マイルを超貯める ポイントサイト

ハピタスからANAマイルに交換する@最新の黄金ルートはこれ

ハピタスからANAマイル

この記事では、

  • ハピタスからANAマイルに交換するのに一番お得なルートを知りたい
  • ハピタスで効率良くポイントを貯めてANAマイルに交換したい

という人のためのお役立ち情報を提供しています。

これを知っているのと、知らないのとでは天と地ほど差が出ます。

ハピタスを良く利用している陸マイラーは、この記事を読めばANAマイルがザクザク貯まるようになります。

ハピタスからANAマイルに交換するルート

ハピタスで貯めたポイントをANAマイルに交換するには、複数のルートがあります。

ルートによって交換率が変わりますので、交換率の悪いルートで交換すると大損します。

下記で代表的な2つのルートについて解説します。

 

ハピタスからTポイントを経由してANAマイルに交換した場合

ハピタス ⇒ Tポイント ⇒ ANAマイル

ハピタス ⇒ ドットマネー ⇒ Tポイント ⇒ ANAマイル

上記のルートの場合、交換率が50%です。

10,000ポイント ⇒ 5,000ANAマイル

 

TOKYUルートで交換した場合

ハピタス ⇒ .money ⇒ TOKYU POINT ⇒ ANAマイル

ハピタス ⇒ ドットマネー ⇒ TOKYU POINT ⇒ ANAマイル

ドットマネーとTOKYU POINTを経由すると最終的に75%の交換率になります。

10,000ポイント ⇒ 7,500ANAマイル

交換期間は、

ハピタス → ドットマネー 【3営業日以内】

ドットマネー → TOKYU POINT 【2~3週間】

TOKYU POINT → ANAマイル 【約1週間】

です。

ハピタスポイントからANAマイルに交換できるまで合計で約1ヶ月かかりますので、余裕をもって交換しましょう。

TOKYU POINTを経由するためには、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必要です。

ポイントサイトから申込む前に、ANAのマイ友プログラムに登録すると500マイルもらえます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード発行後の事後申請はマイルがもらえないので必ず先にマイ友プログラムに登録しましょう。

詳しくは、下記の記事で解説しています。

ANA東急カード
ANA東急カードの申込みは、どのポイントサイト経由が一番お得か?

ANA東急カード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO)は、どのポイントサイト経由で申し込もうか検討中でしょうか? ANA東急カードの案件を扱っているポイントサイトで、報酬が高いポイ ...

続きを見る

ちなみに、現在はメトロポイントからANAマイルへの交換ができなくなったので、かつて陸マイラー御用達だった『ソラチカルート』や『LINEルート』は使えません。

ソラチカルートは交換率90%、LINEルートは交換率81%というとても良い条件だったので、残念です。

 

ハピタスで効率良くANAマイルを貯める方法

いくら交換率の良いルートを知っていても、そもそもANAマイルに交換するハピタスのポイントが貯まってなければ意味がありません。

そこで、ハピタスで効率良くポイントを稼ぐ方法について解説します。

短期間で大量のポイントを貯めるなら

  • クレジットカード
  • FX
  • 不動産投資セミナー

などがおすすめです。

 

クレジットカード

クレジットカード

ポイントが多くもらえるクレジットカードはポイントサイトの定番案件です。

年会費無料のクレジットカードでも数千ポイント貯まるものもあります。

なるべくポイントが多い時期を狙って申込むとさらにお得です。

クレジットカードに関しては審査があり、カード発行、あるいはカード発行後に一定金額以上の利用がポイント付与条件となっていることもあるので、事前に内容を確認しておきましょう。

短期間で多くのクレジットカードを申込むと、審査に通らなくなるので、ペース的には2,3ヶ月に1枚程度が良いです。

プラチナカード > ゴールドカード > 年会費無料の一般カード

の順にポイントが高くなる傾向がありますが、年会費無料のクレジットカードばかりを申し込んでも軽く10,000ポイント以上は獲得可能です。

ハピタスは、クレジットカードのジャンルでは報酬額が高くはありませんので、ハピタスをメインにしていない人は、他のポイントサイトと比較して報酬額が高い所から申込みましょう。

 

