クレジットカードで決済すればカード会社のポイントも貯まってポイントの3重取りができます。

普段利用する通販サイトを利用する前にちょびリッチを経由するだけで

・通販サイトのポイント
・クレジットカードのポイント
・ちょびリッチのポイント

が貯まるわけです。

ポイントサイトの存在を知らない人は、かなり損をすることになりますね。

 

ちょびリッチの日

ちょびリッチには毎月5のつく日(5日、15日、25日)は対象ショップでの買い物ポイントが2倍になる『ちょびリッチの日』があります。

ちょびリッチの日

対象ショップは、

  • Yahoo!ショッピング
  • LOHACO
  • Qoo10
  • ファンケルオンライン
  • DHC
  • ビックカメラ.com
  • Wowma!
  • ニッセン
  • セシール
  • オルビス

です。

対象ショップは予告なく変更される場合がありますので、事前に確認することをおすすめします。

普段の倍のポイントがもらえるので、5のつく日(5日、15日、25日)に上記のショップで買い物をするなら、ちょびリッチ経由が断然お得です。

 

ちょびリッチポイントをマイルに交換

ちょびリッチからANAマイルへの一番得する交換ルート

ちょびリッチからANAマイルに交換する際に、色々な交換ルートがあります。

ちょびリッチからANAマイルに直接交換することもできますが、800ポイント→200マイルで交換率は50%にしかなりません。

 

ちょびリッチで貯めたポイントを最も効率良くANAマイルに交換するルートは下記です。

ちょびリッチ→ドットマネー→TOKYUポイント→ANAマイル

「ちょびリッチポイント」→「ドットマネー」→「TOKYUポイント」→「ANAマイル」のルートです。

このルートを使うことで交換率は75%になります。

 

各交換ポイントの準備

このルートを初めて使う場合は、予め下記の準備が必要になります。

ちょびリッチの登録とは別に、以下の3点を取得しましょう。

  1. ドットマネーの登録
  2. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  3. ANAマイレージクラブの登録

 

ドットマネーの登録

ドットマネーを利用するにはAmebaのアカウントが必要なので登録しましょう。

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

このルートで必須なのが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードです。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードはポイントサイト経由で申し込めますので、報酬の高いポイントサイトから申し込みましょう。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードをポイントサイト経由で作ってみた

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードをポイントサイト経由で作るならどこが一番お得なの?」 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの ...

続きを見る

 

ANAマイレージクラブの登録

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの記事でも説明していますが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを発行するなら公式サイトよりも「マイ友プログラム」からポイントサイト経由が一番お得です。

>>> マイ友プログラムの無料登録はこちらから

上記の「登録用ページ」で、下記の情報を入力して下さい。

紹介者氏名:ナカガワ シンスケ
紹介者番号:00015881

登録完了後はそのままANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを申し込むこともできますが、申し込まずに一旦ページを閉じ、ポイントサイトを経由してから申し込みましょう。

 

なぜANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必要なのか?

TOKYUポイントはANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード以外のカードからもANAマイルに交換できますが、交換レートは0.5倍です。

しかしANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードなら特典として、0.75倍のレートで交換できるのです。

TOKYU POINT→ANAマイルに交換

 

例えば1,000ポイントを交換する場合、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード以外のカードは500マイル(還元率0.5%)ですが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードなら750マイル(還元率0.75%)になります。

還元率はANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの方が有利です。

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは初年度年会費無料で、2年目以降は2,000円(税別)がかかります。

「クレジットカードの年会費にお金をかけたくない」という方もいらっしゃると思いますが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは入会ボーナスとして1,000マイル毎年カード継続時にも1,000マイルが付与されます。

1マイルの価値を2円として換算すると2,000円分になりますので、年会費は実質無料と言えるのです。

 

ANAマイルに交換できるまでにかかる日数

それぞれのポイントを交換申請してから交換完了するまでに下記の日数がかかります。

ちょびリッチ→ドットマネー:即時

ドットマネー→TOKYUポイント:15日~約1ヶ月

TOKYUポイント→ANAマイル:約1週間

 

ちょびリッチポイントがANAマイルに交換できるまで合計で3週間~1ヶ月程度かかることになります。

ポイントの交換申請は余裕をもって行いましょう。

このルートは3回交換作業をしないといけない上に日数もかかるので、少し面倒かもしれませんが、0.75倍という高いレートで交換できるので、貯めたポイントを無駄なく使いたいならおすすめの交換方法です。

 

ちょびリッチのメリットとデメリット

ちょびリッチのメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  • クレジットカード案件は他のポイントサイトに比べるとポイントが高め
  • ちょびリッチ会員ランクが上がれば獲得ポイントが増量される
  • ちょびリッチモニターでのボーナスポイントで一番お得にモニターができる

デメリット

  • お買い物案件は弱い
  • 最低換金が500円からで他社よりもハードルが高め

 

まとめ

マイルは日々のクレジットカード決済などでコツコツ貯めることもできますが、ポイントサイトを利用すれば比にならないほど大量のマイルをゲットできます

陸マイラーならポイントサイトの利用は欠かせません。

ちょびリッチのポイントからANAマイルに高いレートで交換するのは少し手間がかかりますが、一度交換して慣れてしまえば簡単です。

飛行機に乗らずにマイルを貯めたい方は、ぜひちょびリッチを活用してみてください。

>>> ちょびリッチの無料登録はこちらから

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-ポイントサイト

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める