未分類

ドバイの空港でSIMカードを手に入れる方法【無料と有料】

空港

ドバイに到着したらまずはネットに接続したい!

家族や友達に無事に到着したことを知らせたり、早速SNSで投稿したいという人は、ネット環境が必要ですね。

携帯電話会社の海外パケホーダイやレンタルWi-Fiは高いのでおすすめではありません。

やはりSIMカードが圧倒的に安いです。

ドバイ空港に到着してからSIMカードを手に入れる方法を解説します。

 

無料のプリペイドSIMカードをもらう

ドバイ空港の出入国管理カウンターで無料のプリペイドSIMカードを配布しています。

事前予約などは不要で、出入国管理カウンターで入国審査が完了すれば入国審査官に要求すると受け取れます。

ただし、18歳以上の短期滞在の観光客向けという条件はあります。

プリペイドSIMカードは、3分の通話と20MBのデータ通信がついているもので、有効期限は3日間です。

さらに、いつでもオンラインで下記の価格でリチャージができます。

リチャージ

 

「無料のプリペイドSIMはどうやってアクティベート(利用できるように)するの?」

SIMを受け取ったら下記の流れに従ってアクティベートしましょう。

  • SIMをスマホに挿入します
  • その電話機で*122# にダイアル(手元にパスポートを用意しておく)
  • パスポート番号、国名、到着日を入力します
  • あなたが適格者(18歳以上の短期滞在の観光客)で入力した情報が正しければ、SMSでアクティベーションリクエストが処理中であるという通知と割り当てられた番号がアクティブになると通知が届きます。
  • SMSで確認の通知を受け取れば、135にダイアルして言語を選択すればOKです

 

空港でプリペイドSIMカードを購入する

日本からエミレーツ航空でドバイに来ると、ドバイ国際空港のターミナル3に到着します。

入国審査を済ませて荷物を受け取り、到着ゲートの外に出て左側に行くと

  • Virgin(ヴァージン)
  • etisalat(エティサラット)
  • du(ドゥ)

があります。

Virginは仮設っぽいですが、etisalatとduはショップという感じがしました。

etisalatとduは行列ができていました。

Virgin

etisalat

du

 

やはり飛行機到着直後は混み合うようです。

プリペイドSIMカード空港で買うメリットは、到着してすぐにネットに接続できるということです。

デメリットは、空港料金になっているので、街中で購入するよりも20AED(約600円)余分に費用がかかります。

街中でプリペイドSIMカードの店舗を探して買いに行く時間と費用を考えると、少し割高ですが空港で買うといのもアリでしょう。

旅行者が買えるプリペイドSIMカードは以下の2種類です。

  • 通常のプリペイドプラン
  • 旅行者用のビジタープラン

プリペイドプランはUAE居住者も使うプランと同じで、有効期限も長いです。

ビジタープランはその名の通り旅行者用のプランなので、価格は安いのですが有効期限は短いです。

 

ドバイモールでプリペイドSIMカードを買う

ドバイモール内にも、etisalatとduのプリペイドSIMカードを扱っている店舗があります。

メトロでドバイモールに来た場合は、モールに入ると正面に紀伊國屋書店が見えます。

紀伊國屋書店

モールに入って右側に進んで行くとetisalatの店があります。

GO SPORTとadidasの間です。

etisalat

etisalat

料金は下記の通りです。

料金

 

続いてduです。

etisalatのようにduの看板が出ていないので少しわかりにくいですが、etisalatよりも実は手前にあります。

メトロとの連絡通路側から来るとVANSの横です。

du

axiom telecomという店の奥にduのデスクがあります。

du

du

料金は下記の通りです。

料金

 

最初に購入した容量を使い切って追加でチャージするには以下の3通りの方法があります。

1 duアプリをダウンロードしてクレジットカードでチャージする

duアプリ

初めての場合は、電話番号を入力してアカウントを作成しましょう

支払い方法はクレジットカードになりますので、クレジットカードの情報を登録する必要があります。

2 プリペイドカードを購入する

プリペイドカード

スーパーやコンビニで売っているプリペイドカードを購入してチャージができます。

購入するとレシートにPINコードとどこにダイヤルするかが書いてあります。

2 店舗の端末からチャージする

ドバイモールの店舗にはありませんがお店によってはファミマのファミポートのような機械が置いてあるので、その端末からチャージできます。

お釣りが出ないタイプなので金額が小さいお札を持って行く必要があります。

ちなみにこの端末は、ドバイマリーナモールにあったものです。

端末

①から③の中で一番手軽なのは、やはりです。

出かける必要もありませんし、お店の営業時間を気にする必要もありませんので。

 

プリペイドSIMカードは日本で購入がおすすめ

プリペイドSIMカードを使い慣れている人にとっては、ドバイ空港に着いてから買うというのもいいですが、予め日本でプリペイドSIMカードを購入しておくのが良いでしょう。

・英語ができない
・待ち時間がもったいない

という人には断然おすすめです。

ドバイで使えるプリペイドSIMカードは、それほど種類が多くありませんが、私はFLEXIROAM Xを事前に日本で購入しました。

FLEXIROAM X

FLEXIROAM X

5MB&送料無料で780円でした。

FLEXIROAM X

注文して翌日には届きました。

簡単な設定は日本で済ませて、SIMカードの入れ替えなどは機内で行いました。

FLEXIROAM X

そうすることでドバイに到着して機内アナウンスで携帯電話の電源をオンにしてもよいと言われると、すぐにネットに接続ができるのです。

もし容量が不足した場合は、FLEXIROAM Xのアプリからデータプランの購入が可能です。

滞在日数にもよりますが、5MBは少なすぎるのでもう少し多めの容量のものがおすすめです。

 

ちなみに、500MBという容量の資料例が下記です。

500MB

1GBはこれの2倍です。

ご自身の使用イメージで適切な容量を選んでください。

 

 

ドバイに行くなら絶対に読んでおきたい記事7選

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-未分類

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める