FX

FX

FXの口座開設は無料で高い報酬がもらえる人気の案件です。

これからFXを始めようと思う人、すでに始めている人にとっては超おすすめの案件です。

ポイント付与条件は、新規口座開設+取引がほとんどです。

ポイント目的で口座開設をする人が多いのは事実ですが、取引も必要なのでリスクがあることは理解した上で取り組みましょう。

クレジットカードと同様にFXもハピタスはあまり報酬額が高くありません。

 

不動産投資セミナー

不動産投資セミナー

無料の不動産投資投資セミナーに参加するだけで高額なポイントがもらえるので人気があります。

将来の資産運用の1つとして不動産投資を考えている人にとっては、勉強と情報収集を兼ねることができる一石二鳥の案件です。

一見、怪しいように思いますが中には上場企業が開催している信頼性の高いものもあります。

対象年齢、職業、年収、住んでいる地域が限定されている場合が多いので、事前に案件の詳細はしっかりと確認しておきましょう。

 

飲食モニター

飲食モニター

飲食モニターは、長期的に利用できる&ポイント還元率が高いことからおすすめです。

他の案件と違ってポイントサイトによってポイント還元率が違うということもありません。

ポイントサイトの会員ランクによるランクボーナスを考慮しなければ、どこのポイントサイトで利用しても同じということです。

会員ランクが高いポイントサイトで飲食モニター案件もランクボーナスの対象になっているポイントサイトがあれば、そこで利用するのが一番お得です。

ハピタスで飲食モニター案件を利用する場合の流れは下記です。

飲食モニターの流れ

外食する機会が多い人にとっては、フル活用したいジャンルが飲食モニターです。

 

月間交換上限に注意

ハピタスには月間に交換できるポイント数が、上限30,000ポイントと決まっています。

最低300ポイントから交換できます。

ポレット(Pollet)では他交換先への限度額とは別に、月300,000ポイントまで利用できます。

Pollet

ポレット(Pollet)は、ハピタスポイントをはじめ、様々なポイント、ビットコインをチャージして、Visa加盟店で自由に使えるプリペイドカードです。

誰でも登録できて、交換するたびに0.5%増えます

ポレットには、Polletバーチャルというアプリと、Pollet Millionというカードがあります。

Polletバーチャル Pollet Million

Pollet Millionは、発行手数料500円です。

ANAマイルに交換する場合は、上限があるということだけ理解しておきましょう。

 

ANAマイルへの交換レートが良いポイントサイト

ポイントサイトで貯めたポイントは、なるべく高いレートでANAマイルに交換するのが陸マイラーの使命とも言えるでしょう。

ANAマイルを貯めるのであれば、どのポイントサイトで貯めた方が効率が良いのかを比較してみました。

ポイントサイト名交換率
ハピタス75%
モッピー86.3%
ポイントタウン75%

どれも交換ルートは、TOKYU POINTを経由する「TOKYUルート」です。

【悲報!ソラチカルート閉鎖】TOKYUルートはANAマイルに75%で交換できる

ソラチカルート閉鎖で注目をされているTOKYUルートについて解説します。 TOKYUルートを利用して高い交換レートでANAマイルに交換するために必要なものとは? ANAマイラーに必須のTOKYUルート ...

続きを見る

 

しかし、モッピーは、特定の条件を達成すれば、エクスプレスボーナスとしてドットマネーからTOKYU POINTへの交換が15%増量されます。

エクスプレスボーナス

 

ということで、ポイントサイトで貯めたポイントを一番お得にANAマイルに交換したいならモッピーで貯めるべきです。

>>> モッピーの無料登録はこちら

 

まとめ

ハピタスからANAマイルに交換するなら、交換率75%のTOKYUルートがベストです。

TOKYUルートの利用に必要となるANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、ポイントサイト経由で申込みましょう。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
 
ハピタスで高額報酬案件をサクサクこなせば、ポイントもザクザク貯まるので結果的にANAマイルも貯まります。

マイルを貯めるならポイントサイトの活用は必須です。

リピートできる飲食モニター案件は、特におすすめです。

>>> ハピタスの無料登録はこちら

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

-マイルを超貯める, ポイントサイト

© 2020 金持ちマイラー貧乏マイラー:ほったらかしでマイルを貯める